握手会第2弾、参加してきました。
今回は
安本さん、廣田さん
安本さん、中山さん
小林さん
小林さん
という布陣で挑みました。

前回の反省を活かし、しっかり声を張ることを目標に、いざ出陣。

だが相変わらず、動悸、発汗、痙攣と、私の身体は意に反してバグり始める始末。
だが負ける訳にはいかない。
前進あるのみです。




・第4部


我「クコッこんにちは」
安本さん「こんにちは!」
我「ウェッあの~安本さんの歌が、めっちゃ好きでして…」
安本さん「ありがとうございます!」
我「もう、めっちゃかっこいいです!」
安本さん「(なんか笑顔)」
我「なんかもうあの~………めっちゃかっこいいです!」
安本さん「あははは!!ありがとうございます!また聴きにきてください!」
我「めっちゃ行きます!」

ーーーーーー剥がしーーーーーー


我「こんにちは!」
廣田さん「こんにちわ~」
我「スッスッステキナ思い出を、ありがとうございました!」
廣田さん「うん、ありがと~!!」
我「これからも頑張ってください応援してます!」
廣田さん「頑張るねありがとう!」

ーーーーーー剥がしーーーーーー




・第5部


我「あ、どうも…」
安本さん「こんちは」
我「とまらないでーむねのおーくーの、くーの部分めっちゃビブラートみたいになってません!?」
安本さん「ほんとですか!??」
我「ライブでなってましたよ!」
安本「えっびっくり!」

ーーーーーー剥がしーーーーーー


中山さん「よろしくお願いします」
我「塾講師やってるんですけど、生徒が中山さん推してました」
中山さん「ほんとですかー!」
ーーーーーー剥がしーーーーーー
中山さん「(上見ながら)アベッkjpいf」
我「(!?!?)」




・第6部


小林さん「こんちわー!」
我「こんにちは!春の嵐のサビのフリ、小林さんめっちゃカッコイイです!!!」
小林さん「ほぇー、ありがとうございます!」
我「カッコイイです!」
ーーーーーー剥がしーーーーーー
小林さん「(春の嵐のサビのフリやってくれる)」
我「ウェッ!(フェンスに激突する)」




・第7部


小林さん「こんちわぁ~!」
我「いや~もう、半端ねえなおつかれ!って感じですね!」
小林「いや~半端ないっすね!」
我「半端ないっすよね!」
ーーーーーー剥がしーーーーーー
小林さん「いや~、半端ないっすよね!」
我「(笑)」
小林「おつかれ!って感じっすよね!!」
我「(笑)」





かなり緊張していましたが、普通にお話をして楽しむことができ、パフォーマンス向上したと思います。
本当にありがとうございました。

HERE武田さん風に言えば、
「小林さーーーん!!!」
です。ありがとうございました。

追記:
安本さんの「むねのおーくー」の「くー」の部分ですが、tokufuku LIVEの「君のままで」ですね。
踊りながらですので、身体の作用から喉が震えた?ようですが、やはり本人は気づいてなかったみたいですね…(^^;
私はtokufuku LIVEの「君のままで」聴いたとき、胸の奥にグッと刺さる想いがしました。
安本さんならではですね。