月別アーカイブ / 2018年05月

GW最終日、パシフィコ横浜でのライブ。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5468.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5471.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5469.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5480.JPG
青い空に青い海…海風はちょっと強かったけど気持ち良かったです。 

追加販売のグッズも買いました。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5475.JPG
ポールチェーンは落としやすい(前に一度やらかした経験あり)ので、事前に100均で買ったものにた付け替えました。

座席は2階の真ん中あたりの列、モニター目の前。
りったんの惚れた!(by「ハイタテキ!」)がモニターでアップになった瞬間も良かったけど…「仮契約〜」でラストのサビに入るところの「お願い!同情するなら姫にして!姫にして!姫にして〜!」の真山が最後、モニターを意識して、チュッ😘って投げキスしてて、本当に可愛くて心臓射抜かれたと思いました(笑)

最後に彩ちゃんもすっごい強調してたけど…今日はいろいろてんこ盛りでした。
●ひなちゃん楽曲振り付け決定‼️(26日の新潟公演で初披露予定…高松で聴けるの期待)
●椎名林檎さんのトリビュートアルバムで歌っている『自由へ道連れ』初披露(まさか元彼の好きだった椎名林檎さんの楽曲をこうした形で聴くことになるとは…)
●ファミえんin山中湖@8/18・19決定

ぽーちゃんが「YELL」で歌詞間違えてたけど、「ラララ…」と自然に立て直しててすごいな〜って。

とりあえず今年のファミえんはお留守番です。
その頃にはもう仕事も始まってるし、今回高松に遠征もするし等々考えたら、金銭的にも身体的にも見送ろうと決めました。
秋ツアーの桐生公演を期待してます。
あと、美怜ちゃん生誕ソロ。

次は本当の本当に高松遠征です。

今日も知り合いの方に最寄り駅まで車で送ってもらいました…感謝です。



実は今日は、さくら学院の転入式もありました。
さくら学院転入式について…ナタリーさんの記事を読んだまとめを載せます。

ゆづみんが8代目生徒会長…これは予想外だったような、そうでもないような、かな?
順当にいけば去年の生徒会に2代目教育委員長としていた真彩ちゃんだと思ってたけど、卒業式の送辞がゆづみんだったからもしかして…?!とはなんとな~く思っていました。
だからといって、真彩ちゃんの5代目トーク委員長が予想できてたか?といえば予想外。
逆パターン(真彩ちゃん生徒会長の ゆづみんトーク委員長)はなんとなく想像できてたけど。
麻鈴ちゃんのはみ出せ!委員長は、去年のももちゃんの顔笑れ!委員長とは また違う、麻鈴ちゃんだからこその 役職なのかな…と。
中2から誰かが3代目教育委員長に… は想定してたけど、そよちゃんかぁ。
そよかののどちらかまでは絞れてたから、まぁ納得でした。
華乃ちゃんの2代目パフォーマンス委員長は予想外!
でも真彩ちゃん・麻鈴ちゃん・そよかのが
同時転入だと考えたら、同時に生徒会でも不思議ではない気もする。
(今までのさくら学院にはないケースだけど)
多分役職についたそれぞれが、みんな戸惑ってる部分は多少あるのかな?

転入生…中1に2人は想定してたけど、あと1人はみくみきの同級生かな?と思ってました。
みくみきの1つ下…本当の意味でみくみきも先輩、お姉さんか~としみじみ。

転入生の中1・白鳥沙南ちゃん、野中ここなちゃんと小5・野崎結愛ちゃんの今後も楽しみです。

今年の中3は名前のイニシャルとって、M(真彩) ・ M(麻鈴)・Y(ゆづみ)と勝手に呼んでます。

遂に❗️2018年のさくら学院がスタートしました。
今年のメンバーは全員を転入時から知ってるので、役職についた子は特に感慨深いです。
今年のさくら学院も本当に楽しみです♡
まずは役職についたメンバーの決意表明の日誌と転入生の初日誌を待ってます♪♪
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5505.JPG

早いもので、高松への遠征まであと1ヵ月。

高松行きが決まってから、母&妹からも知り合いからも「え?!高松行くの??」という驚きのリアクションをたびたびされましたが…もうライブチケット取れちゃったし、あとはサンライズ瀬戸の切符確保のみでした。

母&妹に至っては、「本当にあんた、西村京太郎さん好きだよね〜」
「ライブが目的なの?それとも、サンライズ瀬戸に乗るのが目的なの?」と散々言ってましたが。

私としては、ずーっと寝台特急に乗って旅行に行くのが夢だったんですが、夢のまた夢…って感じで。
せっかくエビ中が高松でライブやるならサンライズ瀬戸に乗って行ってみよう!と唐突に思いついたんです。(ある意味ではADHDの衝動性の要素かも)

高松の会場は、今回のツアーの中でも特に収容人数が少なくて、ライブハウスくらいの規模なので、ライブチケットそのものが取れないかな〜と思っていたら、予想以上にあっさり取れちゃったので、「エビ中のライブのためにサンライズ瀬戸に乗って高松へ遠征の旅」が決定。

そうして高松へ遠征に向けて、昨日は高松までの切符を、今日は東京に戻るための切符を確保しました。
奮発して、個室のA寝台(シングルデラックス)を選びました。
NF0Bjyx62T.jpg

高松までの特急券は身体障害者手帳で半額になって、通常の片道料金で往復できるので、寝台料金は奮発しようかと、いろいろ調べた結果決めました。

6月1日の22時に東京駅を出発なので、自宅を20時半前に出て、東京駅に向かう予定です。
2日の7時半前には高松へ到着。
14時過ぎには開場入りして、15時からライブスタート。
そこから2時間弱くらいライブを楽しんで、21時半前には帰りの寝台で高松を出発。
3日の朝7時には東京へ戻る行程になります。

関西より西に行くのは人生初。
当然初の四国…今からドキドキワクワクです。
あとは会場に車椅子席の申請をするだけです。

母と一緒に会社訪問に行ってきました。
直属の上司になる方は、母に対してもとても丁寧に説明してくださいました。
私がエージェントさんを通して、メモにした質問事項には、全てきちんとした回答をいただきました。

●私が相談しにくい環境は作りたくないこと
●過去にも私と似たような症状(この表現が正しいのかはわかりませんが)の方と仕事をした経験は一応あること
●やっていただきたい業務はしっかりとある(法定雇用率を満たすための帳尻合わせなどではない)こと、だから勤務開始日を早めに考えていたこと
●改めて今日のことを双極性障害の主治医に報告後、入社手続きで、会社としては構わないこと
●わからないこと、何か相談したいことがある時に周りに声かけがしにくい時はベルを鳴らせば、誰かが必ず声をかけられるようにしてくださること
●座席図も見やすいようにできる限り工夫すること
などなど……。

母も驚き、恐縮しきりな至れり尽くせりな『配慮』でした。
これなら、きっと双極性障害の主治医も安心してくれると思っています。

まずは、16日に改めて主治医に報告です。

実際に見たり、具体的に「〜しますよ」と教えていただけるというのは、私の特性において非常に大切。
なので、今回の会社訪問は、本当にありがたかったです。

職場そのものはそこまで大きくないし、業務も固定されてくるので、あれも・これも覚えることたくさん!でもないし、自分のやる業務がないから困る…という心配はなさそうです。
通勤も問題なし!
緊張もありますし、良いことばかりではないとは思うけど、細く長くやっていけたらと思います。

↑このページのトップへ