月別アーカイブ / 2018年09月

11月の美怜ちゃんの生誕ライブに向けて、少し早いですが、車椅子席の申請をしました。
平日の10時〜18時じゃ、水曜日の今日くらいしか電話できるタイミングがないので。

電話をかけると…話し中。
話し中を数回繰り返して、ようやく電話が繋がり説明しました。
訊かれるのが
・名前
・電話番号
・スタンディングなので整理番号
なのはお決まり。

丁寧に対応してもらったけど、当日の対応はまた別…なのが車椅子席申請。
最初の生誕ライブの時もスタンディングしかチケットが取れなくて、車椅子席を申請したけど、どんなに会場スタッフに説明しても、当日入場できたのは開演ギリギリ。
入場までの間ずっと立ちっぱなしで待機…それだけで足腰に負担がかかったのは、言うまでもありません。

車椅子じゃないし、杖もない、けど足が不自由なので、スタンディングだと身体に負担がかかるから、車椅子席をお願いしたい…という言葉がどこまで伝わってるかは、毎回申請するたびに本当に謎です。

正直、多少見えにくいのは承知です。
大事なのは、同じ空間にいられて、声を聞けることなので。

欲を言えば、やっぱりできれば電話だけの申請じゃなくて、メールでお問い合わせとかメールで車椅子席の申請ができるようになれば、電話の繋がる限られた時間でしか申請できない不便さが軽減されるのにな〜と思ったりした私です。


療育センターへ同意書の更新へ。
『さて、最近はどうですか?』と言う担当医に
仕事の様子の報告。

そして、今後半年更新になる同意書の話になった時に、先生から、突然のお知らせが。
『同意書は本来、整形の先生が書くことが多くて。
まあ、私も保険医なので、書けるんですが……。
実は、私がもう定年をとっくに過ぎてるんですね。
なので、今後は同意書を書くことがちょっとできなくなるんです。』
この発言は、近い将来にいつかは来ると思ってたけど、あまりに突然のお知らせで、パニック気味の私の脳内。
簡単に表すなら、頭が真っ白&目の前が真っ暗になりました。

『近所にある整形外科とか、かかりつけの内科とかでも同意書は書けますけど』という担当医に
『正直、私のカルテが一番ある(5歳からの20数年分)のはここ(療育センター)なので、ここの整形が一番いいんですが、私はここの整形にはかかりつけの先生がいらっしゃらないんですよね…小児科は前の先生から先生と、ずっと居たんですが』と私。
事実、整形には本当にピンポイントでしか受診歴がない(最後は多分5年近く前)…。
そして療育センターの中でも超軽度に該当する私は、これまでことごとく整形の先生方と相性が悪いんです。(キレ気味な対応とかお説教されたりとか…最早トラウマに近い)
仕事上、一番通院しやすいのは定休日である今日・水曜日。
水曜日だと、療育センターの整形は午前中のみ、先生は1人しかいません。

結局今日のところは
『また次(来年3月)は私で予約してもらって、その時に今後についてお話しましょう』と言われて診察終了。

出会って7年。
時に書類作成で大ボケをかまし、時に厳しいことも言われながらも、常にどこかのほほんとした雰囲気の中で、いろんなことを教えてもらいました。

数ヵ月に1回しか会わないけど、私にとってはなくてはならない信頼できる担当医の1人でした。
既に大人になっていた、私の発達障害を見抜いた、大恩人でもあります。
この先生じゃなかったら?私の発達障害はきっと見逃されていたと思います。
これまで本当にいろんな手を尽くしてくださり、感謝してもしたりないくらい感謝してる先生です。
次が最後だと、まだ全然信じられないし、信じたくない…そんな心境です。

半年に一度だからと妥協して、これまで比較的相性の悪い整形に引き継いでもらうか?
他院の整形に依頼してもらうか?
答えは出ません。

ちなみに担当医の言っている、近所の整形や内科には、麻痺のことはクローズにして受診しているので、今更オープンにするくらいなら他院に行った方がいいです…いくら依頼書書いてくれるって言っても、内科の先生なんか"???"だろうし。
担当医は、『介護保険使えるのでお年寄りとかはその辺のお医者さんで書いてもらってることが多いんですよ』って言ってたけど…そういうケースと私の場合はまた話が違うので。
私にとっては、本当に簡単には答えを出せない、結構な難題なので、母と話し合うのは勿論、昔お世話になったリハの先生にも、相談してみようと思います。

とにかく楽しみにしていた、待ちに待った、パシャサ会&握手会。
トレカの交換のお約束があったので、少し早めに出発。
かほりこがダブっていたので、美怜ちゃんのトレカと交換させていただきました。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6447.JPG

パシャサ会では
私が「こんにちは〜。YOSHIMIです〜」と
名乗った瞬間に
美怜ちゃんが「覚えてるよー❣️」と。
…認知されてる⁉️嬉しい😆

今日の私は、美怜ちゃんが好き💕って言っていたラプンツェルのTシャツだったので
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6456.JPG
「美怜ちゃんが好きだから、ラプンツェルのTシャツ着てきたの」と言うと
「そう❗️(ラプンツェルだって)思った‼️」と言ってくれました🤗
気づいてくれた💗

で、美怜ちゃんのパッと見てシャツと書いた色紙がこちら↓
kwCnxXJhQu.jpg
我が家には勿論、残念ながらうさぎ🐰はいません。
うさぎ🐰を飼ったこともないです…😅
最後に美怜ちゃん、「いつもありがとう❣️」
……いやいやそれはこちらのセリフです😂


その後、握手会3部
以下、レポです。
それではスタート‼️

💟私・美怜ちゃん、さっきぶり〜❗️
☪️美怜ちゃん・あー❗️ありがと〜❗️

💟私・突然なんだけどね、美怜ちゃんに「よしみ」であだ名を考えて欲しいの
☪️美怜ちゃん・えー…「よしみ」うーんと、、、「よっしー」‼️
(実は後にも先にも、わたしのことを"よっしー"って呼んでたのは、高3の時のクラスメイトの"りなちゃん"だけです
大体みんな、"よしみちゃん"だから、意外にない発想)

💟私・ありがとう❗️生誕も秋ツアーも大学芸会も行くね!
☪️美怜ちゃん・ありがと〜❗️
💟私・ちゅうおんに行けなかったから、「マリーゴールド」を生誕で歌って欲しいな〜ってお願い
☪️美怜ちゃん・歌おうかなぁ〜(期待してます)

ーここで後ろから、《そろそろお時間です》と言われる

💟☪️私&美怜ちゃん・ありがと〜‼️バイバイ〜❗️
……レポおわり。

とっても幸せな気持ちになれた
たくさん笑顔になれた
3連休最終日でした。
美怜ちゃん、ありがとう。
11月に赤坂BLITZで会おうね。
それまでまた、お仕事頑張ります。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6462.JPG
帰りにスタバに寄りました…おいしかったです😋


↑このページのトップへ