何気なく見たTwitterのトレンドに入っていた言葉……気になったので、少し調べてみました。
どうやら、どこかで木島さんがそのように発言されたそうですね。
障害者であって、影響力や発言力があるのは、本当に極一部の方です。
例えば、「五体不満足」で有名な乙武洋匡さんなんかは、まさしく影響力や発言力のある方だと思います。
障害者にそれぞれ障害の重い・軽いはあっても、プロとかアマチュアとかそういうものは存在しないと私は思っています。
合理的配慮は、決して障害者を甘やかす法律ではありません。
障害者が社会で生きやすく、会社や学校で過ごしやすくするためのものです。
バニラ・エア社の対応を変えるために声を上げるのと、障害者としてプロだなんだと発言するのは、話が全く違います。お門違いです。
障害者の中にも、当然ながらいろいろな価値観を持つ方がいます。
しかし、「プロ障害者」という発言があった事は、いち障害者として本当に悲しく、残念に思います。