月別アーカイブ / 2019年12月

今日は第13回目の情報リテラシー論です。
次回は冬休みを挟むので一区切りですね。

今日のテーマは画像認識の技術と流出問題です。
まずピンタレストというサービスについて
聞きました。これはさまざまなジャンルの写真
を集めたサービスです。
そんなサービスで近年ではいいデザインを
見つけてパクるという人がでてきているそう
です。怖いですね。
また近年では画像そのものを検索するということができるようになってきています。
これはすごい技術です。これができれば
デザインをパクったとしても簡単にバレて
しまうのです。だからパクるということも
簡単にできないのです。
そして最近では若者は多くInstagramを
検索エンジンとして利用し始めているという
ことです。
私たちは普段の生活で実感していると思います。
やはりInstagramの方がより濃い情報を
得られるような気がしますよね。
また、Instagramのほうがよりおしゃれで感度の高いものがたくさん出てきますよね。
ところでみなさんは
お絵かきをしてくれる人工知能のサービス、人物を自動で切り抜いてくれるサービスを知っていますか。これからそんなサービスを紹介しようと思います。
まずAIがお絵かきを補正してくれるサービスのAutoDrowです。これは絵を描くのが下手な人でも途中まで描けば、そこから上手い絵に変換できるというものです。
次に切り抜きサービスremove.bgです。
これは人や車、鳥など特定のものを指定してそれが写っている写真からそれだけをきれいに切り抜いてくれる無料のサービスです。その精度とスピードがすごいのです。ぜひ使ってみてください。

では今日はこんなところで終わろうと思います。
サヨナラ〜

本日は第12回目の情報リテラシー論でした。
今日はなんとラジオ回です。
いまの時代にあえてのラジオ回です。

まず先生の人生においてのラジオの関わり方について聞かされました。
なかなか面白かったです。
昔ながらの厳しい家庭エピソードが聞けて
よかったです。
ちなみにAMは遠くまで電波が飛ぶが音は悪い、
一方FMは遠くまで電波が飛ばないが音は良い
というメリット、デメリットがあるそうです。 
また、現在はインターネットによるラジオ放送の
「radiko」というサービスが始まっています。
やはり、ラジオも時代に合わせてその配信の形を
変えていっていますね。
ところで、みなさんはもう使わなくなったスマホなどはありませんか?
そんな、スマホを利用できる画期的なイヤホンが
発売されています!
なんと、そのイヤホンさえさせばSIMなしネット環境なしでもスマホがFMラジオになるらしいのです。気になった方は是非チェックしてみてください。
そして、今特に音声を文字起こしするということが検索に強い最強のコンテンツだと言われています。
なぜなら音声というのは検索ワードに引っかかりません。しかし文字起こしされたならそれが検索に引っかかるのです。これは大きな革命です。
これからはより文字起こしということが重要になってくるでしょう。
というところで今日のまとめは終わろうと思います!さよなら!

さて、今日は第11回目の情報リテラシー論に
ついてまとめていこうと思います。

現在ではインターネットなどの普及によって
「ググれば分かる」時代になり若者の
文字離れが特に深刻化してきています。
またそれによって若者の知能が低下して
いってしまうと危惧されています。
それは今まで読んでいた本を読まなくなって
しまったことも大きく影響しています。
また、文字離れによって新聞なんかはモロに
影響を受けており、購読者はどんどん
減っていっています。そしてそのため新聞各社ともweb版に力を入れるのですが、
その購読者は伸び悩んでいます。

また、文字離れによって本屋の数も減少してきています。
その中で新しいサービスも生まれてきています。
例えば電子データを読み込んでその場でプリントアウトして本に成形する自販機などです。
それに加えて本を誰でも簡単に作れるサービスも出てきました。
今ではAmazonで一冊単位から自費出版できる
ようになりました。特にAmazonのサービスは画期的でうまくいけば、コンビニにも無名の作家さんの本が並んだりし得るのです。

ここで少し話が逸れるのですが、名刺を
使うようになったら名刺管理アプリEightが
便利だそうです。なぜ便利かというと簡単に
名刺を読み込め、すぐにお礼のメールが
送れるからだそうです。
これは社会にでてから、就職活動で
役に立ちそうです。

このように今では紙媒体を電子媒体にしていく
という流れのもと、そういったサービスが多く
登場していっています。これからも新しいサービスが出ていくでしょう。

↑このページのトップへ