皆さん、こんばんは🤗
本日もピュアリーのブログへご訪問頂きありがとうございます♪

昨日に続き、生まれたてのダンゴを見に来ちゃいました(^^) 
生後、数日しか柄が入っていないエンジェルダンゴウオ目当てに出発!
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2801.JPG
とは云え、今年は爆発的に当たり年!
希少価値も...な状態ですが、ミニマムサイズのため撮影サポートを中心にご案内をさせて頂きました。

メーンはサポートなので、ダイビング前に構図の確認やライティングのご相談をしたり、水中でセッティングをし直したりと、あたふたあたふた😅
コンデジでもここまで撮れる!をテーマに遊んで頂きました。
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2803.JPG
手軽さと接写に評価の高いOLYMPUSのTG4で撮影されたゲスト様の写真をご紹介。
画像上のダンゴウオは3mmほど。下の赤いダンゴウオは6mmほどですかね?

ライトの光を嫌い、照射すると後ろを向いてしまうダンゴちゃんが多いのですが、この子は真正面から。

デジイチやミラーレスなら、チョイスするレンズにより被写体との距離を稼げますが、コンデジでは被写体との距離は短く苦戦する構図です。 その分、「水」というフィルターが無いので頑張甲斐もあります!(寄り過ぎ注意ですね )

光学ズーム:4倍 超解像ズーム:8倍デジタルズーム(静止画):4倍というスペックなので、6mmほどのダンゴちゃんも光学ズームで良い感じに撮って頂けたと思いますが如何でしょう?
実は、ダンゴちゃんが乗っている海藻をそ〜っと持ち上げて、撮影者に煽り気味で撮って頂いた写真なのです。
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2805.JPG
一枚のヒラミルに2匹〜3匹のダンゴウオが見られていました! 被写界深度を工夫すると、より楽しさが増すかもしれませんね(^^)
渾身の一枚が撮れた時は達成感が沸くかもですよ♪自分好みの撮影にチャレンジしてみませんか?
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2802.JPG

------------------------------------------

春シーズンに突入です‼️ 海の中は、まだまだ水温が低いものの、稚魚が増えるシーズンとなります。透明度は冬に比べ落ちてしまいますが、この時期にしか見られない生物を探したり、撮影も楽しいですよ!保温対策を万全に楽しみましょう!

是非、ダイビングのライセンスを取得して、長く楽しめる趣味の一つとして始めませんか?

お問い合わせお待ちしています(^^)