月別アーカイブ / 2019年02月

お久しぶりのブログです。
週末土曜日は久々のヒトカラでストレスを解消してきました。

昨日、一昨日は偏頭痛に悩まされながらの仕事。
朝に薬を飲んでも、お昼くらいにはまた痛くなって…また薬を飲んで、集中力が落ち気味になりながら、業務をこなしていました。
いろいろと任せてもらえるようになっていますが、月の中でも忙しい時期とそうでもない時期が掴めてきました。
今はそうでもない時期…かな?
締め日が8日なので、その後からお給料日前の20日頃までが一番忙しい気がします。

GWの10連休は部署的には確定的だそうです…正直、5月4日の夜から6日の朝までの高松遠征以外は予定がなくて暇なので、それ以外は喜んで仕事に行くんですが。
昨日も同じパートさんと、「そんなにお休みがあっても困りますよね…お給料に響きますもんね、仕事に来ても全然良いですよね〜」と話してました。


そして、今日は3週間に1度の診察。
いつものように、要点だけを絞ってノートにまとめたことをお話。

すると主治医からは
「以前よりも、気持ちの切り替えが上手くなったように思います…前は一度落ちると"あぁ!もう無理!!"ってなってたけど
ご自身ではどうですか?」と。

確かに1月末からいろんな辛いなー、しんどいなー、と思うことがあっても、なんだかんだ他のことを楽しんで気持ちを切り替えたり、自然に認知変容ができているのかな?
いろんな形で吐き出させていただいていますし。
上司と綿密に相談できているのもいいんだと思います。

「確かに、前よりは気持ちの切り替えがスムーズになったように思いますね」と答えると
「それはすごく良い変化です
自信を持ってくださいね」とお褒めの言葉をいただいて終了しました。

来週は、発達障害の経過診察&手帳の更新依頼です。



今日でにゃんこさんが亡くなって1ヵ月。
1ヵ月ってどうしてこんなに早いんでしょうね?
これからもにゃんこさんのことを想いながら、少しずつ前を向いて行けたらいいな、と思います。
先日の2月22日の猫の日は、他所様の家の猫をたくさん見て、我が家に主役がいないことに寂しさを感じていました。

この2月22日に合わせて、しょこたんが愛猫を想って作った曲を発表したことをSNSで知りました。
聴いていると、歌詞がとても心に響いて、その曲との出会いが、気持ちの面でちょっとした転機になった気がします。



今日リリースの
たこ虹のアルバム「軟体的なボヤージュ」
桜エビ〜ズのシングル「214」
欅坂46のシングル「黒い羊」
GIRLFRIENDのシングル「ヒロインになりたい」
どの曲も、堪能しています♪♪

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7520.PNG

本日、月曜日ぶりに出社しました。
私の想像していた以上に、次長も部長もかなり心配されていました。
出勤してすぐに次長と部長と3者面談しました。

昨日の夜、次長から体調を気遣うメールが来ていたんです。
思えば月曜日は次長がお休みだったので…今週お会いするのは初。
部長とも最近は個人的にお話する機会がなかったので…
次長も部長も
"もしかして、仕事の中で、何か辛いことがあったんじゃないか?"
"このままで本当に大丈夫なのか?"
とても心配されて、私が何を話すかハラハラドキドキだったそうです。

どこまで上手く説明できたかはわかりませんが、私のありのままのことをお話させていただきました。
それに対して正しく理解を示してくれ、感謝しかないです。
「ご心配をおかけしてしまい、すみません」
と頭を下げると
部長からは
「困った時は、お互い様だからいいんだよ
ギブアンドテイクだね
○○さん(私)は、もうここの立派な戦力だから、体調を崩して、長期でお休みされる方がこちらとしては困るから
1〜2日休んで復活するなら、無理せず休んで大丈夫だからね
でも、なんか安心したよ」と。


そして今日の業務が終わったタイミングで次長から
「私、明日1日研修で不在なんで、お二人とも(私ともう1人のパートさん)、明日は☆☆さんを助けてあげてね」と声をかけられました。
次長がこう伝えたのには、ある理由がありました。
普段いる社員さん達、☆☆さん以外が今週いっぱいと今週半ばから来週半ばまで、1週間程の長めの休暇を取得しているからです。
それ故に、負担が大きいのは見ていてわかりますし、
その上明日次長がいないとなれば…今日より大変なのはいくら私でも容易に想像できます。


そんな☆☆さんと帰りがけにロッカーの前で少し立ち話。
「今週は**さんがお休みだから、☆☆さんも大変ですよね
業務に関する問い合わせも多いですもんね」と声をかけると
「そうなんですよね〜 🅰️さんは△△に旅行だし、🅱️さんも□□に旅行に行ってるし……
でも○○さん(私)、電話とるのすごい上手いですよね
人がいない時とか、積極的に電話とってくれて本当に助かります
◎◎さん(産休代替要員さん)とか電話とるのすごい早いじゃないですか?
それに負けないくらい、これからももっとどんどん電話とってください❗️」と言われました。

ちなみに、この☆☆さんは私と同世代。(学年でいうと1つ下)
私もやーっと、地に足をつけて社会人らしくなれたかな?と思って、嬉しくなりました。




ピアノは譜読みしつつ、練習しています。
バッハの方は、YouTubeで検索して参考程度に聴いて、リズムを確認しています。
サイレント・イヴの曲の感じも原曲をわかっているので、やりやすいです。
難易度も「まいご」よりは低めな感じなので。
練習頑張ります。

タイトルは、さくら学院の「My Graduation Toss」から。


今日は私にとっての療育センターの《卒業式》でした。
1995年・秋
5歳で母に連れられて初めて行った療育センター。
周りには、今まで見たことのない車椅子や寝たきり、装具をつけた患者さん達の姿。
私は何か違うのかな?と幼心にぼんやり考えていました。

そこからOT、心理…時々整形。
成人後にはWAISの検査やPTも。
通院していない期間も長くありましたが、トータル24年近くお世話になりました。

そして、成人後…脳性麻痺の等級変更、視覚認知障害判明、読み書きLD判明、IQグレーゾーン判明、ADHD傾向判明……発達障害の可能性指摘。
産まれた時からの知り合いだった担当医が退職していて困惑していた成人済みの私を、「自分が引き受けて診ます」と言ってくれた現担当医。
ありとあらゆることを指摘され、自分が知らなかったことが次から次へと判明していきました。
この先生じゃなければ、私の発達障害は今でも見過ごされていたかも知れません。
脳性麻痺のことも、発達障害のことも、2次障害のこともなんでも話せた先生。
信頼できる、素晴らしい先生との出会いは、私の人生を大きく変えた出会いでした。

こんな日が近い将来いつか来ることは、何となくわかっていました。
今日まで、今後に向けてどうすべきか?私なりにたくさん考え、相談して結論を出しました。
昨秋に言われてから、次が最後だと覚悟していたけど、出会って約9年の月日を考えると、やっぱり寂しい気持ちの方が強いです。
もっと仕事のこと、発達障害のこと、麻痺のこと、いろんな話をして意見を聞いてみたかったです。

幼稚園の頃から大好きだった、パン屋さんも今日で最後。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7494.JPG
最後とはいえ、先生は通常運行でした。
流行しているインフルエンザやはしか、風疹への注意喚起の後、私の近況の聞き取りをして、同意書を作成。
紹介状は後日郵送ということに。
「次の同意書の更新前に、一度新しいところの整形を受診してください」とアドバイスされたので、紹介状が届いたら、受診の日を決めるつもりです。
先生に、「本当に今までありがとうございました」とお礼を言うと
最後の貴重なお言葉は
「合理的配慮は
お願いすれば
少しずつしてもらえるようになってきてますから
頑張ってくださいね」でした。

が、紹介状の依頼をして会計へ行くと……
鍼の同意書がないことが判明。
今日も診察で散々鍼の話をしていたのに、作成し忘れていた先生。
今回のを作った(先生の場合はデータを印刷)時に日付を一度間違えてて、作り直し(印刷し直し)てたから、その過程で恐らく作り忘れた…というのが私の推測。
うん、最後までこのどこか抜けた感じ…先生らしい!としか言えないです。(褒めてます)
最高のオチでしたね(笑)
しかも、何故か鍼の同意書は1ヵ月更新で…と会計で言われ
いや、そんなはずないですけど?となり
念のためにマッサージの先生に電話して確認したところ
やはり「今まで通り、半年更新ですよ 何にも変わってないです」と言われました。
正しい情報は同意書を作成する側よりも、同意書を元にしてレセプトを実際に作成する側が持っている…のはこれまでの経験からわかることです。

先生、紹介状の情報はくれぐれも間違えないでくださいねー!!!(私が後々困るから)



『時を告げる運命が
別々の道を示すなら
受け止める たとえひとりでも
旅立ちという名の 衝動の向こうへ』

約24年の長きにわたりお世話になった療育センターから
そして、約9年間お世話になった担当医から
2019年の今日をもって卒業です。

Y先生
先生と出会えたことは、私の人生の大きな転機でした。
そして、何にも変えがたい財産です。
本当にありがとうございました。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7493.JPG

↑このページのトップへ