月別アーカイブ / 2019年05月

今日は、久々に外にランチに行ってきました。
ご一緒したのは、年齢的には私の1つ年下で、部の中でも最年少の社員さん。
会社近辺には、少しお値段高めですが、時々外ランチに行くにはちょうどいい感じのお店が点在してるのです。
4人くらいで連れ立ってランチに行ったり、部署単位でグループでランチに行ったりすることは、これまでありましたが1対1のランチは初めて。
今日はお洒落な定食屋さんでした。
ちなみに私は日替わりであったエビフライ定食をチョイス←そこはやっぱりエビ中ファミリーなので
普段休憩室ではあまり話せないようなぶっちゃけたトークもいろいろと…。


先日の三つ折りの話も
その社員Aさん曰く
「自分も不器用だから、三つ折りは定規を使っても全然綺麗にできないし、三つ折りできる人は三つ折りで、できなければ別に三つ折りじゃなくてもいいと思うんですけどね」と。
その言葉を聞けて、ほっとしたというか、何か嬉しかったですね…1人じゃない感じがして。


社員さん達は、大体のことが基本的に大雑把で"ま、こんな感じで大丈夫です"のBさんと
何でも几帳面でとても真面目で教えるのも細かく丁寧な私と同じ歳のCさん(このCさんが三つ折りを最初にお願いしてきた)
そして今日ランチした、丁寧と大雑把の中間くらいのAさん
私はこの3人から日々業務指示をもらうのですが、個人的に声かけしやすいのはAさん→Bさん→Cさんの順。
それぞれにいろいろと見習うところはあるのですが…Aさんは特に、仕事上での気配りだけでなく、ご飯やお花見に気軽に誘ってくれたり、仕事と関係ない時でも「何かあったら遠慮なく何でも言ってくださいね」と言ってくれる方。

AさんとCさんは同じ業務担当ですが、ご本人曰く不器用なタイプのAさんは、仕事に対して真面目で優秀なタイプのCさんと自分を比べて落ち込んだり、上から評価されて落ち込んだり、悩んだこともあって
でも、私はCさんじゃないから、同じ土俵の上に上がるのは無理だから、私は私のやり方でやろう!と思ったんです…と明かしてくれました。

仕事上でのやりとりも大事ですが、ランチも立派なコミュニケーションのひとつ。
こういう時間を「いつでも外にランチ行きましょう、いつでも声かけてください!」ってひと言で、さりげなく作れるのは、Aさんの人柄なんだろうな…と思いました。
有意義でとっても楽しいランチでした。

また折を見て、外ランチに行きたいですね。

昨日は大雨だったので、それに比例して私の偏頭痛も大荒れでした。
そもそも前日の夜の時点で、珍しく頭痛がひどくてなかなか寝つけず。。。
当然、朝から頭痛と頭の重ーい感じがしたので、
念のため朝食後には頭痛の薬と一緒に胃薬も服用。(嘔吐した時のため)

いつもよりしんどかったので、出るまで少し横になっていたんですが、それでも大丈夫そうだったので、いつも通り出勤しようとマンションのエレベーターに乗って降りた瞬間、吐き気が……
ひとまず家にUターン、そして嘔吐。

これまでは頭痛→電車酔い→嘔吐だったのに、まさかエレベーターで5階から1階に降りたのが引き金?

このまま電車に乗って1時間弱の通勤ができたとしても、また多分途中で電車酔い起こして気持ち悪くなるだろうし、と泣く泣く休み決定。

雨=私は頭痛が出る、という図式は、会社では広く知られているので、上司にも話は早いんですが。

頭痛からの吐き気・嘔吐は数ある偏頭痛に悩まされる日々の中では圧倒的に少ない方なので……こればかりは仕方ないです。
同じくらいしんどくても大丈夫な日もあるし、紙一重なので。

やっと偏頭痛で休む・休まないのコントロールができてきたので、いずれはメンタルでも、休む・休まないのコントロールができるようになれば…と思いますが、
昨日の頭痛は、とにかく長かった。。。
そしてひどかった。。。
夕方になってようやく、落ち着きました。
例えるなら、遊園地のコーヒーカップに乗り終わった後のフラフラした感覚と頭の重い感じがずーっとありました。



今日は水曜なのでお休みですが、朝からパソコンを新しくした時に変更したインターネット回線の工事がありました。
誰か立ち会い必須だけど
母は仕事、妹は通院、父は…論外、ということで私が立ち会い。
回線工事の後にSoftBankのWi-Fiの設定も私の方でやりました。
来週水曜には、ようやく?設置工事です。
月曜日に、今使ってるメールアドレスを残す手続きをするために、母が電話したものの、一向に繋がらず…時間の関係で挫折し、私が帰ってきてからひたすら電話が繋がるのを待って手続きして、今日の工事、そして来週で、やっと!です。
手続きが煩雑なのと、複数あるのと、書類もいろいろで、ごちゃごちゃになりそうです。。。

買ったのは5月早々だったけど、連休の影響もあって、日程が遅くなってしまって、結果的に今日時点では。未だにパソコンもプリンターも箱に入ったままです。
というわけで、パソコンについてはまた来週です…あともうちょっと!!かな?

本日無事出勤後、改めて上司と面談しました。

どうすれば私にとって仕事のしやすい、より良い環境になるか?指示や声かけの仕方という、環境調整の話し合いでした。

きっと周りの若い同世代の社員さんは、上からの指示とはいえ、私のことでもしかしたら戸惑いも抱えているかも知れない。
でも、若い世代の社員さん達がこれから先長く働く中で、また違う発達障害の当事者と出会う時が来るかも知れない。
そんな時に、私と接した経験を少しでも活かして欲しい。
サポートする…ということはできないことに手を貸すことだけじゃなくて、説明の仕方や指示の仕方をわかりやすくすることもサポートなんだということを知ってもらいたい、私は今日そう感じました。


昼休み、恩師にメール
《こんにちは、○○です
今日、無事会社に出勤することができました
今、このメールは会社の休憩室で書いてます
上司とも改めて話し合う場を作っていただき、より良い環境を作るために話し合いをしました
私の理解者として、先生がくれた様々な言葉のおかげです
お会いしてお話できて本当に良かったです
先生のおかげで、また少し強く成長できました
ありがとうございました

先生がおっしゃってた通りに、アクセル全開させずに、自分のペースを守りながら、〜しなきゃにとらわれすぎずに、仕事に取り組みます》と送信。

夕方仕事終わりに携帯を見たら……
基本的に先生達とのメールのやりとりは、私からの一方通行なのに(大勢の卒業生からのメールには毎回返信が難しいのが一番の理由 by高3担任)珍しく返信が来ていて↓
《こんにちは、連絡ありがとう
金曜日は話をしに来てくれてありがとう
良い方向に進んでいるとのこと良かったです!!
そうだね、自分らしく 自分のペースで進めばいいね》

……って返信内容に、本気で泣けました。。。
きっと気にかけてくれでたんでしょうね、大丈夫だったかな?って。
母校でこの先生に出会えて良かった、この先生を信頼して良かったって心から思いました。
やっぱり私にとって、最高の理解者で、最高の恩師だなと感じました。


↑このページのトップへ