月別アーカイブ / 2017年07月

今日は、マッサージと鍼を受けてきました。
「相変わらず膝が痛いんです」と零すと、先生も「まだ痛いかぁ〜、今回は長いね」と。
そうなんです、いつもならすんなりとれるはずの痛みなのに、私にしては今回痛みが長引いているんです……なので、整形受診に至ったりもしてるんですが。
鍼を刺すのに、先生が筋肉を触ると、所々明らかに硬くなっているのがわかるんですが……先生曰く『"鵞足筋"という筋肉が炎症を起こして"鵞足炎"になってるのかも知れない』…と。
整形では主に腱や骨は異常がないか診てくれますが、筋肉までは診てもらえないので、そこはマッサージに行っていて良かった点です。
麻痺故に起こりやすい筋緊張をほぐすのに、鍼が効いてくれるのはありがたいです。
この筋緊張をほぐさずにいると、「あっちこっち痛くなる」(先生談)らしいので。
今は処方していただいた貼り薬もあるので、それを貼る箇所も工夫しながら、様子を見たいと思います。

31日が提出期日である、障害基礎年金の診断書。
かなりギリギリになってしまいましたが、先生が何とか間に合わせてくださり、今日無事に受け取る事ができました。
手書きかと思いきや、パソコンで作成されていて、少し驚きましたが…こちらとしても読みやすいので、良かったかなと思います。
前回の診断書を提出した3年前は、私は区のデイケアに籍があり、まだ発達障害とも正式に診断されてもいませんでした。
この3年の間に、発達障害と正式に診断され、デイケアから障害者就労を目標に色々な施設に移りましたが、不適応を繰り返してきました。
従って、3年前よりも社会との関わりの状態が悪くなっているのは、自分でもわかっていました。
あまり具体的には書けませんが、やはり私の予想通りに診断書の内容も、あまり良い状態は記載されていませんでした。
これを週明けに区役所に提出し、年金事務所の方で判断になりますが、秋頃になれば今回の更新についての通知が来るかと思います。
手帳、年金、と診断書の依頼ラッシュでしたが、後は自立支援を残すのみです。


先日療育センターで言われたように、近所の整形外科を受診してみました。
去年、自転車で転倒して肋骨を痛めた時と、施設を利用中に派手に転んで怪我をした時の先生は、整形外科で良い思い出がない私にとって、「ものすごく良い先生」として印象に残っていました(笑)
なので、その先生がいらっしゃる金曜日に受診しようと思っていて、今日ようやく受診に至りました。
麻痺やマッサージの話をしたら嫌な顔をされてしまうかな?とも思いましたが、きちんと話を聞いてくださいました。
「色々と原因が考えられるから、レントゲンを撮りましょう」と言われ、レントゲンを撮りましたが、骨には異常なし、水が溜まったりもしていないし、一番心配していた半月板にも異常なしでした。
実際に先生が膝を動かして、どこが痛いかを探ってくださった結果、私が痛がる箇所が筋のあたりなので、そこを痛めてしまっているのかも…と貼り薬を処方されました。
「貼り薬はかぶれたりしやすいですか?」と訊いてくださり、「長時間貼ってるとかぶれたりしやすいです」とお伝えしたら、「痒くなってきたら剥がして構わないですから」と言ってくださいました。
「鍼も普通にやってくださって大丈夫です」との事。
療育センターでは、「普通の開業の整形外科の方がちゃんと診てくれる事も多いんですよ」と言われていましたが、今思い返すとある意味"当たり"…なひと言でした。
これが療育センターの整形だったら……?あんまり考えたくないです(苦笑)
何はともあれ、大きな異常がなくてほっとしました。

↑このページのトップへ