夜中(1時前くらい)
ふっと目が覚めて、携帯で時間確認しようと思ったら
マイナタリーで通知が 
この時点でまだ半分寝ぼけていたので、改めてTwitterを確認しに行ったら↓
【さくら学院からの大切なお知らせ】
……この時点で、察しのいい人は、『良いお知らせ』ではないことを悟る
私もそうだった

でも、まさかそのお知らせが、来年の8月をもってさくら学院の活動終了だなんて。。。
『始まりがあるものには、いつの日か終わりがある』
"いつかは"そんな日が来ることは、ぼんやりとイメージしてましたが、まさかの今?!
ただただ信じられない
推し(ゆめちゃん)が最後のメンバーにいること、中等部に上がった姿を見れること…よりも、推しがさくら学院を卒業する瞬間より、さくら学院が活動終了する瞬間の方が先だなんて、1ミリたりとも思ってなかった。。。

さくら学院のおかげで、出会えたお友達もいます
お互い同じようにアイドル好きで、同じような身体や発達の障害があるお友達です
彼女は私にとっては、妹みたいな…同志のような…そんな大切な存在
さくら学院が与えてくれた、大切な出会いです


2016年の卒業式、中野サンプラザ
貴賓席最前センターで、見た景色以来…数は少なかったけど、時々現場に行くようになっていつも本当に楽しかったです
さくら学院最高!って毎回思ってました
あと1年、このコロナ禍の状況でどこまで応援できるか?は、本当にわからないけど、コロナがなければ…こうならなかった?よな……って、どうしても思ってしまう自分がいます
本当に信じられないし、何で?どうして?嘘でしょ?しか、言葉が出てこないです
コロナがあっても活動してるアイドル…は、他にもいるからこそ、さくら学院が活動できないのは何で?
地方組の在住県⇔東京の移動による、コロナ感染のリスクが原因?
それとも偉い大人たちの事情?と、いろいろ勘ぐってしまう……

これまで何度も卒業・脱退なんていう
各グループにとって、ひとつのターニングポイントを
見てきたけど…今回のはショックが大きすぎました
驚きと悲しみで茫然自失状態だから、しばらくは…音源聴けないです……
受け入れるのに相当な時間が必要そうです

私の場合推しグループの中でも、エビ中の次くらいにさくら学院の現場に行ってたから…余計に気持ちが下がってるんだろうな、と思います
エビ中現場以外の行き場がなくなったも同然…だから
楽しみや生き甲斐になるものが、来年の夏にひとつ消えてしまう……と考えると、気持ちの整理は簡単にはつきません。。。