今日をもって、6年あまりお世話になった、主治医の元から転院しました
最後は看護師さんの問診のみ
呼ばれて行ったら
看護師さんが電子カルテを見てても
処方箋の内容の変更(ミルタザピンからクエチアピンへの変更)を把握しておらず、ちょっと混乱していて、こちらへ逆質問
ここ最近、本当に数日単位でコロコロ薬を変えていたので、ぱっと見わかりにくかったのかも知れないけど…微妙な出来事でした
最後の会話は
「○○さん、じゃあ、お薬出しておきますんで」
「はい、お願い致します」←これまでで最大限の敬語……で終了

そして、診療情報提供書を片手に転院先へ
自分の言葉と自分のペースで、今の状態を伝えられました
今処方されている眠剤が、今の最大量でこれ以上は出せないことを初めて聞かされ
眠剤の効果についても、「本当に何も知らなくて…」と言うと、かみ砕いて説明してくれました
今の処方内容から少しずつ薬を減らしたい…という意向はしっかりと汲んでくれていて、ひとまず寝る前に増やしていたクエチアピンは、なしにしてみましょう……ということに
また2週間後に通院ですが、「それまでに何か気になる不調があれば、私は、水土日といますから来てくださいね」と言ってくださりました
そして今年3回目の採血(もう"採血怖い〜"とか言ってられないこの状況)と簡単な心理検査(木を書くやつとかです)をやって終了

自立支援がちょうど更新手続きのタイミングなので、その診断書は次回お願いすることにしてあります

実は、これまで殆ど先生側から《血液検査しましょう》と言われたことはありませんでした
私自身が採血にずっと苦手意識が強かったので、私からもなかなか言い出せず←
一時期、過去に他の治療でデパケンを服用していたことのある妹からは、「何でデパケン飲んでるのに、肝機能の値を調べようって血液検査全然してないの?!あり得ないよ」と言われていました
妹はむしろ自分から、「次回の診察で血液検査やりたい〜」とか言うタイプなので

実は、妹主治医(普段は大学病院精神科の偉い人?
でも、とても温和で知識豊富、
妹曰く仏のよう)にも、薬についての客観的な意見を聞いてもらいました
Q.こういう薬の処方する医者ってどうなのか?
A.どうなのかというよりも、自分もこういう処方をすることはある
ものすごく調子が悪い患者さんにはこういう処方をしている
患者さんの調子が悪い場合は、そうなってしまう
Q.薬の種類は多いか?
A.自分もやむを得ずこれぐらいの種類か、それ以上出すこともある
Q.処方内容をどう思うか?
A.処方内容は別に変ではない、あり得る
Q.薬の説明が一切ないのはどうなのか?
A.実際は正直なところそういう医者が多い
基本的には薬の説明をしない医者がほとんど
自分は薬の説明は必要と考えているから説明している
↑こういう説明、大事だな〜と改めて思わされました
自分の患者の家族の処方内容についても真摯に答えてくださり、ただただ感謝です
まだまだ信頼関係の構築が始まったばかりですが…私も新主治医には、いろいろと質問できそうです
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0106.JPG改めて書籍で勉強します↑