はあちゅうさんの記事より。

要するに後からメールなりLINEなり送るのが、若い人にとってはウザいってこともあるらしいよって話なんですが。

僕自身は社会人時代に先輩から、
『メシ食いにいったら、出来る限り早く、その人が覚えている間に御礼をしろ』と言われてましたし、実際そうしてました。

僕が働いていた業界は、『接待接待また接待』という感じもあったので、恩を売ったんだからそれをなんらかの形で取り返せって意味だったんですが。

ただそこはビジネスマナーとして教わらなかったとしても、そういう行動はしてたと思います。
なのでそういう思考に育ててくれた親には感謝なんですが。

僕が今になって思うのは、『その人とこれからも繋がりたいかどうか』ってことですね。
なんかすごく打算的に聞こえるかもしれませんが…。

もちろんそこには自然と御礼の連絡したいという気持ちがあってのことですけどね。

そんなこんなで僕はこの御礼のメールなりLINEなりはすごく大切なことだなと今でも思ってるので、両親と会社員時代にその癖を付けてくれた先輩に感謝です。

とかなんとか考えてたら忘れてることもあるなぁと感じたので、これを読んで『俺のことに御礼メール来てないんじゃね?』って思われた方、いらっしゃいましたら大変申し訳ありません。
という話でした。