今日は認知行動療法でした
最近の報告を中心にお話しました
でも、私が1番話したかったことは、ある大学病院で行っているという…双極性障害の治療見直し外来での、入院治療(2週間)についての相談でした

報告の内容は、リワークのことや、家でのストレスのことなど…いろいろ話しました
家でのストレスに関しては、笑い飛ばして
『どこの家でも、こういうことはあるんだよな〜
何を言ってもね、くだを巻いたり、何ごとにもケチをつけたりするように、出来上がっちゃってんだよね〜』
と、言われてスッキリしました


双極性障害の治療見直し入院については
『主治医の先生に正直な気持ちを話してごらん
だめとは言われないと思うよ』
私の気持ち
•診断されて10年という節目であること
•再就職の前に自分なりに
今の治療を見直したいこと…の2点を
特にしっかり主治医の先生に伝えてごらん?
と、アドバイスをもらいました
私が先日書いた、"主治医にお願いしたいこと"
というのは…
この《治療見直し入院のために必要な、紹介状の作成》でした
最短なら、お願いしたその日に紹介状は出来上がるそうです(受付に確認済み)

私に社交不安障害と、双極性障害の診断をした、最初の主治医をよく知るカウンセラーの先生曰く
『○○先生はめちゃくちゃ頭良くて、服薬調整を緻密にできるプロだったんだよ
あそこまでできる医者は、なかなかいないんだよ
いろんなしがらみのせいで、《単剤投与=良》/《多剤投与=悪》って思われがちだけど、実はそんなことはない
必要があれば、多剤投与もあるんだよ
○○先生は、すごくいろんなことを考えながら、薬を調整していたと思うよ』……と教えてくれました
そうだったんだ。。。と、今更ながらに真の意図を知りました

まずは、治療見直し入院をしたい旨を、きちんと次回の診察で主治医に伝えるつもりです
その前に一応、クリニックの受付に紹介状の依頼の電話だけ、しておこうと思います