月別アーカイブ / 2019年11月

こんばんは、ザンゲマンです!

懺悔します。

田舎者のおじさんのくせにパリピに憧れてすいません。

あい、懺悔します。

皆様すいませんねぇ。自分変えたくて、ピアノゾンビに入れたこのタイミングでパリピになろーとしたけど、やっぱムリがあっだねぇ。ぽんぽんぽーん、だけでは騙せなかったねぇ。すんません。

なまってて恥ずかしかったけども、熊谷ではホントの自分でみんなに挨拶できてよがったよ。これからもよろしくね。

字はなまらないから、ええねぇ。(骨)

しがし、バクシンかっこえーね。
また、一緒にやりたいよ。

では、また、みんな吉祥寺で会おねー。

とにかく久しぶり過ぎて、書き方わかりません。

なので、コレが無事に皆様のお目にかかれるのか半信半疑のまま、書き進めようかと思います。

最後に全部消えたら、もう二度と書きません(嘘。

それはそうと、まずは僕がブログもロクに更新せず、民の方々から散々「ヘルプさんもっとブログ書いてください!」と言われ、「あ、そうね。気が向いたらそのうちね!」などという、断続的且つ曖昧な塩対応にもめげずに、我がピアノゾンビのライブに足繁く来てくださっている民の方々に、この場を借りて熱く御礼申し上げたい次第なのでございます。


さて、昨今のピアノゾンビを取り巻く関係各位を席巻し、にぎわせております期待のニューカマー「懺悔マン」。

一体何者なのでしょうか?

まだ、僕としては正直ライブで2回お手合わせしたくらいでは、彼の特質はつかめていません。

そりゃそうですよ!

まだ2回!

ひょっとしたら、民の方々のほうが先にしっくり来出してるかもしれませんね。

昨日2回目のライブお手合わせで、気づいたことはたぶんあまり歌はお上手ではないということですね。
の、わりに振り付けなどは往年のゲボク氏を彷彿とさせるキレがあります。

連日懺悔したくなるほどやらかしてる男にしてはあの異様な風貌からして、自ら懺悔を求めているのではなかろうか?欲しがっているのではなかろうか?ひょっとしてガチのゲ◯の人なのかもしれないと、楽屋でハラハラしております。

民の方にお知り合いの人がおられましたら、ご一報くださいませ。そして、噛めば噛むほど味の出る男「懺悔マン」をまずは暖かい目で見守ってあげようではありませんか。


ハイ。
で、先日ピアノゾンビのツイートでボソっと呟いた僕の疾病の件ですが、昨日もたくさんの民の方々から「大丈夫ですか?」とお声かけを頂戴しまして、凄く心配いただいていることを実感しまして、これはもう少し具体的にお話ししておいたほうが良いなと。

あのですね、
僕の疾病は突発性の難聴とゆーやつでして今は重度のヤツでは無さそうですが、酷くなると身体のバランスが取れなくなって立っていられなくなるらしいのです。
僕はある特定の周波数の音が通常よりも聞き取れなくなってしまっているらしく、バランスを保とうとする三半規管がちょっとしたトラブルを起こすみたいです。

それに伴い、僕の身体がその状況に慣れていくように調整していくような治療になるのですが、良くなるのか悪くなるのか、わかりません。今後の音楽活動もそれ次第ということになると思います。

なので、民の皆さまにはご心配とご迷惑をおかけしてとても心苦しいのですが、お察しいただけますとありがたき幸せでございます!


それより、ゲボクに続いてホネヌキマン様に即クビ宣告されないかと恐ろしくて僕の自律神経のほうが先にやられそうです。


でわまた!


ちゅりーす!
ザンゲマンっす!

懺悔します。

懺悔することを忘れてました。

懺悔します。

まぁじ、かんべんっす。


いや、ホント。すいませんっす。

そもそも忘れるとゆーより、気づかないっすね。色々と懺悔しなきゃいけない事しでかしてると思うんすけど。なかなか自分では。すませんっす。

そーゆー人いるっすよね。空気読めてねー的な。つまり、わたし的な。きーつけまっす。ちゅっす。

そんなことよか、最近、暖房器具を部屋に置いたんすけど、たまんねーすね。冬好きになりそーす。まじ、そこから動けねーす。あったけーす。はっきり言って、ハワイ。たまんねー。あったかいなぁー。

みなさん使ってますか?セラムヒート。高いけどあったかいす。わたしは古いのを人にもらいました。まじパーティー。ラッキーだなー。あったかいなぁー。ゴロゴロしちゃうなぁー。

あ、明日あいてる?熊谷でバクのシンシンとパーティーよ。初めて会うからど緊張や。嫌われねーといーなぁー。

にしても、ゲボクさんのしごきが意外ときちー。HEY!YOU!の動きとかよくわからん。なんかアルファベットんとことか、まじまんじ。みんなの見てマネしますわ。みんな間違えないでくれっすよ。ちゅっす。餃子パーリー!


じゃ、熊谷で。
またあいー。

↑このページのトップへ