先日療育センターで言われたように、近所の整形外科を受診してみました。
去年、自転車で転倒して肋骨を痛めた時と、施設を利用中に派手に転んで怪我をした時の先生は、整形外科で良い思い出がない私にとって、「ものすごく良い先生」として印象に残っていました(笑)
なので、その先生がいらっしゃる金曜日に受診しようと思っていて、今日ようやく受診に至りました。
麻痺やマッサージの話をしたら嫌な顔をされてしまうかな?とも思いましたが、きちんと話を聞いてくださいました。
「色々と原因が考えられるから、レントゲンを撮りましょう」と言われ、レントゲンを撮りましたが、骨には異常なし、水が溜まったりもしていないし、一番心配していた半月板にも異常なしでした。
実際に先生が膝を動かして、どこが痛いかを探ってくださった結果、私が痛がる箇所が筋のあたりなので、そこを痛めてしまっているのかも…と貼り薬を処方されました。
「貼り薬はかぶれたりしやすいですか?」と訊いてくださり、「長時間貼ってるとかぶれたりしやすいです」とお伝えしたら、「痒くなってきたら剥がして構わないですから」と言ってくださいました。
「鍼も普通にやってくださって大丈夫です」との事。
療育センターでは、「普通の開業の整形外科の方がちゃんと診てくれる事も多いんですよ」と言われていましたが、今思い返すとある意味"当たり"…なひと言でした。
これが療育センターの整形だったら……?あんまり考えたくないです(苦笑)
何はともあれ、大きな異常がなくてほっとしました。