月別アーカイブ / 2019年09月

感情の波が激しく、ずっと荒れ模様。。。
過眠傾向だったり、逆に眠れなかったり、眠れても変な夢を見て起きたり…睡眠リズムも安定しない

気力がわかないので、ピアノの練習やレッスン、マッサージどころではなく、こうした予定は全てキャンセル

金曜の夜に、次長から体調を気遣うメールが来たんですが(緊急連絡用に交換してある)、そのメールを見ただけで、プレッシャーがのしかかってきて、急に気持ち悪くなって嘔吐
その後、また荒れる。。。

連休中は、頭痛い→薬飲む→吐くの繰り返しもあり……母や妹から頭痛外来の受診を勧められました
心なしか、聴覚と光の過敏も強くなっているような気もしました


そうして今日
朝一番でかかりつけの内科へ行って、頭痛外来に行きたい旨を相談
意外と近くに、頭痛外来のクリニックがあり、そこに紹介状を書いてもらいました
今日が休診日だったので、受診は明日以降ですが、適切な治療に繋がっていくと良いな…と思いながら
緊急的にねじ込んだ、主治医の診察へ
いつも通り、電車に乗って移動するだけで疲れる……
普段ならノートにまとめていくんですが、そんな気力もなく…とりあえず時系列にどういうことがあったか?とかを携帯のメモにまとめて印刷していくのが精一杯
それを主治医に見せると、、、
まず、感情の波が激しいのを指摘されました
その上で、気温差や気候の変化で体調を崩している可能性が高いこと、これまで仕事を頑張ってきた分の疲れも出てるだろうということを指摘されました
安定した睡眠が取れることが重要なので、薬の調整をして1週間様子を見ましょうという結論になり…寝る前のセロクエルを増量しました
必ず落ち着くから大丈夫です、と主治医
とにかく来週いっぱいは仕事は休みましょう、と言われました
主治医の見立てでは、薬の調整をして、1〜2週間で落ち着いて来るだろうと…まだまだ半信半疑ですけどね


タイトルは
ガチンコ3での雨宮かのんちゃんのソロ曲
「chu chu プリン」の歌詞の一節
この曲はメンタル落ちてる時、必ず聴く曲かな。。。


ふっと上がって、また落ちてを繰り返しています
特に夜は、泣きたくなったりして1日の中でも特に不安定です
寝つきが悪くて、眠るのにとにかく時間がかかります
睡眠リズムはめちゃくちゃです
食欲もどちらかといえば落ちてます
ストレスが溜まってると過食に走ることが多いのに、過食になってないのがひとつの証拠です


意気消沈している私の元にこれが届きました↓
2E2wtvJonr.jpg
最初は普通に読んでました
でも、、、りななんのことや昨年の美怜ちゃんの怪我のことに触れられているのを読んだら……
涙が止まらなくなって号泣

エビ中メンバーはこんなにもたくさんの試練を乗り越えて頑張ってきてるのに……
今の私は何にも頑張れてない……
エビ中という存在は、いつもなら私にとって、何より大きなエネルギーになるはずのものなのに……悲しいのか、何なのかよくわからない複雑な感情と、りななんのことのフラッシュバックも重なってしまったみたいでした

みんながこの時どんな風に頑張っていたのか?
どんな思いでステージに立っていたのか?
そういう今までわからなかった、裏側を知ることができたという点ではとても良かったんですけどね

眼科の定期検診に行ってきました
初診扱いなので、予約の30分前に到着していないといけなくて…6時45分起き、8時過ぎには出発

検査に呼ばれた…と思って行くと
視力の検査と眼圧検査だけで、「はい、次診察でお呼びしますね〜」
………あれ?斜視の検査は??
結局もう1回検査に呼ばれて、斜視の検査だけ別にやりました
なんかすごい2度手間感が。。。

ようやく診察

新しい先生は、前の先生の同期の先生

まさかの先生も双子で

先に呼ばれた妹と比べて

「双子さんなんですね〜

もっと似てるかと思いました、あんまり似ていらっしゃらないんですね」から始まり

先生・「実は私もね、双子なんですよ〜 

YOSHIMIさんが、お姉さん?ですか?」

私・「あ、はい そうです」

先生・「私は妹なんですけどね 何分差ですか?」

私・「うちは7分差です」

先生・「私は3分差です」と、まさかの眼科と全く関係ない、双子トークで盛り上がる←

肝心の検査結果は

視力両目1.0…やっぱり健康診断結果より全然良い数字

斜視も悪くないとのことで安心



今回は初診扱いだったので、何年?何十年ぶり?に

念のための眼底検査をしたら、目薬で瞳孔を開いたせいで、見え方にすごい違和感が。。。

眼底検査の結果…妹共々、《元々視神経が細くて、視神経乳頭(初耳)なのが気になるので、緑内障の可能性がないかどうか、念のため眼球の写真を撮る検査をしたい》と言われる展開に……これは眼科歴20数年にして初の出来事

その結果…先生の意向で、なるべく早く1度視野検査をしたいということに

本当は最初は1年後でも、って言ってたんですが…

先生が思ってたよりも、私の検査結果が良くなかったので……(同じ検査をした妹より私の方が微妙に悪かったらしい)

まだ年齢的に若いとはいえども、強度近視の人は緑内障のリスクが高いから、念には念を入れてきちんと検査したいと先生

直接的には早産と未熟児の影響ではないけれど、強度近視の原因を辿れば、早産と未熟児だったから(でも未熟児網膜症ではなかった)ですね…と先生から言われ、11月の末に視野検査の予約を入れました

そんなこんなで諸々ありまくりで、9時半前に病院入りして、会計まで終わったのはなんと14時………

小さい頃からよくあることで、慣れてることとはいえ、疲れました。。。。


この10数年間、視力と斜視しか診てこなかったので、今回の診察・検査結果は戸惑いも大きかったですが、逆にここまで細かく診ていただけて助かりました

まずは11月末の視野検査次第です




今日は、本当なら午後からレッスンでしたが、精神的に不安定なのもあって、延期にしていました

思っていた以上に、眼科の検査に時間がかかったので、逆に延期にして良かったです


↑このページのトップへ