月別アーカイブ / 2018年03月

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0455.PNG
これはらいおん体験談なんたが

前にもアップしているので

知ってる人はスルーしてくたさい。

最近ニューフォロワーさんが80人位増えたので

見ていってねー





みんな

もしかして

こうなってしまったら

どうしよう?

ちょっとまって!

まさか

そんな事

ないですよね?

ちょっと...

もしかして...

それって...




色んな事を想像できるよね

結論だけどね

してはいけないという感情は

どの生命が味わっても

同じ感情なんだよ

ただ

身体の創り方によって

同じ経験でも

たいして苦しくないと感じたり

苦しみの余り死んでしまう者もいるんだよ

今ね

人を大量に殺して追われている人

人を強姦して逃げ回っている人

大切な奥さんに黙って不倫している人

平気で嘘をついている人

UPした画像なんだけどね

らいおんは

この表情で

1時間ばかり

眠ってた事があるんだよ

2008年10月31日 14時頃から
2008年11月04日 08時頃までの

3日半位の体験談だがね

覚せい剤の

禁断症状というやつでね

血圧の上が

270位で

心拍数が常時

230位かな

この状況のまま

3日半を過ごしてね

もちろん

片時も意識が飛ぶ事はないよ

常時

恐怖に恐怖が積み重なり続けて

あまりの恐ろしさ故に

逃げる事が出来ないという事を

悟る瞬間がやってくるんだね

覚悟を決めて

一瞬一瞬意識を研ぎ澄ませて

如何に冷静になれるかに

エネルギーを最大限に注ぐんだね

周りの看護婦は

笑いながら雑談してたり

らいおんの方を見ながら

全力疾走やな!

あれ絶対阪神ファンやで!

と言い笑いながら去っていく

母親はその3日ずっと付き添い

見守ってくれており

らいおんの汗が凄まじくて

4.5時間に1回はタオルが

ビショビショになるんで

洗って乾かしながら

また汗を拭いてくれるんだね

らいおんは

猫が大好きだから

タオルもかわいい猫柄のやつを

使ってくれるんだよ

2日目位かな

濡れたタオルを母親が干してたんだろうね

休日出勤のテキトーな看護婦が

母親がコインランドリーかどっかに

行っている間に

何やらクスクス2人で笑いながら

ボスッていう音が

聞こえたんだね

丁度母親がそこに帰ってきて

再びらいおんの看病をしてくれるんだね

30分くらいかな

時間が経ってから

タオル取ってくるねといい

カーテンの敷居の向こうに行き

タオルを探していた様だが

無いようなんだね

そこに

先ほど居合わせたであろう

看護婦がやってきて

母親が

もうあの声は忘れられないね

ここにあった猫ちゃんのタオル知りませんか

って

これ以上無いというレベルの

悲しみと怒りと絶望と願いを

混合させた様な

慈悲深い声で問いかけてね

さすがにクソ看護婦は何かを感じたんだろね

あっ、あーここに置いてたんで

いらないのかなって思ってましたとか

しらを切りながら

恐らくゴミ箱に捨てられてたんだろうね

母親が

ありがとうございますといいながら

こっちへと戻ってきてね

必死で呼吸に集中しながらも

あれは鮮明に覚えているね

あの看護婦は

生きて帰れたら

惨殺してやるか

拷問にかけて自殺に追い込んでやろうと

堅く想ったね

まー今は

母親とは色々話す仲なんだが

当時は

生きる事に絶望だったので

母親にお母さんなんて

呼んだ事は無かったんだね

しかし

2日目後半辺り

さすがに限界を感じてきて

汚い話しだが

飯は食ってないから

便も水状の便なんだね

ほんの僅かの水便が出たんだが

必要なエネルギーが出てしまい

もう終わりに近づいているのを

感じたんだね

うんこが出ていく事で

死期を悟る感覚って

わからないだろうけど

まぁそれだけ

身体の中に何も残されていなかったんだよ

3日半が過ぎた頃

身体が衰弱しきって

手足を動かすどころか

眼球を動かす事も

困難になってきてね

いよいよ来たかと思ったね

意識が消えない間にと

母親に言ったんだよ

お母さん、ありがとう

ってね

母親は分かった、分かったと

それどころではないという感じなんだろうね

そこに

主治医がやってきて

まだこの人生きてはるんか!

といって無理やり何かを飲まされてね

その後

あんまり覚えていないんだが

1時間ばかり眠った様だね

パっと目を覚ますと

親父がいてね

らいおんを見て微笑んでね

帰ってきたか

といったね

親父が言った言葉はね

気持ち良さそーに寝とったぞ!

安らかな顔やったなー

と言っていたね

らいおんが思うには

恐らく

UPした様な表情だったんだと思う

地獄という状況はね

確かに存在するんだよ

らいおんが思うに

あれは人間の味わうレベルのモノではないと

強く思うね

地獄へ行こうとするのも

また己の自由だからね

しかし

あの3日半は

あってはならんと

強く思うね

あってはならない事を無くす為に

地獄へ行こうとする者を少なくする為に

らいおんは

生きる原理を伝えなければならない

宇宙の起源は

好奇心という願いが

創りあげたんだよ

好奇心により意識が誕生し

好奇心を感じる為体感するシステムが誕生し

感じたモノを保存する為に魂が誕生する

そして

恐ろしく永い年月をかけ

完全なシステムが創り上げられ

最初の宇宙空間がビッグバウンスにより

拡張し

ビッグクランチにより

1つの終わりを迎える

この次元を定義するのは

1秒という空間設定における

エントロピーで創られている

やがてこの次元での

宇宙空間も終息を迎え

次の次元が誕生する際は

エントロピーが小さくなっているので

今の設定時間である

1秒よりもゆっくりした

時間認識での宇宙空間が誕生する

そうしてまた

その宇宙空間が終息を迎え

次の次元の宇宙空間では

1秒よりももっとゆっくりした

時間認識での宇宙空間が誕生する

エントロピーというのは

原理だね

こうなればこうなる

こうなればこうなることはないという

原理なんだね

ややこしく感じる方も多いと思うが

今この次元では

1秒1分1時間1日1年という

定められた空間による

時間認識の基

様々な情報が処理される

原則

1秒というこの次元空間における認識が

ゆっくりであればあるほど

ゆとりがあり安らかなであり幸せなんだよ

じゃあ

1秒というこの次元空間における認識を

ゆっくりするためにはどうすればいいのか?

知る事なんだよ

逃げてるなと感じるなら

エントロピーにおいて

逃げられない事が確定しているから

逃げられない事を知ればいい

怖いと感じるなら

エントロピーにおいて

より多くの生命が逃げずに闘えば

怖いと感じる感情は少なくなるという事を

知る事なんだよ

らいおんは逃げても

最後は闘わなければならない事を知り

エントロピーとは何なのかを知り

歴史がどうなっているのかを知り

時間認識とは何なのかを知り

死んだらどうなるのかを知り

終わりはあるのかを知り

後は

みんなに伝えなければならない事を知った


らいおんミュージカル Nay 1st single

らいおんの部下の猫が行方不明になった。

すぐさま対応して下さい。

リブログ拡散も時間があればよろしくです。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0970.JPG

             🦁らいおんの現在の処方🦁
・ARTVIGIL              30tab     150mg✖️1
・MODIODAL            60tab     100mg✖️2
・WELLBUTRIN        60tab     150mg✖️2
・EFFEXOR              60tab       75mg✖️2
・PAXIL                     90tab         5mg✖️3
・LORAZEPAM         90tab         1mg✖️3
・BLONANSERIN     90tab         4mg✖️3


この7つに固く決まった
解説をしていく


・Artvigil(Waklert・Nuvigil)はカテコールアミンと
 言われるセロトニン・ノルアドレナリン・ドパミン
 を作動させる機序とは違い、ヒスタミン回路の
 活性とグルタミン酸によるGABAの遊離抑制に
 よるものとされ、覚せい剤やコカインなどの
 代表的な活性物質を作動させる働きでは無しに      
 ヒスタミンは覚醒を加速させれ物質である。
 主である交感神経が優位に立っている状態に
 更に活性を促進させる薬剤である。
 という事は主になる交感神経を促す物質が
 同時に血中に混入されていなければ
 さほど効果は期待できないのである。
 効能としては覚醒促進薬とされる。
 化学名称はアルモダフィニルという。
 

・ModiodalはArtvigilと同じくモダフィニル系で
 あるのだが、些かModiodalの方が効能は弱い。
 薬理作用は先述したアルモダフィニルと
 全く同じであるのだが 
 アルモダフィニルはラセミ体と言われる
 立体化学を有しており、簡単に纏めると
 モダフィニルから有効濃度の高い
 2つの異性体のうち、R体(右側)だけを
 単離した物質がアルモダフィニルであり
 それはモダフィニルの1.5倍の効力を有する。
 という事はモダフィニルの反対側の物質は
 アルモダフィニルなのである。


・Wellbutrinは日本では未発売の抗うつ薬だ。
 作用はノルアドレナリン・ドパミンの代謝を
 促す作用を有する。
 Wellbutrinは抗うつ薬の役割だけでは無しに      
 アメリカではADHDの治療薬としても
 積極的に処方されている。
 このWellbutrin服用と同時に先述した
 ArtvigilやModiodalを服用すると
 覚醒効果が促進される事で極めて強い作用を
 発揮するとデータが示した。


・EFFEXORはSNRIという種類の薬で
  セロトニン・ノルアドレナリンの2種類を
  大量に生産してくれる。
  SNRIには全部で3種類あるのだが
  このEFFEXORは1番新しい薬になる。
  私は3種類全て試した結果は
  このEFFEXORが1番最大容量を服用できるし
  1カプセル辺りの効能も
  パキシル同等クラスの力強さがある。
  そこにノルアドレナリンも生産してくれるので
  かなり効率が良く、利便性にも長けている
  SNRIではダントツでNo.1だね。
  問題は薬価だね。。
  1カプセル250円となかなかの値段だ
  保険で25円でも高いね。
  1割でも25円だもんね。3割だとたまらんよ。。


・Paxilは抗うつ薬の中で最も認知度、効能共に
  No.1と私は認識している。
  SSRIという種類でセロトニンだけを
  大量生産してくれる。しかし、
  私の医院長がこのパキシルを非常に嫌っており
  やめさそう、やめさそう、と毎回襲撃してくる
  私は2008年より10年来お世話になっている
  1番重要視している必要不可欠な薬である。
  ここは私が意地を通し何とか処方して貰ってる


 ・Lorazepamはベンゾジアゼピンといって
  走りすぎた血液の流れを緩やかに
  調整してくれる役割を果たす。
  この手のベンゾジアゼピン系の薬は
  山ほどあってチョイスするのが大変だが
  最終的に山ほどある中から
  デパスとLorazepamが残った。
  2016年より厚労省から厳重勧告が出ている為
  デパスはどの医師も出そうとしたがらない。
  しかし、Lorazepamに関しては
  特別な警戒はないので
  問題なく処方して貰える。


・最後はBlonanserin だ。Blonanserin は
  統合失調症の陽性症状時に齎す悪の元凶
  ドーパミンD2群
  これらを鋭く掻き消してくれる。
  私はこのドーパミンD2がかなり多いので
  常に胸部を槍で突き荒らされ
  弱っている心臓が悲鳴をあげると同時に
  高速で容赦なく鼓動を打ち付けるのだ
  苦しくて生きていくのが困難だと思う事が
  数多くあった。
  そんな悪の物質・ドーパミンD2キラーと
  呼ばれる新薬が登場する。
  Blonanserinだ。数多くあるD2カットの薬と
  比較をしてみても、D2カットに関しては
  群を抜いてNo.1に君臨する
  私が手放せない重宝薬の1つだ。

  
  

↑このページのトップへ