皮膚科受診後に、上司とカフェで☕️面談
いろいろとお話できて一歩前進かな?という感じです
また来月皮膚科受診のタイミングで、改めて面談しましょう…ということになりました
一旦退職すべきか?それともこのまま休職すべきか?まだ結論は出せていないと素直に伝えましたが、上司と面談したことで、何となくだけど、上手くいけば年明けくらいを目処に徐々に会社に戻れそうかな?と感じました
(このまま体調が順調に安定していけば…ですが)
復帰にあたっては、上司が私が戻りやすい環境作りと時間の調整(しばらく3〜4時間勤務からの5時間勤務に戻す)もしてくれるとのことなので、安心しました

上司と別れて緊張から解放されてほっとして…駅まで向かってたら
向かい側から見知った顔が、、、まさかの社長とばったり💦
慌てて「ご無沙汰してます🙇‍♀️」とご挨拶したら
「良いところで会ったからひとつあげるよ」と……
リュックから何かを取り出す社長…どこかからのいただきものらしいパン🥐をいただいてしまいました😅
あーびっくりした‼️😳
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0243.JPG
その後、数年ぶりとは思えない認知行動療法
変わらない先生らしさ満載トークに、聞き入ったり、納得したり、笑ったり。。。
ADHD当事者の先生…ADHDならではの失敗談や怒られた経験も、この先生のお喋りにかかれば、180度変わります
やっぱり先生の、この前向きで、良い意味でいい加減な考え方が好きだなぁと思いました
ちなみに、"そんな子いたなぁ"と、ぼんやりながら私のことは覚えていたらしいです

先生が病気療養に入ったのを機に、私の認知行動療法も中途半端なままになってしまい…そのまま私が転院を選び…(転院を選んだ理由のひとつは多剤投与、もうひとつが先生の認知行動療法を受けられなくなってしまったこと)だったんですが、先生は体調の関係で、復職まで2年近くかかったとのこと
それ以来、何事も無理なく過ごせるように心がけているそうで…私にも自分の信条を教えてくれました
実際の復職経験者の先生の言葉は、かなり説得力抜群❗️でした

先生曰く、私は…《ソーシャルスキルは前から高かったけど、元々根が真面目で、責任感強いもんな〜》とのこと……やっぱり的確 
先生からは、「会社の環境や人は悪くないみたいだから、一旦退職じゃもったいない、だからこのまましばらく休職して、少しずつ復職できたらいいんじゃないの?」と言われ、気持ちが休職→復職に固まったように思います
「これから月1くらいで、カウンセリングを受けていって、復職しても、その日はあえて仕事を休んで、クリニックに来るっていう風にすれば良いと思うよ?」と提案がありました…なので、そういう形にしていけたらいいな、と思ってます
先生に、『過去に総務にいた人が摂食障害で傷病休職中に、総務部内でかなり噂されていたので、自分の双極性障害のことは絶対言えない…と思ったんです』とぶっちゃけたら
『それじゃあ言わない方が良いかもね』と言われて安心しました

他にもいろいろぶっちゃけトークしまくったので、正直ここには書けないようなぶっちゃけも多々あります(苦笑)

50分の枠…のはずが、なんと30分オーバーしてました
途中で先生から、『この後予定とかない?大丈夫?』と訊かれ、『大丈夫です』と答えたら、『じゃちょっとオーバーしても平気だね』って言われたけど、『今日はこの辺で終わりにしようか』って言われて、何気なく腕時計⌚️を見たら……15時半過ぎててびっくり‼️
(開始が14時だったので、本来なら15時頃には終了するはずだった)

発達障害のこと…年金のこと、手帳のこと、診断に至った経緯……もいろいろとお話しましたが、先生は発達障害担当医のことも、療育センター担当医のことも知ってました
発達障害担当医の○○先生は、『バリバリの発達障害当事者の先生だよね』
療育センター担当医の☆☆先生は、『あー…有名な先生だよね』とリアクションされました

以前、双極性障害の気分の波をグラフ化📈📉すると良いと言われて一時期取り組んでいたんですが、それを今回またやってみることにしました
写真みたいな感じです
これも先生が書いた認知行動療法の本の一部…コピーしてくださいました

今回、お手紙を書いてみて良かったです❣️
背中を押してくれた母に感謝してます

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0244.PNG双極性障害向けの体調管理アプリを発見したので、これで気分グラフをつけたいと思います↓
LFPmwuAh_q.PNG_5005.JPG