眼科の定期検診に行ってきました
初診扱いなので、予約の30分前に到着していないといけなくて…6時45分起き、8時過ぎには出発

検査に呼ばれた…と思って行くと
視力の検査と眼圧検査だけで、「はい、次診察でお呼びしますね〜」
………あれ?斜視の検査は??
結局もう1回検査に呼ばれて、斜視の検査だけ別にやりました
なんかすごい2度手間感が。。。

ようやく診察

新しい先生は、前の先生の同期の先生

まさかの先生も双子で

先に呼ばれた妹と比べて

「双子さんなんですね〜

もっと似てるかと思いました、あんまり似ていらっしゃらないんですね」から始まり

先生・「実は私もね、双子なんですよ〜 

YOSHIMIさんが、お姉さん?ですか?」

私・「あ、はい そうです」

先生・「私は妹なんですけどね 何分差ですか?」

私・「うちは7分差です」

先生・「私は3分差です」と、まさかの眼科と全く関係ない、双子トークで盛り上がる←

肝心の検査結果は

視力両目1.0…やっぱり健康診断結果より全然良い数字

斜視も悪くないとのことで安心



今回は初診扱いだったので、何年?何十年ぶり?に

念のための眼底検査をしたら、目薬で瞳孔を開いたせいで、見え方にすごい違和感が。。。

眼底検査の結果…妹共々、《元々視神経が細くて、視神経乳頭(初耳)なのが気になるので、緑内障の可能性がないかどうか、念のため眼球の写真を撮る検査をしたい》と言われる展開に……これは眼科歴20数年にして初の出来事

その結果…先生の意向で、なるべく早く1度視野検査をしたいということに

本当は最初は1年後でも、って言ってたんですが…

先生が思ってたよりも、私の検査結果が良くなかったので……(同じ検査をした妹より私の方が微妙に悪かったらしい)

まだ年齢的に若いとはいえども、強度近視の人は緑内障のリスクが高いから、念には念を入れてきちんと検査したいと先生

直接的には早産と未熟児の影響ではないけれど、強度近視の原因を辿れば、早産と未熟児だったから(でも未熟児網膜症ではなかった)ですね…と先生から言われ、11月の末に視野検査の予約を入れました

そんなこんなで諸々ありまくりで、9時半前に病院入りして、会計まで終わったのはなんと14時………

小さい頃からよくあることで、慣れてることとはいえ、疲れました。。。。


この10数年間、視力と斜視しか診てこなかったので、今回の診察・検査結果は戸惑いも大きかったですが、逆にここまで細かく診ていただけて助かりました

まずは11月末の視野検査次第です




今日は、本当なら午後からレッスンでしたが、精神的に不安定なのもあって、延期にしていました

思っていた以上に、眼科の検査に時間がかかったので、逆に延期にして良かったです