タイトルはBUMP OF CHICKENさんの
「天体観測」から

0時過ぎ就寝で3時過ぎには目が覚め
その後はほぼ眠れずに、朝から9時45分の予約枠で急遽の診察へ
寝不足とイライラで話す気力がない私の代わりに母が代弁
この期に及んで、笑顔で「大丈夫だから」と言い切る主治医
この今の状態のどこが「大丈夫」なんですか?!
で、結局……薬を再々調整
「うーん…セロクエルを増やしましょう」
は?!?!
それで全然安定しなかったんじゃないの?
だから薬をミルタザピンに変えたじゃん?
違うの?と思う私
母も薬について言及するものの、主治医は「必要な薬は使わないといけませんから」の一点張り
9月24日から約2週間の間で、薬をコロコロ変えすぎでしょ??と、悪い意味で何も変わらない現状に、イライラ爆発な私
頭痛外来で処方されたリボトリールとミルタザピンの相性が悪かったことは、主治医も認めていましたが、前回の診察ではリボトリールが処方されたことメモで伝えてる…じゃあ、メモをしっかり見てなかった、ってこと?
母は薬局で薬剤師さんを質問攻めに
自分の主治医にも、私のお薬手帳のコピーを見せて、相談してくる!と
客観的に見て、前の先生
※かなりの多剤投与をしていて、それを家族中(あの父でさえも、そんなに薬飲んで大丈夫か?と口にした)から問題視され、私が薬の量について尋ねても「種類は多いけど、全体的な量は少ないから大丈夫です」のやりとりが続いた
と同じ道を辿ってる…と言われました

私自身は、最早誰を頼って、誰に相談して良いのかわからなくなって、途方に暮れて……MRIと血液検査の結果を聞く時に頭痛外来の先生に相談かな?と考えるのが精一杯
"もしかしたら、もうMRIと血液検査の結果が出てるかも?"とダメ元で確認の電話を入れると、「もう結果出てますね」とのことだったので、急遽頭痛外来の先生のところへ
現状とリボトリールの服用について相談しました
頭痛外来の先生はあっさり
「頭痛にはメンタル面の安定が一番大事だから、今の状態ならリボトリール半錠はやめても良いよ
でも、もしそれで頭痛がひどくなったりする変化があれば、その時はまたリボトリール半錠は復活させてね」と言ってくれました
血液検査も特に大きな異常はなく(中性脂肪が軽〜く引っかかった位)、MRIの画像の解説を聞きました
「脳室の拡大が診られたけど、多分それは元々の脳性麻痺から来るものだと思うな
これが、脳動脈瘤ね…0.2ミリかな
一般的には0.5ミリまで大きくなると危険
くも膜下出血とかを引き起こすやつね
だから、年明けにもう一度検査して、大きくなってなければ、年に一度定期的に検査すれば大丈夫」
えー!私が、脳動脈瘤?!この年齢で?!
でも、先生の《くも膜下出血》にひとつ心当たりが
「母方の祖母が、(私が産まれる前ですが)くも膜下出血やってるんですけど…遺伝的なものもありますか?」と尋ねると
先生の回答は「YES」でした

今年の私の健康運、微妙すぎる。。。
●ジェットコースターのような今のメンタル面
●頭痛悪化からの脳動脈瘤発見
●眼科定期検査からの視神経乳頭&緑内障のリスク発覚

精神科歴、丸13年目になろうとする今
また新たな主治医を探さないと
《安定》という未来が見えて来ないように感じます