_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0486.PNG
【先日の両性具有性女性との話合いについて】

先日の
大好きな女性との再会と
両性具有関係にある女性との会話について
詳細を述べなければならない、と感じて
投稿する事にした。

11/24に両性具有関係の女性から連絡があり
これからの事を様々に話し合った。
彼女には娘と息子がいて
どちらもお母さんを熱烈に愛している。と同時に
お父さんの事も同じ位愛している。
元旦那とは週末は別れた彼女も引き連れ
親子4人で週末は必ず食事に行っている。
その後 彼女や子供達の住む団地に
そのまま1泊していく状態がずっと続いている。
小6の娘ちゃんが
"ママが今彼氏とか新しい旦那さん作ったら
 私家出するから!!"
と言っていたそうで
息子は5歳だが
"将来ママと結婚する!!"とずっと言っている。

現状は元旦那に養育費を毎月125000円貰い
障害年金と子供手当を受給しているので
生計が成り立っている。
ここでらいおんが介入すると
経済面や家族関係が確実に崩壊するのが
目に見えているので

"このまま親友でいよう"という結論に至った。

彼女は元旦那の事は一切愛情を抱いていない。
子供達のお父さんであるとしか認識していない。
彼女が生きる全ては子供達の為にあり
彼女の権利は子供達の意志にある。
旦那とは別れても子供の意志を尊重する事が
トッププライオリティであるので
彼女はそれを受容する。

彼女だけの事を考えたら
らいおんと一緒に居たいのは明白であるが
彼女の幸福と権利行使については
何を置いても全て子供達が優先される。
という事が
トッププライオリティに位置付けられているので
現在も将来も互いを見渡した上で

"私達はこの世で闘う同士でいよう"

と結論付いたのだ。

その後に昨日述べた
なっちゃんとの再会を果たしたのだ。
これも又共時的であり
彼女と交際関係になる事の拒否決断をする事で
翌日の11/25の晩になっちゃんが現れた。

これが迷っていた真因である事を確証した。

昨日らいおんは単純な軽い文章で
記述してしまったので
誤解を招く事を懸念して
改めて事の内容をアップする事にした。

昨日はなっちゃんに対して
手紙の下書きをしていた。
とても慎重に慎重を重ね
炎を氷でコーティングする様な文章に仕上げた。
何度も何度も一言一句を見返して
約4時間かかった。

この恋・愛が成就するのは
とても時間を要する事であろう。
LINEを聞く等もっての他!!
手紙を1ヶ月に1回ペースで書こうと思っている。
そのうち返信をくれる様になり
最終的にLINEや番号を向こうから
明かしてくれるのを待つ。
らいおんにネガティヴ感情を抱いたなら
メルカリをすぐにブロックして下さい。と
言っているので
ブロックを食らったら
もはやこれまでだ。

楽観的な部分はとても楽観的だが
センシティブな部分はハイセンシティブなので
煉獄の炎は絶対零度で包まなくてはならない。



👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼



今回も
"Chanticleer"の名曲
「Quelle est cette odeur agreable」を
お送りする。
前にも言ったが
この曲はらいおんが中3の時から
もし結婚式をする事があれば
この曲を入場曲にしたいと
思い続けている曲だ。