午後から、クリニックの系列のリワークセンターへ…リワークプログラムの見学に行って来ました

優しそうで、親しみやすい雰囲気の、スタッフの方の男性心理士さんと面談して、利用についての諸々の説明を受けました

まずは、主治医の了承を書面でもらう必要があること
また、あくまでもデイケアの中でのリワークプログラムなので、就職先の斡旋はしていないこと
集団での講座などもあるけれど、それぞれ個々に状況や職種なども違うため、個々での課題に取り組む時間も、多く取り入れていること
実際に利用する段階になったら、これまでや今後に向けての詳しいヒアリングをすること
……などを聞きました

また聴覚過敏がひどい時は、デジタル耳栓をしても構わないし、何なら個々の課題の際は音楽を聴きながら、取り組まれている方もいますよ…とのこと

実際に個々に課題に取り組む様子も、少し見せていただきました

何となくここでなら、週に1度くらいから、少しずつ利用日数を増やしていって、前職に在職中と同じような環境に心身共に慣らしていって、落ち着いてきたら…ハローワークや今繋がりがある民間の転職サービスを使いながら、本格的に求職活動を行いたいと思える……そんな環境でした

特に私が前職で苦手意識が強かった
•キャパオーバーになる前に、自分で気づけるようになること
•キャパオーバーに繋がる前に、頼まれる仕事を上手く断ること
•周りへの報告、連絡、相談、質問すること
……を、リワークプログラムの中で、少しずつ習得したいと思えました


次回の診察で、今日のことを主治医に報告して、私の意思を伝えるつもりです
焦らず、ゆっくり…自分のペースで…
時々、休んだり、時々、2〜3歩下がったりしながら、前に進んで行けたらと思います


その後、耳鼻科へ………
『今日で、ひとまず通院は一旦終了でOKでしょう』と、先生からお話がありました
今後は、次回のダイビングの前に対策を相談したり、ダイビング後には念のために耳鼻科受診をするようにしたいと思います
そして耳抜き練習キットの《オトヴェント》を購入しました↓
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2388.JPG
これで、ある程度しっかりと耳抜き練習をしてから、次回のダイビングに臨みたいと思います