月別アーカイブ / 2018年04月

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0672.PNG
らいおんはね

アミノ酸の重要性を知っているからね

アミノサプリには

とことんうるさいの

それでね

このSUiSPO befofeなんだけどね

今までの

アミノサプリの摂取の仕方とは違ってね

同じ3000mg配合でも

吸収の仕方が全くことなるの

例えば

元来が100個の細胞に

3000mgのアミノ酸を分配していたんだが

この水素は

1000個の細胞に

3000mgのアミノ酸を吸収させるんだよ

100個の細胞には

実際のところ1000mgまでしか

入らなくて残りの2000mgは

体内に吸収されていない状態だったんだよ

しかし

のせる分子を

水素に替えたら

分子が細かく吸収できるので

本来の3000mgを活用する事が出来るんだよ

最近

水素に対して

色んな意見が飛び交っていたので

試してみた所

間違いないね!

今後は水素産業に革命が起きるよ!



らいおん 1st single Lights

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0089.JPG
俺ら2人で撮った写真

これしかないよな

色々あったけど早かったな

2年半

俺が出所して真っ先にお前に連絡したなぁ

けどお前の環境が悪くなってて

精神崩壊してたよな

俺ら連絡は取り合ってたけど

会うた事なかったから

近々一回会おなゆー話をしてたら

11月16日にお前がいきなり家出したゆうから

その日即決で新幹線で東京行ったな

上野の駅でひょこっとおばけが現れたね

とりあえずあの日は時間も遅かったから

近くのホテル泊まったな

お前は既婚者やったから

手を出すつもりは一切なかった

けど複雑な事情を聞かされたなぁ

あの時俺は思ったよ

俺以外に誰が救えるねん、ひーちゃんをって

俺はあの時腹くくって

お前を抱く事にしたよ

後戻りでけへん様にしてまうために

もう大阪に連れて帰るん決まったか

ちょいと遊んで帰ろかって

お前福島の被災でお金おりたから

リッチなおばけやったから

結構何日間で使ったよなー

何十万を何回おろしにいったか

豪遊も終え

大阪へ帰ることに

今度はすぐに住む家を探さなあかんから

その日その日のホテル暮らしで

家借りるのに

まず仕事してやなあかんから

ダッシュで探し当てたな

何回か落ちたけど

3回目くらいで

ドコモのコールセンターの仕事で

即採用になったね

あれが確か11月27日やったわ

東京に5日位おって

大阪に戻ったんが11月21日か

んじゃ6日で探せてんな

悪くはない

そっからトントン拍子で進んだので

慌ててこの家かりたなぁ

らいおんはうす&おばけやしき

んな感じの出会いやったなー

早いなぁ

桜🌸三回みたよな

んでから終始揉めたのは

お金の事やな

俺は何でも気軽に物を買うからな

毎回この金銭系の事が発端での

喧嘩がほとんどやったな

その他は仲良くやってた印象しかない

と違った

音楽性の違いでも結構爆裂な喧嘩になったね

お金、音楽やな喧嘩の種は  
 
一番大きなアクシデントといえば

やっぱりあの癲癇入院やな

俺が会社に着いてから

薬を忘れてしまった事に気付いて

慌ててお前に電話して持ってきてくれと

持ってきてくれる途中の駅で、、、

、、、と電話がお前から鳴ったから

はやいなぁもう着いたんかと思ったら

救命救急員の方から

癲癇をおこされまして

いま病院へ救急車で行ってます!という事で

会社には内妻が病院へ運ばれている事を伝えて

早退させてもらい、すぐに病院へ向かった

そしてあの時のお前の姿ほど

切ないものはなかった

顔面が腫れてあざだらけで

車椅子に乗せられて

話しかけると半分俺のことをわかっていない

俺はあの時ほど胸を締め付けられる

切な苦しい気持ちは味わったことがない。

おそらくだがこの事故を境目に

私の気持ちは娘を想う

父親の様に変わっていったんだと思う。

そんなお前を俺は最後まで看取ると決めたのに

親離れしたいと。。。

これまで幾度となく同じような喧嘩で

離れるとか離れへんとかやってきたけど

今回は喧嘩をしたわけじゃない

自分の意思で互いの仲が良いのに

別れを切り出してきたのは

初めてだ。

今回は本当に別れの日が来たようだ。

いま私はおばけが寝ている真横で

記事を書いている。

寂しい思いがある。

そして少し嬉しい気持ちがある。

嬉しい気持ちはおばけが障害者雇用ではあるが

自らの労働で生計を立てていこうとしている

それは約3年間でこの姿になるまでに色んな面が

安定化してきたことだ。

最初知り合ったばかりの頃など

薬の処方はめちゃくちゃ

一日廃人のように動かず真っ暗な部屋で

俺の帰りを待っている。

調子が悪く布団から這い上がることができず

一日中布団の中といった事が

日常の常々だった

それが今や薬はこの3年間で様々を試みた結果

今の処方で安定している。

生活は定時に起き、朝から音楽をしたり

聴いたり、ギターを弾いたり、PCを触ったり

昔の姿はみられない

ただ躁鬱病にも罹患しているため

1ヶ月毎に躁と鬱が交互に繰り返すバイオリズムで

この鬱状態の時はなかなか身体が動かないが

海外から輸入している抗うつ薬で

そこの鬱状態は大分軽減されている。

という具合に生活習慣も変わってきている

最後にやはり

十何年ぶりに仕事を再び始める事が出来た事

ここまで来れたことは非常に大きな意味を持つ

これらの正当な理由があり

私の元へ留めておくのはもはや

自身のエゴ以外の何者でもないと思う。

寂しいけれど笑顔で見送ってやりたい。

この2年半濃い生活を共に歩ませてもらった

ありがとう

お前の葬儀の際に流すといっていた

ショパンの葬送は今これを書きながら

流しているよ









白と黄の風景が見えるよ、おばけのひーちゃん


ふもふもさんは持ったか?


ひーちゃん!綺麗にたべなさい。


ちょっと布団丸め込まんといて


ひーちゃん、さかなダンス!


ひーちゃん、おさるでねなさい!


ひーちゃんおいで、抱っこしたろ


ひーちゃん、ふもふもは?


















↑このページのトップへ