ほとんどの夜の記憶はない。人間誰もがそうだろう。なぜなら僕たちは忘れていく生き物で、それは忘れないと生きていけないように出来ているかららしい。

だけどそれでも覚えている言葉がある。それらは途切れ途切れになった記憶の中、タトゥーみたいに海馬に彫り込まれている。


「苦しみの連続でできている毎日には価値があるんじゃない?」

「離れても無かったことにはならへんのちゃう?」

「独りで生きていきたいって思うけど、独りじゃ耐えきれへんやん」

「適合して泣くぐらいなら不適合なまま笑ってたいやん」


気が付いたら座右の銘になっている言葉ばかりだ。


「繋がりが消えても言葉は残る」


これはこの救いの無い世の中で、数少ない救いのひとつだ。

そんな彫られた言葉たちは、イマも僕の中で灼けたまま生きている。



あの夜、僕たちはマンション15階にいた。住んでもいないから不法進入に抵触するのだろうか。

何をしていたわけでもない。廊下の手すりに寄りかかって、燃える夕焼けを眺めていただけだ。隣りでプルタブの開く音がする。僕も発泡酒を開けた。


オートロックもないこの場所はたまり場として最高だった。
僕たちは毎日のようにここ、「ショットバー15階の手すり」に通い詰めた。街の人々を見下ろしていると、社会という大枠の外に出られたような気がした。


欠点をあげる筋合いもないが、「15階の手すり」唯一の悩みは騒音だった。

河川のザァザァという音、梅田に向かうバイクの走行音、駅のアナウンス、十三大橋を叩く阪急の金属音、飲み屋の怒声。それら騒音がひっきりなしに聞こえてくる。

会話できないほどではない。だが静寂とは程遠かった。

天空で混ざりあう騒音は社会にとって何の役にも立たない無用で迷惑な存在に見えた。だが確実にそこに在るものだった。

<自分が作ってるものも、この街の騒音みたいなもんだな>と思った。

「役に立たないのに在るもの」は僕自身を表す慣用句そのものだった。同族嫌悪なのか、いつもこの騒音が耳障りだった。


あの頃、僕はすべてを貧乏のせいにして、毎日ロクなことをしていなかった。ヤケにもなっていた。思いどおりにいかない日々はつらかった。

起きたらまずAsahiの発泡酒と睡眠剤を半分に割って飲んでいた。そのせいで断片的な記憶しかない。ただ、いつも泣いていたように思う。
IMG_1603.JPG
騒音に耳を傾けていると、だんだん頭の中で音が鳴っているような気がした。社会のゴミである自分と、騒音とが一体になっていく錯覚に陥る。被害妄想が加速しそうで気分が悪かった。


彼女が隣りで口を開いた。

「声聞こえづらいけど、この音のせいで無言になっても気まずくないね」

「え?こんなん、うるさいだけじゃないですか?」

「そう思うひともいるかもなぁ。でも私、こういうのけっこう好きやねん。なんかあったかくない?」

「あったかい、ですか」

「シーンとしてるのより、あったかいやん?」

「わかる気もします、たぶん」

口を聞いているあいだに、頭の中から音はしなくなっていた。


マンションのドアには18禁のマークがたくさん貼られていた。不法入国者の外国人が占拠していたり、違法風俗が経営されていたりと、ムチャクチャな治外法権だったらしい。

しかし、そのわりに居心地がよかった。その居心地のせいで、僕たちはいつも手すりに寄りかかった。何時間も喋り続けた。酒が切れたらコンビニで買えばいいので安上がりだった。


彼女は僕よりも年が5つ上だったせいだろうか。生き方すべてが哲学的に見えた。でもその5という数字以上に、彼女は僕の上位にいた。

マウントをとることもなく、威張ることもないひとだった。でもどことなく凛とした迫力があった。

「かなわないな」と思う回数が一定数を越えると人間は人間に惚れてしまうらしい。僕はその定理に完全に溺れていた。


彼女は結婚していたし、僕は学生だったから、そもそもお互いにとってプラスになるわけがなかった。でも僕たちはそこに価値を感じていた。

「絶対お互いのためにならないのに一緒にいるのって、最強に損得抜きやと思うねん」

彼女は酔っ払うとこの理屈を楽しそうに、少し寂しそうに話した。

「お互いのためにならないっていうけど、俺はいつもいろいろ話聞けて面白いですけどね」

「ありがとな」

「じゃあもうしばらくは、とりあえず寒くなるぐらいまでは、ここに来ていたいですね」

僕はよくしがみつくように、ダサいことを言っていた。
その度、彼女は笑っていた。なんの返事もなく、ただ笑っていた。泣かないひとだった。

あの頃の僕には「お互いの」の後に隠れている言葉が聞こえなかった。
それが「将来」なのか「未来」なのか「この先」なのかは分からないけれど、とにかく僕の人生には「目の前」しかなかった。

yun_106.jpg
僕には何の得にもならない特技がある。 

「なんとなく、人間が目の前から消えてしまうことが分かる」という特技だ。本当に誰も救わないくせに、それでいて的中率は10割に限りなく近い。

頭の中でビッ!と高くて短い音がする。
その音色はなんとも形容しがたくて文章にはできないのだが、一緒にいるときにその音が鳴ると、程なくしてその人とは会えなくなる。



ある日、僕たちは淀川の河川敷を歩いた。
ダラダラ歩いていた。どんどん知らない街を過ぎていく。いつまでも歩き続けられる気がした。地球が地続きなら、ブラジルまで行ける気がした。

アルコールと睡眠剤のせいで脳みそは夢うつつだった。そこに時折り彼女の声が滑り込んでくる。

「私マーク・ザッカーバーグキライやねん」

「会ったことあるんすか?」

「大阪弁喋ってたわ」

「夢じゃないですか」

彼女は笑いながら、ロング缶に口をつけた。
それを僕は草食動物みたいに目の端っこでのぞき見た。

彼女は缶をプラプラさせながら続けた。

「もういなくなったり、会えなくなったひとのニュースなんていらんやん」

「なんか本能とか群れの属性みたいなもんの本質には抗ってる気はしますね」

そこまで言って、僕も缶に口をつけた。

「でも俺はまだよく分かんないす。高校の同級生も二年前とかの話やし」

「まぁ、そっか」

彼女は片方の眉毛だけを動かすみたいに笑った。

「でも、会いたくないひとがいるってのは分かります」

「会いたくないひとに限って、忘れられへんしな」

「忘れたいんすか?」

「忘れたいのにザッカーバーグがチクチク言うてくんねん」

「ザッカーバーグが言うてるわけちゃうでしょ」

シリコンバレーの天才も、まさか大阪の片隅で見当違いの因縁を付けられているとは思いもしないだろう。

僕は少しあきれて発泡酒を飲み干した。
〈なんで、このひと意味わからんとこでガキなんやろ〉と思っていた。


「でもな、生きててくれてよかったとも思うねん」


変に真面目な声につられて横を見た。唇の開け閉めが残像みたいだった。光のせいだろうか。
その横顔に夕焼けが当たって、毛先が輝いていた。サラサラと、本当に音が聞こえてきそうな前髪だった。

そのとき、ビッ!と耳の奥で音がした。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0031.JPG
情景と音とゆるくなった脳みそが連動して、なんだか泣けてきた。悲しいわけでもない。なのに目に涙がにじんだ。「この光景は二度と見れない」と本能的に悟った。
このキツくてダサイ時期しか見えないものをイマ見ている。それを肌で感じていた。

「また泣いてんの?」

「飲みすぎて気持ち悪いんですよ。歩きすぎてつかれたし」

疲れてなどいなかった。すべてがもう二度とないような気がして、今日がいつか懐かしくなってしまうことがキツくて、上を向けなかった。


「しゃあないなぁ」

彼女は笑って、僕の頭に手を置いた。その直後にクルっと真後ろを向いた。

「そろそろかえろっかぁ」


つられて後ろを向くと、小さく、本当に小さく梅田のスカイビルが見えた。十三大橋などは蜃気楼のように霞んでいた。目を凝らさないと見えないぐらいの小ささだった。

「人間、歩いた分だけなら遠くまで来れるねんなぁ」

彼女はそう言って、笑って遠くを見ていた。スカイビルよりも、十三大橋よりも遠くを見ているような目だった。僕の目にはすべてが滲んで映って、もうそれらは失くなったみたい見えていた。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0085.JPG

僕たちは過ごした時間の分だけ遠くに行けるわけではないらしい。でも足を踏み出せば、イマいる場所よりは遠くに行ける。

僕は少しずつだけど、ひとつひとつ歩むことにした。そうすれば、ひどい現状もいつか変わるように思えた。

悲しいことはスカイビルみたいに、十三大橋みたいに霞んでひとつひとつ消えていくと思った。それまでやってこなかったその場しのぎではない頑張りは、小さく、でもガッチリと毎日を変えた。

あのマンションから聞こえた騒音みたいな音楽を、世の中にひとつひとつブッ刺してきた。

彼女はたしかにあの騒音が好きだと言っていた。

だから自分の中にある河原の音、梅田に向かうバイクの音、駅のアナウンス、阪急の金属音、飲み屋の怒声を鳴らし続けた。

「誰のためにもならないあの音を好きだと言っていたひとがいる」という事実は、「この歌もきっと誰かに響くはず」と信じるには充分すぎた。

泣く日は減った。自分や環境が変わるのも分かった。

彼女はたしかにいなくなってしまった。
いなくなってしまったけど、僕はブラジルにたどり着くまで、今日もひとつひとつ歩き続けている。 



「将来どうなりたい?」なんて話をすることが後何度あるだろうか。

あの頃は毎日していた。「将来」に逃げないと「イマ」に押しつぶされてしまいそうだった。


明日の予定がないやつらが集まる店があった。僕は毎日そこにいた。もちろん明後日の予定も無い。

そこにいた連中は、明日の予定は無いけど、「あしたのジョー」に出てきた意味合いの"あした"なら自分たちにもあると信じていた。


気がつくと店内はその日も「将来どうなりたい?」で埋まっていた。

日付けをまたぐと、店は次第に静かになっていく。

一人、また一人と店から客が去っていく。


"あした"のある人々は店を出て"あした"の無い人々は店に残り続けた。

そして午前4時頃にもなると、店は"あした"なんて到底見えない人間たちの掃き溜めみたいになった。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1409.JPG
元殺人犯、学校に行っていない15歳、アル中の40歳が肩を寄せ合っていた。

そのなかに僕もいた。

バラバラの席に座っていた僕たちが同じテーブルを囲むまでに、そう時間はかからなかった。

「類は友を呼ぶ」と言うが、同じレベルの人間は身を寄せ合うらしい。居心地がいいからだろうか。


あの頃、世の中では「意識高い系」という言葉が流行りだしていた。
mixiやAmebaという小さな世界のなかで、自分を装飾する行為が始まりだした。

僕たちは「意識低い系」どころか、「意識無い系」だった。完全に気を失っていた。目をそらさないと、意識をぼかさないとやりきれなかった。

気絶しながらも「日々の積み重ねも何も無い。だけど先には何か面白いことがあるんじゃないか?」とだけ思っていた。


その年の流行語大賞が数ヶ月後に発表された。

「格差社会」だった。

僕たちは間違いなく社会の底にいた。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0398.JPG
「将来、俺は淀川の添いのマンションに住む!」

元殺人犯はいつもそう言っていた。

淀川添いのマンションは億ションだった。なんでも株やFXのトレーダーがいっぱい住んでいるらしかった。
そこへの転居を望む殺人犯の年収は70万ほどだった。


「私は絶対愛される!」

高校を1ヶ月で中退した彼女は日本酒を5合も6合も開けて、毎日くだを巻いていた。

彼女の話題は「愛されたい」と養父の悪口だけだった。

アル中の40歳はもう何を言っているのか分からなかった。「幸せになりたい」とだけ言い続けていた。


僕はずっと「まともになりたくない」と言っていた。

毎日、日本酒を限界まで飲んでいた。そうすれば「まとも」から遠ざかると思っていた。

なぜ僕は「まともになりたくない」とばかり言っていたのだろうか。あの「まとも」が何を指していたのかは思い出せない。

思い出せないけど、たぶん僕はもっと自由になりたかったのだと思う。


なんとなく気付いていた。

何も考えずに生きていけば、そのまま流されてそのまま働いて、そのまま死んでいくことを。

それが一番ロクでもない死に様だと信じ込んでいた。


まともなひとから見ると、「将来どうなりたい?」と連打していた僕たちはイカレていた。
むしろ世の中から「お前ら将来どうするつもり?」と聞かれてしまうような存在だった。


でも、あの「将来どうするつもり?」が固まった時間は宝だった気がするのだ。

あの鬱屈していた時間が僕を作って、僕が作ったものは今ステージで発火している。

何の生産性も無い日々が、後々人生のなかでわりとかけがえの無いものになったりする。

どうしようもない連中と、どうしようもない時間を過ごすことが、二度と手に入らないものだったりする。

2014年3月。あの店は火事で完全に焼け落ちてしまった。

彼らの将来はどうなったのだろうか。


クラウドファンディングがあと2時間で終わる。

QOOLAND「あなたの街を面白く」ツアーファイナルLIVE映像制作プロジェクト!!

すでに達成率200%を超えている。有り難い。有り難いを通り越してもはや凄まじい。

おかげでツアーファイナルの映像を撮れた。完成がどうなるやら。楽しみ極まりない。

a6554225.png


それにしてもこのクラウドファンディングという新しい仕組みに僕たちは幾度も救われた。
考えたひと、発展させてきたひと、紡いできたひとがいる。muevoという会社もそのひとつだ。

不可能や手の届かない夢を可能にする次世代の発明を届けてくれたひとたちに頭が上がらない。
そもそもクラウドファンディングはイギリスで生まれたものなのだが、もうイギリスに足を向けて眠れないなぁと思う。


この仕組みを知らなければ、僕等は立ち止まらないといけない瞬間がいくつあっただろうか。

そしてその場所で立ち止まっていたら、無くさないといけないものがいくつあっただろう。

走り続けてこれたのはみんなのおかげだ。間違いない。

走り続けさせてくれて有り難う。「止まらない」という環境から感じいるものが山のようにある。返せることは多くは無いけど、一つだけならあると思っている。

返していこうと思う。環境や命、様々なことがあるうちに返していく。

ツアーファイナル終了。


This is QOOLAND 4/4「あなたの街を面白くtour final」
1Shining Sherry
2叫んでよ新宿
3白夜行
4I hate
5熊とフナムシ
6ブギーサウンド
7LET IT DIE
8孤高の人
9凛として平気
10今日まで有難う
11ドグラマグラ
12レプリカの限界
13Week
14片道4,100円
15まだ「大丈夫」
16良い子と良い事
17問の先々夜の先
18あしたを面白く
19現実と非現実。
20勝つまでが戦争
EC
1大切なお知らせ
2Come Together


色々あったけどこれにて終了だ。来てくれたひとたちありがとう。 来月は京都でワンマンライブをやる。

未決済の方は決済お願いします。キャンペーンが終わったら終わりです!

生誕以来、「いいことも悪いことも長く続かない」と自分に言い聞かせ続けてきた。

いいときは気が引き締まるし、悪いときは救いになる。どうやら万能なのかなぁと噛み締めている。

そして「いつか終わりは来る」とも言い聞かせ続けている。

続いてるときは有り難みに気がつくし、終わったときは慰めにもなる。

どちらもあたりまえだし、法則的なものだ。だけど都会で暮らしていると、あたりまえのことがどんどん分からなくなる。

便利になったくせに時間は無くなったなぁと思った。
j44_ysuMt7.jpg
ビルは高くなったけど、ひとの気は短くなった。高速道路は広くなったけど、視野は狭くなった。

お金は使うわりに得るものは少ない。ものは増えたのに自分の価値は下がっている。

専門家は増えたのに問題は増えているし、正しいひとはルールの中で優しさを失っている。

飲み過ぎ食い過ぎ吸いすぎで、笑うことは減り、よく眠れない。朝起きたときにはすでに疲れている。

読書をしなくなった分、いいねを探す時間が倍増した。神仏や先祖に祈る時間もめっきり減った。

生計を立てるやり方には詳しくなったけど生きることには安易で稚拙になった。急ぐことばかりで待つことは減った。

月まで行けるわりに隣人とはトラブルばかり。
大規模なことに挑戦しているわりに善いことは成し遂げられていない。

空気を洗浄した分、魂は汚れている。核までコントロールできるようになったのに差別は一向に消えないし、身体ばかりでかくて人格は小さくなった。
支配できるものは増えたのに自分の行動一つ支配できない。見栄とプライドばかり肥大化してうつ病の果てに次々とひとが死んでいる。


忘れちゃいけないことがある。

今いるひとたちと多くの時間を過ごすこと。たくさんハッとすることだ。なぜならその時はもう永くは続かないのだから。

自分の近くにいるひとはいずれ遠くに行く。あなたと近くにいる僕はいずれ遠くに行く。

あなたを慕うひとにも目一杯優しく接する方がいい。彼等も大きく強くなっていずれは遠くに去って行く。

死ぬまでに一度でも多くハッとしたい。一度でも多く震えていくことだ。

あしたはライブがあって、一応最後だ。もう最後なのだ。このブログ記事のコメントでも予約できます。
JIMkM9bIaU.large.JPG

ツアーが終了した。10月14本、11月16本もライブをやった。とにかくやった。

最初にレーベルから預かった手売り分のCDも完売した。いい地元のバンドともたくさん出会えた。

身体が壊れたタイミングもあったけど、今までやった中でも間違いなく最強のツアーだった。抽象的な形容詞でしか表現できなくて申し訳ない。でも実りばかりだったのだ。

zBpYu8IDM9.jpg
とにかく「熱を持ってやる」という毎日だった。「ステージの熱」ってじつは難しい。
一生懸命やっているフリではいけないし、暑苦しいだけでもダメだし、正確な演奏から遠のけば「熱」に繋がるわけでもない。

おそらく活字や口頭では伝えられないものなのだろう。でもだからこそ価値がある。

振り絞ったファイナルにしたい。「振り絞る」という杓子定規を楽しみにしていてほしい。メモリはらもうぶっ壊れていて、足りすぎるものになるはずだから。

NBmeOSzp55.large.JPG

今年の夏前のある日のことだ。またまた禅寺で禅を組んでいた。

足が痛い。たいくつ。静かすぎて笑えてくる。雑念しかない。全然慣れない。禅だけに。

40分経つとぼーんと音がして禅を解く。


解かれたらゾロゾロと別室に移動する。禅仲間たちの「最近あった話」を聞く時間だ。なんかそういうのがあるのだ。

つまらなさを軍事力で例えるなら核クラスのメンバーが揃っている。

「池袋に行った。ひとがいっぱいいた」みたいなレベルの話が延々と続く。つらい。

全員の話が終わった後に和尚が話す。

和尚は「一瞬で脳波が安定する方法があるから、今からお前らにそれを教えるわ」みたいなことを言った。


⚫︎恵まれてることは何だろうか。
⚫︎自分の長所は何だろうか。
⚫︎それによって周りにどんな影響を与えているだろうか。
⚫︎それに意識を向けるとどんな気持ちになるだろうか。

を数分間考えるだけじゃ。と言う和尚。


マジかよ和尚。と思いつつもやりだす核兵器たち。僕も核に続く。

わりといい。細かいことはよく分からないが、いい気持ちになる。ぜひ核と僕に続いてやってみてほしい。


僕たちの暮らしの中にはいいことも悪いこともある。だけどじつはうまくいっていることの方が圧倒的に多い。
「恵まれていることの方が少ないよー」というひとはほとんどいない。

三食食えること、家があること、生きていること。

あたりまえになっているインフラに目を向けてみよう。

すべてのことはじつはあたりまえでない。

江戸時代の将軍よりも、今の時代の貧困者の方がいい暮らしをしている。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1430.JPG
和尚いわく「今起きているすべてを肯定する」というテクニックらしい。現実を大きく変える効果があるそうだ。


和尚はこの話の最後にこう付け加えた。

「あなたの人生全体で見ると今の悲しみはほんの一部です。先が見えないから不安になっているだけで、たとえ今うまくいかなくても、いずれ流れは変わります。あなたがそう決めると、それにふさわしい流れになります」

和尚!とスタンディングオベーションが鳴り響いた。150円払って帰った。

OHU_nCprUK.large.JPG


一名のスタッフが退任した。めでたい話なのだ。

「今まで有難うございました」と言ってくれたのだが、不思議な気持ちだ。こちらが言うことなのに先に言われてしまった。

めでたさが9割だが、ほんの少しの寂しさが鳴る。そんな夜だった。
今生の別れというわけでもないのだが、スタッフ業務はここまでだ。そう思うと、一つの区切りなのだ。

「寂しい寂しい」と僕が言っていてはどうにも飛び立ちにくいだろう。

喜びの方が勝るのはウソじゃない。だけど、ここでこうして文章を書くとどうにも寂しさの苦味が増してくる。いかんいかん。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1428.JPG
喜び9割、寂しさ1割の夜だった。

この配合率でひとと別れられたことが何度あっただろうか。

憎んだり憎まれたり、泣いたり泣かれたり、冷めたり冷められたり。そんな別れがいくつもあった。

人間と人間の関係はあるタイミングで定期的に新鮮さを失う。何かしら新しい価値観を通して相手を見ないとやっていけない。

恋愛感情は冷める。リスペクトが無いと三年以上は続かないと言われている。

同級生は1年や3年,4年というスパンで別れてく。その期間さえ保てない関係もあるが、持った場合も自然に離れていく。

定期的に会う友達が何人いるだろうか。あなたにもいるなら、大事にした方がいい。そんなことは稀なのだ。


頑張ろう。誰かとの良い別れの後はいつもそう思う。

それぞれの夜の先でまた会う日が来るからだ。巡り会いの成分は「良い別れ」で出来ている。

またツラを合わせたとき、「あれからこんなことがあってね」が面白くないともったいない。

頑張ろう。
1q8YhhKMXw.large.JPG

「しなきゃ」や「すべき」を手放して、「したい」や「心地いい」を優先する方がパフォーマンスパフォーマンス上がると言われている。

そろそろ一般常識になってきた気もする。

ストレスによる身体と神経への脅威、ドーパミンによる優位性で人生は勝ちにも負けにも転ぶというものだ。


生きていると思い通りにいかないときがある。
無理して進むよりも根を下ろす方が、ブレイクスルーへ繋がりやすかったりする。

根性論炸裂のひとには受け入れ難い考えだけど、多くの学者が「楽しい」の優位性を説いているのは事実だ。

いつもいつでもそう考えられるほど極めてはいないが、「執着を手放す」というのはそういう話なのだろう。

まぁ、まわりの目を気にして、あなた本来の輝きが目減りするのはアホらしい。
エネルギーを抑えないで、やりたいことを通して自らの素晴らしさを表現していく方がいい。

JajcbHn68v.jpg
それに今いる世界の「こうすべき」は、あなたが思っているよりも遥かに小さい。
外に目を向けると、あの常識もその慣習もほとんどショボい。


無理しなくていいし、求めなくていいし、あせらなくていいし、うまくやれなくてもいい。

それらに執着すると、歌もどうにも鈍るし淀む。
ひとつひとつ手放すと、ライブも良くなるし、曲も良くなる。


そんなことを教わった一年だった。
すべてを体現できるわけでもないが、それもまたいい。

以前よりはできるようになったし、また少しずつ良くなっていっている。十分だ。

息をするのがしんどくなった夜は、和尚の言葉を思いだす。

「ひとつひとつ手放すと楽になる」とのことだ。


世の中には「受け取っても受け取らなくてもいいこと」が沢山ある。
調子が出ないときは、少しだけ受け取る数を減らしていく。

「付き合いが悪い」、「冷たい」、「暗い」、「自分勝手」の称号を授かるかと怖くなる。だけど執着するから怖くなるのだ。

「別にいっか」の蓄積が水面下で自分を救う。「いいやつでいること」を手放せば、その夜はもうどこにだって行ける。

HRIK_midtl.large.JPG

クラウドファンディングが達成された。みなさんのおかげです。ありがとう。


これでツアーファイナルのライブ映像が作れる。じつはライブ映像作品が出来上がるのは久しぶり。2年ぶりだ。ユニバーサルミュージックストアでの販売を予定している。

強いものができるように精進しておく。


そして後一週間足らずだがキャンペーンは続く。もちろん今回しか手に入らないものだらけだ。

せっかくなので一人でも多くの方にキャンペーンに参加してもらいたい。その分、クオリティが上げられたらと思う。

音楽を作ってプレイして、ということを続けているが、改めて誰かの力が無いとやれないものだと感じている。

J1XbWQLZA8.large.JPG

↑このページのトップへ