昨日のブログ更新後に、久々に癇癪を起こしました。
その辺のチラシを手当たり次第ビリビリにして、もう会社辞める!!となりました。
そして珍しく酷い鬱状態に。

仕事を始めてもうすぐ1年。
良くも悪くも「慣れ」故の諸々が出てきました。
今回は悪い意味での「慣れ」の弊害かなと思います。
日々の仕事の中で、いろいろあれこれこなすように見えて、実はいっぱいいっぱいな日も多く、最近は完全にキャパオーバーでした。
業務を行う上で、5時間勤務じゃ心身共に余裕が足りないと感じながらも、5時までの勤務が契約なので、周りに申し訳なさを感じることが多くあったり、戦力と言われることが嬉しくもあり、プレッシャーでもありで…仕事上でのストレスが知らず知らずに溜まっていたようです。

そんな私の様子を今日の診察で聞いた主治医も少々驚き気味…最近ずっと安定していたので、無理もないです。
診察で話して少し楽になったけど…根本的な解決は当然会社との話し合いによる妥協点探し、というのが主治医の結論。
母は、私が癇癪を起こしたのと、長文のメールから危険度が高いと察知したのか、夕方に上司と話し合いに向かってくれました。
多分、上司はここまでの大ごとになってるとは考えてなかったと思います…何気ないいつもと変わらない面談だと思っていたはずです。

鬱が酷い私は、普段なら滅多に連絡しない母校に電話。
恩師に、会いたい、話を聞く時間を作って欲しいと、お願いしました。
仕事で辛いことがあって…と、半泣きで電話してるのに、何も言わず、直近で空いてる日時を教えてくれました。
「その日ならお話聞けるよ」と。
わがままだって、甘えすぎてるって、わかってるはずなのに、何も言わずに時間をくれる恩師。
そういう優しさとか器の大きさがすごいと思うし、大好きだし、尊敬しかないです。


そしてレッスンへ。
ずっと課題だったバッハと「サイレント・イブ」を合格させることができました。
サイレント・イヴを弾ききったら、「これは誰の曲?」と先生に改めて訊かれたので…辛島美登里さんとお答えしたら、シンガーソングライターの方の作曲はその人の考え方とかが出るのよね…と言われ、脳内に愛子ちゃんが浮かびました
愛子ちゃんのピアノ楽譜欲しすぎる。。。
ぷりんと楽譜さん、お願いします!!
とか言ってたら愛子ちゃんの新曲のお知らせがありました。

次の課題曲、バッハは
こちら↓
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8070.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8071.JPG
そして、ユーミンさんの「春よ、来い」↑

もう一つの候補曲の「愛は勝つ」の楽譜は、単調で転調が多い曲だから
『ワンフレーズだけでも弾ければいいんじゃない?』とのこと
むしろ、「春よ、来いは」の方を、じっくりと取り組んで欲しいという先生の意向もあり、そうすることに。

弾きたかった曲を楽しく弾けるようになることが一番の目的だから、曲がひと通り仕上がれば、あとはそれを私が工夫して、曲として充実させて欲しい、あれこれ口うるさく言うつもりはない…と先生。

毎日疲れきってても、練習してて良かった。
今日のピアノが楽しかっただけ良かった。
好きなことは楽しめてるから、まだどん底には行ってない。
本当にダメになってたら、ピアノには行けなかったはずだから。
『ピアノを通して、充実感とか達成感を感じて欲しい』
という先生からの言葉は、すごく嬉しかったです。
少しでも気分転換になって良かったです。