月別アーカイブ / 2019年07月

時間がゆっくり進んでいた
太陽の光が輝いていた
緑の木々が鮮やかだった
国道の道幅が狭かった
もっと自由を感じた
もっと前を向いて歩いた
そんな時代に
戻りたい

思い出と記憶の中から
拾い集めた言葉で
前に進む勇気を作り出そうと

今の時代にしか
生きられないくせに…
どの時代にも
光り輝く時間なんか
身を置く場所なんか
無いよ…

ここまで書き寝落ちしたら
仕事場から電話
いきなり引き戻される現実に

記憶の整理もつかないまま
夢か現実かの判断も出来ないまま
どっちの自分か分からないまま
現場に指示を出す


また眠れないまま
母が洗面所を開ける音
急いで行きトイレへ誘導する
危なかった…

また書き続ける
今の自分が自分を自分に理解させる為に

自分ではどうする事も出来ない
様々な制限の中で生きて
そこから逃げ出せない状況

行くしかないやろ
やるしかないやろ

その前に寝よう…
Iab2KhkdAg.jpg








6mqoeFLKgy.jpg

今から変な事書きますので
食事中の方
読み進めないで下さい



最近…
いや結構前から
女性に対する性欲がない
勿論男性にもですが…

歳をとったのが主な理由だけど
母の下の世話をしていると
女性の下半身が
ただ排泄をするものだけにしか
感じなくなってしまった

男性としても
人間としても
末期症状かな


ohoteuvFvz.jpg
uWbgd3SVU1.jpg

↑このページのトップへ