月別アーカイブ / 2019年05月

昨日のブログ更新後に、久々に癇癪を起こしました。
その辺のチラシを手当たり次第ビリビリにして、もう会社辞める!!となりました。
そして珍しく酷い鬱状態に。

仕事を始めてもうすぐ1年。
良くも悪くも「慣れ」故の諸々が出てきました。
今回は悪い意味での「慣れ」の弊害かなと思います。
日々の仕事の中で、いろいろあれこれこなすように見えて、実はいっぱいいっぱいな日も多く、最近は完全にキャパオーバーでした。
業務を行う上で、5時間勤務じゃ心身共に余裕が足りないと感じながらも、5時までの勤務が契約なので、周りに申し訳なさを感じることが多くあったり、戦力と言われることが嬉しくもあり、プレッシャーでもありで…仕事上でのストレスが知らず知らずに溜まっていたようです。

そんな私の様子を今日の診察で聞いた主治医も少々驚き気味…最近ずっと安定していたので、無理もないです。
診察で話して少し楽になったけど…根本的な解決は当然会社との話し合いによる妥協点探し、というのが主治医の結論。
母は、私が癇癪を起こしたのと、長文のメールから危険度が高いと察知したのか、夕方に上司と話し合いに向かってくれました。
多分、上司はここまでの大ごとになってるとは考えてなかったと思います…何気ないいつもと変わらない面談だと思っていたはずです。

鬱が酷い私は、普段なら滅多に連絡しない母校に電話。
恩師に、会いたい、話を聞く時間を作って欲しいと、お願いしました。
仕事で辛いことがあって…と、半泣きで電話してるのに、何も言わず、直近で空いてる日時を教えてくれました。
「その日ならお話聞けるよ」と。
わがままだって、甘えすぎてるって、わかってるはずなのに、何も言わずに時間をくれる恩師。
そういう優しさとか器の大きさがすごいと思うし、大好きだし、尊敬しかないです。


そしてレッスンへ。
ずっと課題だったバッハと「サイレント・イブ」を合格させることができました。
サイレント・イヴを弾ききったら、「これは誰の曲?」と先生に改めて訊かれたので…辛島美登里さんとお答えしたら、シンガーソングライターの方の作曲はその人の考え方とかが出るのよね…と言われ、脳内に愛子ちゃんが浮かびました
愛子ちゃんのピアノ楽譜欲しすぎる。。。
ぷりんと楽譜さん、お願いします!!
とか言ってたら愛子ちゃんの新曲のお知らせがありました。

次の課題曲、バッハは
こちら↓
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8070.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8071.JPG
そして、ユーミンさんの「春よ、来い」↑

もう一つの候補曲の「愛は勝つ」の楽譜は、単調で転調が多い曲だから
『ワンフレーズだけでも弾ければいいんじゃない?』とのこと
むしろ、「春よ、来いは」の方を、じっくりと取り組んで欲しいという先生の意向もあり、そうすることに。

弾きたかった曲を楽しく弾けるようになることが一番の目的だから、曲がひと通り仕上がれば、あとはそれを私が工夫して、曲として充実させて欲しい、あれこれ口うるさく言うつもりはない…と先生。

毎日疲れきってても、練習してて良かった。
今日のピアノが楽しかっただけ良かった。
好きなことは楽しめてるから、まだどん底には行ってない。
本当にダメになってたら、ピアノには行けなかったはずだから。
『ピアノを通して、充実感とか達成感を感じて欲しい』
という先生からの言葉は、すごく嬉しかったです。
少しでも気分転換になって良かったです。



今日はひと言で言うと、しんどい日でした

同じ業務でも、人によってやり方が違うのにはだいぶ慣れてきましたが
今まで🅰️というやり方で何も言われなかったのに、別の社員さんが確認者になった途端、🅰️というやり方ではなくて、🅱️のやり方でお願いします…ということに
普段の私なら、それを割とすんなり受け入れられる……けど
それが、書類の折り方だったので、混乱。。。
このままでいいんだろうか?
上司に相談するべきか?
書類を丁寧に折ることも、手先が不器用すぎる私にとっては普通の人以上に労力を使う
折るだけでそんな感じな私は、三つ折りと四つ折りの違いを理解して、この社員さんの時はこの折り方・あの社員さんの時はこの折り方……という使い分けはできるのか?
と、思っていたら
部長から契約更新の話をしたいから、午後一番で時間とれる?とのお声かけが
話すならこのタイミングしかない!

母の意見も客観的に聞きたかった私は、忙しい時間帯を承知で職場に電話(お母さん本当にごめん)
「忙しい時ごめん、これだけ訊きたい
私は、三つ折りと四つ折りの違いを理解できる?それで折れる?」と尋ねると
「んー多分無理だな」の返事
「わかった、じゃあそれ部長に伝える」…電話終了

そうして面談
契約更新の話の後に、三つ折りの話をすると……
一応理解は示してくださいましたが、"こちらで、何か即席で道具を作ってそれで三つ折りに折れるなら、三つ折りを頑張ってみて欲しい"というのが上司の見解
そこまでしてくれて、もし"できなかった"ら…と考えると、それだけで既にプレッシャーに押し潰されそうな私。。。
これは脳性麻痺の上肢麻痺だけの問題じゃない、裁断機を使えないのもそうだけど、《視覚認知障害》の問題でもあるんだ…というのは、嫌でも気づいていました
でも、視覚認知障害はそもそも認知度が低いし、説明も難しい
私がどんなに言葉を尽くして視覚認知障害をわかりやすく説明しても、今ひとつわかってもらえない
三つ折りだの四つ折りだって、言葉で言われても、その言葉をそもそも頭の中で想像できていないし、見本を見せられても、1〜2割しか理解できてないのが本当のところだけど…そのもどかしさが、困り感がどうしても伝わらない
ビジネス的には三つ折りだろうとはわかる
でも他の社員さんは折り方について細かく言わない、人によって言う・言わないに振り回されてる時点で困るんですが
今までなら視覚認知障害の説明を書面で手助けして、具体的なアドバイスをくれていた療育センターの担当医がいない痛手もあり……混乱と 困惑で八方塞がりの状況に、否応なく疲弊して追い詰められていく私のメンタル

とりあえず家で母とも相談して、いろいろやってみます…とはしたものの、上司が「私も不器用だから」と言うのと、私が「不器用なので」というのは意味が違うというか、レベルが違う気がします

お世話になった、OTの先生にもLINEで相談
写真付きで工夫点を教えていただきましたが、『操作の工夫は実際にYOSHIMIちゃんの動かし方を見てみないとですね』……ですよね〜。。。

今まで何も言われずに来たやり方を、いきなり『今後変えて欲しい』、と言われたのもかなりのストレス。。。
もう何が正解で、どうしたらいいのかがわからない………この急な変化がしんどい

だったら最初から『三つ折りで折ってください、お願いします』って、言って欲しかったのが本音



ストレスMAXな日でした、辛いです。。。


我が家の母は、母の日と自分の誕生日には、ものすごく頓着しないタイプ。
勿論、プレゼントをねだるようなことは一切ないです。
私達が、気にして何かしようとかあげようとお伺いをたてても、日頃家事をしたりしてくれているだけで良い…とのこと。


あまりにも私が頓着しないから、過去には元彼からドン引きされましたが…曰く「そういうのは、言われなくてもやるものだ」と。
で、それをそのまま私が母に言っても…「別にお母さんはそんなの望んでない」というのが母。


ただ、妹は母がそう言っていても、一応そういうのを地味に気にするので
昨日の買い物中
「明日、母の日だけどどうする?」と。
「花💐?」
「多分、それだとにゃんこさんのところ(骨壷の前)にあげて終わっちゃうよね…後々まで形に残らないし」
「現金💴?…は欲しいだろうけど、それじゃあ味気ないしね……」と話していたら
たまたまLOFTの隣に猫🐱グッズを置いた雑貨屋さんを発見❗️
いろいろと猫🐱グッズがあったので、あれも可愛い、これも可愛いと言いながら、ここで母の日のプレゼント🎁を探すことにしました。
2人で悩みに悩んで……見て回り、相談を重ね、置き物にもなる箸置きと、キーホルダーのような時計を発見したので、1日早い母の日として、それをプレゼント🎁しました。

(ちなみに母は時計は使わない人です…あくまでも時計というよりも猫🐱デザイン重視です)
L8IEEiimEm.jpg
juOQr2aqfW.jpg


いつも仕事お疲れ様&毎日お弁当🍱作りありがとう💝
(母本人は、"冷食様様だから…全然苦じゃない"そうですが、毎日お弁当🍱作ってデザートの果物やらフルーツゼリーを入れてくれて、しかも暑い時期は保冷バッグにプラスして保冷剤をきちんと入れてるのは私からしたら尊敬です。。。)


↑このページのトップへ