僕が僕であるために勝ち続けなきゃいけないのは選び続けてきたこの道が出す答えが間違いじゃなかったって証明するためです。