エントリーレベルの OW Diver 講習が始まりました。
今回は英語教材、全て英語にて行います。
専門用語を英語で再確認。。
いきなりですが、コンファインドウォータートレーニングに最適なアンツ環礁のインリーフまで行って来ました。
(大丈夫です。アンツ近いので!!)

勿論、貸しきり状態。
ココナッツジュースのお土産も沢山頂いてきました。
贅沢??



土曜日の早朝、 爆睡リラックス状態の私は携帯電話のバイブレーションで起こされました。
しかも、アドレス帳に無い番号でした。
起こされた上、知らない奴か?。。。!
深夜と早朝にかかってくる電話で、良い話だった事は殆ど無いので、嫌々ながらでると。。。

以下ポンペイ語でのやり取り。

 S氏 の息子
"kさん、お父さんが釣りに出て戻って来ないのです。アンツ環礁のはじっこにいるそうです。"

"端っこって、、、どこ? もっと正確な場所は?"

S 
"携帯電話の電波がギリギリらしく、途切れ途切れで、聞こえませんでした"

アンツ環礁は内海に綺麗な珊瑚砂のビーチがあり、観光客にも人気のある場所ですが、本当から西に20キロ離れた所にある環礁で、燃料や天候なども影響しますので、街中のツアー会社はそう頻繁には行かない場所です。しかも西端となると、 ダイバーでも行く事は稀です。。

環礁の周囲は約50キロあり、探すとなると一周する必要があるので、どうしたものか。。。

"とりあえず、アシスタントを探して見る、また後で連絡するから"

電話を切ってから、私とダイバー救助をした経験もあるスタッフを呼びに行き、
工具類、予備燃料の準備をし、さらにs氏所有の60馬力のサービスマニュアルをタブレットに取りこんで8時過ぎに出発。 

ボートの係留場所ではS氏の息子が待っていましたので、一緒に乗せて行くことにしました。
干潮の為、船外機を少し上げて慎重に進んでいると、携帯にメッセージが!

s氏が深夜に作成して送ったと思われるテキストメッセージでした。
"エンジン始動出来ず、手動にても不可、パームクにて係留待機、明日で構わないので宜しく。"

目的地が判明したので少し気が楽になりました。
それにしても良い天気。


ダイビングで出でるなら最高のコンディション。

1時間程で到着、ボートを発見!

エンジン修理を試みましたが、ピークボルテージテスターで追っかけてみると、どうやらステーターコイルの不具合で電気が起こせず、スパーク点火しません。
私の115馬力用部品はありますが60馬力に合わないので、牽引することにしました。

帰路35キロは長かった。。。


往復70キロ弱、無事に戻ってこれました。 神様に感謝! 
マイエンジンも良く頑張ったぞ! 


Mr.Mが戻って来られました !

ミクロネシア連邦が一切の入国禁止をしてから既に1年半ですが、

ミクロネシア国籍の者、国連機関関係者、大使館、医療スタッフなども入国許可されるようになりました。

グアムで1週間>PCRテスト>ポンペイで更に1週間>PCRテストと言う2週間の隔離プロセスをクリアしてやっと自由になります。

残念ですが、まだ当分の間、観光目的のお客様の来島は難しそうです。。。


さて、今日はMr.Mのリクエストによりリフレシュダイブ。
ダイブサイトはマッタリコースを選びました。






良い天気でした。
有り難うございました!

↑このページのトップへ