ため息をつく。
あの頃の輝かしい時代はどこへ行ったのか。
高校生。
もう名前だけでどんな敵をも倒せる最強の武器
久しぶりに書くブログにはこれから高校生になる人も終わってしまった人にも高校生チート法を伝授しようと思う。ん

①遅延証明書にはご用心
遅延証明書という高校生の株主優待券を皆様はご存知だろうか。
交通機関が何らかの事情で遅れた際に発行され、自分が遅刻したのは故意では無いことを示すものである。
私は登校アスリートだったので、自分の限界を図るべく駅までの道も乗り継ぎも学校までの道も何もかもギリギリの時間で挑んでいた。
故に1分でも数秒でも遅れれば、確実に遅刻である。
またこのスポーツは競技人口が多く、いつしかそれは3年生になると団体競技化し、遅延証を収集し合ったり、チームのメンバーがバスに乗り遅れそうになればお金をわざと遅く入れたり、運転手さんに時間稼ぎをする(絶対にやってはいけない)

本題に戻って、遅延証明書をGETしたら何をするか。
普通はそのまま学校に行くだけだ。
だが私たちは違った。

色んなルートで皆ひとつの駅に集まるのだがら、誰がどのくらい遅れて学校に着くかは人それぞれ。
ということは遅延した集団の最後らへんに学校に着いたとしてもバレること無い。
だからその時間まで授業をサボろう!
いやサボるのではなく、株主優待券(遅延書)をフル活用しよう!!
というのが私たちの考えだった。
そんな訳で近くのカフェで談笑し有意義な時間を過ごしていた。
学年が上がる度、カフェでは留まらず、カラオケ、映画、ショッピング私たちのグループ(由来は忘れたがみるすっ)の株券はどんどん内容の濃いものになるのであった。
また気づくとお昼から学校にいることも多くなってしまい高校生から社長出勤という重職も勝手に担っていた。

今振り返っても罪悪感と幸福感の狭間
日々の同じような毎日を彩る素晴らしくて楽しくて面白い朝活だったと思う。
しかし、これが重なり遅刻回数の多さから窓掃除という補習を受けることになってしまうので、頻度には気をつけた方が良い。

だが、そんな堕落な生活の中でも見放さずに私のめちゃくちゃな遅刻の言い訳にも付き合ってくれ、最後の窓掃除も一緒に手伝ってくれた先生には大いに感謝している。
また私たちが遅刻した際に「頑張って学校に来たな」と褒めてくれた学年主任にも大いに感謝している。
また私が遅刻した際に言い訳をしてくれたちゃんと学校来ていた友達にも感謝している。

遅刻とは連携プレーである。1人では楽しくないし成立しない。
支えがあってこその賜物である。
だから大学生になったら、そんな支えてくれた人達のために遅刻しないで頑張って学校に通おうと思う。


というわけで高校生攻略本第1弾はいかがだったでしょうか。
また気が向いたら続編も出していこうかな。
それではまた今度さようなら。


N_QK3WSU5W.jpg







CDデビューする意味が分からなかった。
喜ばしい事であることに間違いはない。
しかし、なんの為かは分からなかった。
知名度をあげるため?音楽番組に出るため?
でもそれでどうなるの?どうするの?
数年後CDショップで半額で売られる末路しか考えられなかった。

大人になるにつれ忘れていた。
昔は下手くそな絵だって一生懸命書いてる姿が可愛いと言われた
跳び箱が飛べなくったってその途中の努力が褒められた
でも今は違う
受験に失敗したらどんなに努力したって結果落ちた事には変わりない
同期のあいつより夜中まで仕事頑張ったってやる気あったって選ばれなければ出世しない

結果論。

忘れていた。

大切なのは過程だって事当たり前の事。

それを思い出させてくれたのがこのデビューまでの公演の道のり。

例えCDが半額になってもみんなの思いや努力は永遠に変わることない
例えミサンガが無くなってしまっても皆で楽しく苦しく作った思い出は無くならない
例え青春高校を貴方が忘れても私たちは絶対に忘れない

思い出させてくれてありがとうございます。

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1491.JPG

話は変わりまして、私自身の話を赤裸々に。

私はあまり公演に出ることが出来なかった。
公演は表の楽しさとは裏腹、もちろん喜びや感動もあるが裏は苦しさが多い。
それは生徒はもちろんスタッフさんもだ。
みんな必死だった。
見ていてもう辞めてあげてと思った場面もある。

でも次に会うみんなは成長していた。
私はそれに正直焦っていた。
私は変わらない自分がいいと思っていた。
でも何も成長していない事に気づいた。
自己嫌悪に陥った。

みんなと違って公演にも参加(学校、部活動)
出来ず、リハにも出られず迷惑ばっかりかけて何度も辞めようとした。
でもやっぱり辞めたくない。
途中で投げうちたくない。
自分はなんで青春高校に入れたか分からない
ずっと自信がない。
自分に自信が持てるようになりたい。
持ってるふりじゃなくて本当に。

みんなに取ってはデビューキックオフ
だけど私はまだまだ全然デビュー出来るような人でない

だから私はこのライブをきっかけにみんなに出遅れてデビューの為のキックオフを1人で初めて見ようと思う。

このブログが自分自身への戒めで誓いになったらいいな













チャーリーの髪の毛も夏のきれいな空に生える入道雲のようにふわふわしてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

季語って難しいね。
みなさんはじまりますよ、夏休み!

実はこう見えて高校3年生、俗に言うLJKです
かれぴと夏まつり♡♡
なんていう夢は妄想する間もなく儚く散っているのですが…

今年の夏は部活中心、3C中心になりそうですが合間に友達と遊園地に行ったり、お祭りに行ったり、BBQしたり、お泊まりしたり!
計画してることぜーんぶ最後の夏だからやりきってやるぞ!

誰よりも夏生まれの大下夏を楽しみますよ💪

ひなまるとかとバス旅行も計画中!

皆さんも安全で良い夏を!
海や川の水難事故には本当に気をつけて
BBQや花火の火傷もね
夏は楽しいけれど危険がいっぱい⚠️

去年の夏休みの写真貼っつけとこ
ではでは🙃
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1556.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0702.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0696.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0683.JPG

↑このページのトップへ