今日は、ピアノのレッスンに行ってきました。
今回までの課題だった音階の復習とブルグミュラーの「子供の集会」はひと段落。

自分で練習してて、「子供の集会」が今回で片づくと考えていなかったので…次の課題をどうしようか?とか全然考えていなかった私。
とりあえず先生から言われたのは
●引き続きの音階の復習
今回は
ハ長調とイ短調の和声的音階と旋律的音階↓
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5626.JPG
xaHCy082uw.jpg

●バッハ好きの先生指定のバッハの楽譜を用意して、(この週末に銀座の山野楽器の周辺に行く予定だったのでグッドタイミング👍)一番ポピュラーで私も暗譜で演奏できるくらいに弾き慣れている、バッハのメヌエットの復習。
GOqcWQj3_a.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5622.JPG

それに加えて、私が弾きたい曲として久保田早紀さんの「異邦人」をセレクト。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5621.JPG
この曲はメロディーが特徴的なので、ちょっと難しいかも…知れませんが、気長に取り組むつもりです。


来月以降、1日の中でどのくらい練習時間が確保できるか?が全くわからないんですが、無理せずにやろうと思ってます。 
課題としてやることはきちんとやって、時々クラシックの良さを感じながら、時々弾きたい曲に取り組みます。


今日の先生、ミスタッチをして改めて弾き直した私に一言。
「失敗したら、最初から弾き直さないで。
失敗したところから弾き直した方が発見があるんだから。
こう言ったら変かも知れないけど、失敗した!→ダメだ!じゃないのよ、失敗した!→ラッキー!って思って良いのよ」
本当に、毎回毎回が濃い勉強の時間です。