9月最終日の昨日、頭痛外来で重要なMRI検査は無事終わりました
……が、私の心は未だ不安定です
今日、母が現状を上司に報告しに行くのもあり、昨日の朝に、いろいろと今後について訊かれたんですが、、、全く考えられませんでした
どうにかして考えようとすると、気持ちが鬱の方へどんどん落ちていく有様

家族に迷惑をかけたり、心配をかけたりするから
《泣きたい、けど、泣けない》
《大きな声でわめきたい、でも、わめけない》…ので、イライラが溜まっていく一方。。。
そして、昨夜は薬を飲んでも全く眠れずに、夜中の1時半頃、ようやく就寝
そんな遅い時間に寝たにも関わらず、アラームなしで5時半過ぎには一度目が覚める
今日の夕方が診察だったので、その時に主治医に伝わるように、1週間様子を見ていて、自分の中で気になることは全て携帯のメモにまとめていましたが(前回同様にそれを印刷して渡す)、まだまだ睡眠リズムがめちゃくちゃで、まだまだ気持ちの波も激しめかな……というのが、私なりの1週間のまとめでした
会社側からはメールも、LINEも、あれ以来来ていませんが……上司からのメールや同僚といえる同じパートさんからのLINEは、不登校だった頃の《早く学校来てね、待ってるよ》的なお手紙が来たことや、大した仲良くもない同級生達が、配布物を持って、我が家に突然押しかけてきたことと重なりました


10月初日の今日
まずは、歯科の定期検診
私が唯一タメ語で話す、今関わる先生方の中で、一番付き合いが長いせいか、未だに子ども扱いな歯科の先生
でも、今日はほぼ私と同世代と思しき若手の先生に途中でバトンタッチ
若手の先生にバトンタッチした途端に、身体に力が入ってたらしく
「力を抜いてください」と言われる私
何とも言えない、独特の語り口で、リラックスさせるのが上手い先生なら…絶対こうはならないなぁ……と思わされました
手際の良さとか何から何まで、全てにおいて、テンポ良くいくことが、先生が違うだけで、こんなに違うんだ。。。と感じました

そしてその後、母と落ち合って、この1週間の経過観察『必ず復帰できるから!大丈夫!
今はしっかり・ゆっくり休みましょう
ここまでせっかく一生懸命頑張ってきたから、ここでまたしっかり休んで復帰できたら、ひとつの成功体験になりますよ』
と何故か笑顔で自信満々の主治医
主治医の言ってることは最もだし…
よーーくわかりすぎるくらいにわかる…
だけど、今の当の本人にはそんな自信なし……
復帰の未来図すらまるで描けない……
いつもはありがたいポジティブシンキングも、今日に限っては"何で先生、そんな自信満々なの??"と甚だ疑問でしかない

結局、増やしていたセロクエルはあまり効果がなかったので、別のミルタザピンという抗うつ薬にチェンジして、また1週間様子見になりました
当然現時点では復帰時期がどうとか、そんな話どころではないし…
ピアノももうかれこれ2週間近く触ってない(触る気が湧かない)し…
いつもならうるさいくらいに聴きながら歌っている音楽も聴く頻度は激減してるし…
ゆずぽんのライブの後にちょっと何曲か聴いたくらいで、後はオルゴールくらいしか聴いてない
『何か、これしたら楽しいことってありますか?』と主治医に訊かれても……これ!というのはあまり浮かばない。。。
普段なら『○日が☆☆のライブだから!』とか
『○日に□□の申し込みだから!』とか
そういうことを一番に考えて、頑張るタイプなんですが……それもあまり心に響かず
比較的調子が良い時に見て、何となく笑える動画はあるにはあるので…それくらいです

とにかく毎日の気分の波に振り回されて、辛い、しんどい、今はそれが一番なので



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0036.JPG