いっぺん 作ってみたかったのよ、これ。

20-06-14-19-30-52-172_deco.jpg

なかなかキレイでしょ?


勝手に名づけた「天気の子ゼリー」


めちゃくちゃ簡単にできます。


①お湯に 青のかき氷シロップと 粉ゼラチンを混ぜたら、冷蔵庫で冷やします。

② ①が固まったら、クラッシュさせて 半量くらい グラスに入れます。

③途中で、ヨーグルトを雲っぽく入れて、その上から そっと 残りのクラッシュゼリーを入れて できあがり!


冷蔵庫を 開けたとき、
このゼリーが 青く透けて見えると
さらに 涼しく 感じます。


日曜日に、雨音を聞きながら 作ってみました。

「雨は ありがたいけど、洗濯物が乾かないんで、カラッと晴れてくれ〜い!」
と 思いながら 作りました。

そしたら、今日、晴れたじゃないの!

こりゃ やっぱり「天気の子ゼリー」だ♪



しかし、
こんなに暑くならなくても…☀( *¯ㅿ¯*)💦

静岡と栃木では、猛暑日になったところもあったんですね。

蒸し暑いのって、ホント かなわん!

水分補給のために、
ミネラルウォーターを入れたマイボトルを、2本も 持って 出勤してます。

重たいです…(*´﹏`)





庭では、ブルーベリーがなり始めました。
20-06-13-09-49-22-721_deco.jpg
夏の味!!




ところで、

かき氷シロップの消費期限って、あるのかなぁ?
(賞味期限切れのシロップで作りましたw)


withコロナ期。
地元のよさを再発見する小さな旅のことを
「マイクロツーリズム」というそうです。




長く休職させてもらっていましたが、
先週から 復職への動きが本格化して、
1週間 フルで 働きました。

StayHome週間や スポーツジムの休業等で、家の中で座って過ごすことが多かったせいか、体を動かすと 膝や腰が痛くて。
きっと 体年齢を測定したら、おばあちゃんになってるんだろうな…(*'ヮ'*)


そんな体で 1週間 蒸し暑さの中、マスクをして働いたら、そりゃ〜 もう ヘトヘトさ。

もともと、旅が大好きな私。
リフレッシュに 出掛けたくてたまらない。

休日だけど、朝から雨☔
梅雨だもんね。

雨に濡れる紫陽花を見に行こうかな♪



紫陽花の名所を 調べてみると・・・

隣街に、気になる名前のお寺。

その名も✨「 音 楽 寺 」✨

(*・ᴗ・*)وヨシ!     気に入った!
紫陽花を見にマイクロツーリズムへGO!

お寺は、紫陽花に囲まれてました。
20-06-13-09-21-22-223_deco.jpg
琴聲山 音楽寺。
なんとも ステキな お名前〜
20-06-13-08-16-30-920_deco.jpg

雨に濡れて、鮮やかさを増した紫陽花。
20-06-13-09-46-31-399_deco.jpg
こんもり お山になってて、かわいい。
20-06-13-09-15-23-148_deco.jpg
1本の木から、微妙に違う色合いで 咲く。
20-06-13-09-47-12-799_deco.jpg
軒下の雨垂れが 似合います。
20-06-13-08-08-45-858_deco.jpg

大樹の下で、今が盛りと 命を輝かせる。
20-06-13-09-45-58-757_deco.jpg

小さいけれど、ハート形 見っけ!
20-06-13-08-13-38-661_deco.jpg


カシワバアジサイって名前なんだって。
20-06-13-09-12-38-302_deco.jpg確かに、柏餅の葉っぱの形にそっくり。


20-06-13-08-11-46-215_deco.jpgお星様たちがダンスしているような。
花冠をかぶっているような。
20-06-13-09-10-54-558_deco.jpg
写真にうまく写らないけど、
本物は、もっと濃い赤紫色。
20-06-13-09-19-52-436_deco.jpg
青が いちばん好き。
20-06-13-09-48-08-586_deco.jpg
挿し木の紫陽花。
20-06-13-08-25-55-057_deco.jpg「どんなに小さくても、
    懸命に生きる 命の輝きがあるのです。」
という仏の教えなのかな。


帰宅後、庭の花たちを使って、
StayHome花手水 やってみました。
20-06-14-13-28-58-696_deco.jpg
バケツだけど、ね(笑)

これは、今日6月5日の夕刻、堤防道路で信号待ちをしているときに撮った写真です。

何の写真か分かりますか?
20-06-05-22-04-20-916_deco.jpg
正解は、花の咲く 栗の木です。

検索してみると、
栗の花は こんな感じ↓
e71ad3d50ed3c2149c92de34f1e38426.jpg
すごく珍しい形ですよね。

もうちょっと調べてみると、
このフサフサしてるのは、雄花♂ なんですって。

雌花♀ は、たまに雄花♂の近くで ちょこっと見え隠れする 小さく地味なお花 ↓
3013c4357aa4ae76ce17cb52f6f2695f.jpg
この時期、栗の木は 雄花♂だらけになるんですねぇ。



さて、
知ってる人は分かると思いますが、
栗の花の匂いは、たいへん独特です。

「花の香り」ではなくて「花の匂い」。
「花の臭い」でも 言い過ぎではない。

青っぽい 刺激臭、っていうのかしら。
(匂いを言葉に表すのは、なかなか難しい)

意外と 離れた所まで 匂ってきます。



この独特な匂いの正体が、栗の花だと知ったときは、
「くさいなぁ。もうちょっと 天津甘栗みたいな 甘い匂いなのかと思ってたのに、全然違うんだ… 」
と思っていました。

でも、2年前からは、あんまり不快に思わなくなりました。

快・不快ではなく、
この匂いをかぐと、あの日 あの場所の温度や景色が、ぱあ〜っと蘇ってきます。


2年前の6月11日、東京の 門前仲町。
門前仲町駅から トコトコ歩いて行った
「こうかいぼう」。
歌詞さんが GYAO!でオススメしてたラーメン屋さん。 


すばらしくダシの効いた、美しいラーメンを堪能した後、再び 駅まで戻る途中。

深川不動堂の 前の 和菓子屋さんで、
お土産を物色している最中(モナカじゃないよ、サイチュウだよ。)に、
栗の花の匂いが 風に乗って 漂ってきたのです。

雨あがりの 蒸し暑い空気の中、
「東京のどこかで、栗の花が 咲いているんだなぁ…」と思ったのを 覚えています。



特別 感動的な瞬間だったわけでもないし、
「忘れずに覚えていたい」と思ったわけでもない。

でも、栗の花の匂いとセットになって、
芋づる式に 記憶が よみがえるのです。



「不味いんぼ」エピローグ後編で調べたように、嗅覚は、大脳辺縁系や海馬に 直接 作用するため、本能行動や感情・記憶に 直結しています。

歌詞さんにまつわる美味しいラーメンや、
歌詞さんにとって大切な街・門前仲町の景色といった “快”の要素と、
栗の花の匂いが 、
私の脳で 結びついて 記憶されている。

だから、栗の花の匂いも、
不快に 感じなくなったんだ と思います。




『家庭教室』から、もう2年経つんですねえ…




歌詞太郎さんに    会いたいです。



↑このページのトップへ