月別アーカイブ / 2019年10月

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8783.PNG


おはよう。

諸君。


ご苦労。



私だ。


ライブ終わって、
打ち上げも
盛り上がり、
よっしゃ次だー!
結局朝まで
騒いでた私です。

気づいたら
機材車に全部荷物のせたまま
先に帰ってしまったので
私は手ぶらです。
とりいかないと。
めんどくさ。



ずっとみんなと
ワイワイしたかった。
なぜなら
次の日
ついに
親知らずの
抜歯だから。


親知らずが
虫歯で
ボロボロで
抜けなくなるから
早く抜こうと
先生に言われて
ほんとは
先週抜く予定だったんだけど
先生、ワンマンあるから
やっぱ
不安だから
終わるまで待ってー。
てなわけで
ワンマン終わって
すぐ抜歯です。


先生に
ライブ終わりました?
と聞かれて、
うっす昨日終わりました。
と答えました。
朝までお酒飲んでワイワイしてました。
なんて
言えないので、
さらっと答えました。

これは
もしかしたら
歯茎切らないと
抜けないかもしれません。
と先生。

私は
もうワンマン終わったから
はい。遠慮なくどーぞと。


前回神経抜いたはずの
歯が
詰め物する時超痛くて
痛いって言ったのに
無視されたので
ちょっとびびってますが、
今回は
麻酔ありなので
大丈夫でしょう。


そんで
口開けて
ぼーっとしてました。

お、出てきたぞ。
よし。

なんか出てきたみたいです。

助手の方がさっきから
やたら
吸引するやつで
くちびる吸ってくるんすけど
きっと
手元が狂ったわけではなく
くちびるに血がついたのでしょう。

なんて
思ってたら
終わりました。

え?
もう抜けた?


先生が
これです
先っぽは
もうボロボロです。

捨てていーですよね?
と、

あれ?
親知らずって
なんか
歯の形のかわいい
入れ物に
入れてくれると思ってたんだけど、

要りますか?
ってきかれたら
一応持って帰ろかなーって言えるけど、

捨てていーですよね?
ってきかれて
いや
持って帰りますとは
言えないのよ
小心者だから。

いや
いらないんだけどさ、
一応
さっきまで体の一部だったものだし
虫歯とか
観察したかったかなー。

それに欲しかったな
可愛い歯の形の入れ物。


来週は
とれたままの詰め物入れて
再来週から
歯を作り出しますね。

あー
あとどれだけ
通えばいーんだ。

まだ
下の親知らずも
残ってるのに。。


先生今、金歯っていくらっすか?
って聞ける雰囲気じゃないぜ。
小心者だから。

お疲れ様です。あざっしたーって言って
会計したら
めちゃ安くて、
歯を抜いたのに
こんな
安いの?

なんかすんません。
って思った。


プリンとか
ゼリー沢山買って帰ったけど
全然痛くないから
フライドポテト食べたら
傷口近くに刺さって痛かった。(歯)


あとは
安静にしなきゃと
ずっと
寝てました。


こんな簡単なら
もっと早く抜いときゃよかったぜ。

下の親知らずは
結構大変そうだけど、

先生!差し歯にLED仕込んで光ったら
かっこいーすよね!
とか言ってみたいけど、
怒られそうだから
言わない。

普段の生活なんて
こんな
もんですよ。

むしろ
抜歯なんて
一大イベントだから。

いつも特に書くことないや。


でも
あんま
書かないと
怒られてしまうから
また
書くようにしよう。


きっと
これからは
ZANGEMANが
毎日プチ懺悔を
書くはずだよ。

だから
私は
時々書く。

いやしかし
他のメンバーが
書けよって話ですよね。

みんなも
言ったほうがいーよ。



短いのって書けないんだよね
なんだか。
だから
短いの毎日とか
無理なのよ。

呟きとかもないしな。

だから
ツイッターとか
やらないし、
結局日記しかないんだけどさ、

最近ね、
なんか
メール、
iPhoneのメールのとこ
絵描けるように
なってることに
気づいて、
うっひょー!
ってなったんだけど、


んで
ハイテクじゃーん。
って
描いてみたんだけど
何個か。

いや
指で
この小さい画面に
描くの
難しい。

拡大とかそこまでできないし、
指で隠れるから
うまく描けない。


でも
タッチペンを
わざわざ買いたくない。

指だ。
指でうまくなろう。

しかし
そのうち
飽きそうだ。


意外とね、
トークライブとか
配信とか
沢山喋ってるから
いざ
じっくり
文字にして
書いてみようって
こと
ないのよね。


皆に
伝えねばならない
とかも
ないのよね。



例えば
下僕とかと
何時間も
盛り上がる話とかも
文字にすると
くだらないというか
下僕以外には
伝わらないかなーとかさ。



深夜はさ、
なんか
ずっと
サーーーー
って
音がしてる。

外から
してるのか
頭の中で
してるのか
わかんないけど。

換気扇の音じゃないことは
わかる。


雨が降ったら
ピトピトって
水滴の音。

車が通ったら
ジャパパパーって
水溜りが弾ける音。

あー雨かーって
布団に潜って丸くなって
よくわかんないけど
えへへってなる。

寒い朝に
潜り込んだ布団の中で
丸くなって
布団の中だけが
僕の世界だって
もうお外には出ないぞって 
今日は休みで予定もないからなって
そうすると
なんか幸せじゃん。


特にワンマンとか
終わると
しばらく抜け殻みたいになる。
ぼけーっとしてる。

あれだけ
沢山やることあって
間に合わないよーって
とこから
いきなり
何もなくなると、
これで
いーのかなって不安にもなる。

だから
日記書いたりしてんだな。

でも
やっぱ
抜け殻を楽しんでる。

歯医者くらいしか
予定ないし、
今は
お酒飲んだら
治りが悪くなるから
飲んじゃダメだから、
よー飲みいこーぜー!
とかもないし、
なにせゼリーとプリンという
この世でトップクラスに
かみごたえのないものが
冷蔵庫に沢山入っているから
よーご飯いこーぜー!
とかもなしだ。

しかし
フライドポテト食おう。


なぜ
フライドポテトを食べるか?
好きだからだ。
しかし
それだけではないのだ。


つい最近のことだが
私は
急に
ノンフライヤーが欲しい気分になった。
欲しい欲しいと。
家で
揚げ物は正直レベルが高い。

しかし
ノンフライヤーがあれば
フライドポテトも
唐揚げも
食べ放題だと。


しかし 私は
知っていた。
学習していたのだ。

きっと
すぐに
飽きて
使わなくなると。


ミキサーなんて
2つあるし、
コーヒーメーカーなんて
4つある。

めんどくさくて
使わなくなって、
しまいっぱなしにして、
あれは古いから
新しいの買おうってなって
また
使わなくなるの
繰り返し。
しかし私は
ノンフライヤーはめちゃ欲しい。

ただ
デカイから使わなくなった時にしまう場所がないと気づいた。
そこには
先輩の
ミキサーやら
たこ焼き機やら
ホットサンドマシーンやら
コーヒーメーカーやらが
ひしめきあっているから、
新入りの
ノンフライヤーが
一番場所とったら
生意気じゃないか。

しかも
そこそこお値段するし、
別にオーブンレンジあるから
いらねーやと
無理矢理自分を抑えつけた。


しかし
周りには
ノンフライヤーいいよねと
言ってしまっていた。

抑えつけきれず
漏れてしまっていた。
それに
気づいて
慌てて
いやでもまー飽きるよねーとか
支離滅裂なこと言ってたりした。
さっきまで
火も使わないし、
ヘルシーだし、
冷凍ポテト買えば毎日ポテトパーティーだ。
なんならパンもお魚も
ケーキだって焼けるぞと
騒ぎたて
気持ちが漏れまくっていたのに、
急に
使わないよねー
邪魔だよねー
と自分を説得しだすんだから
周りの人達は
どっちなん
こいつ大丈夫か?
ってなるわけさ。

以前
チーズケーキ自分で焼いたら
食べ放題じゃん!
って思って
色々器具揃えて
焼いたことあって
結局
買ったほうが
楽だし安いわって
そんな食わないわって
一度しか使わず
器具達は
そのままキッチンの墓場へ。

だからもう
衝動買いはやめようと。
無駄はやめようと。

我慢したのだけれども。

私の漏れた心の声を
聞いた優しい人が
同じく
ノンフライヤーを買ったけど
全然使わなくなった人に
それを伝えた結果
ノンフライヤーちゃんを
貰えることになったのだ。

くれた人のためにも
お前は
墓場には送らないと誓った。
なにせ
デカイのだ。

なので最近は
フライドポテトと
唐揚げを
カリカリに
して
毎日楽しんでいる。


ゴオオオオオオーっと
とてつもない
大きな音を立てて
夜の静けさをかき消すそいつは
しかし
タイマーが0になると
チンッと
やたら安っぽい気の抜けた音で
美味しいポテトできあがりましたよと
私に教えてくれる。


そう
ノンフライヤーは
やたら
時間がかかるのだ。

チンに気づかないと
冷え冷えの
ポテトが
恨めしそうに私を
見つめてくるのだが、
これ以上
ノンフライすると
焦げるので
冷え冷えのまま
頂くか、
レンジで
あっためなおして
フヤフヤに
戻った
ポテトを
食べるかの
二択を迫られる。

しかし
ケチャップかければ
どっちみち
美味しく頂けるのだ。








ほらね、
特に
何もないから
こういう
中身のない
長文作品が
できあがるのだよ。


みんなも
歯は大切にね。

痛いの我慢するの
偉いことじゃないぞ!


僕らは
やっぱ
我慢が美徳だ
みたいな
昭和の感性によって
作られたわけで
私なんかは痛み止めとかも
あんま飲むと効かなくなったりするし
薬とかもあまり飲むなと、
自然治癒力を
高めよと
洗脳されてきたわけ。
でもね、
思うのよ。
令和になって思うの。
我慢していいことなんてないわ。
痛み止めのまなきゃ。
歯医者行かなきゃね。
自然治癒力で
虫歯は治らん。



そんなわけで
今日は
この辺で。


お付き合いくださり
ありがとうございました。



アディオス。

SUOVaQMETr.jpg
おはよう諸君。


ご苦労。


私だ。


下僕よ
なぜ同じ日記を二つも書いた。
しかも
ログインパスワード忘れたって聞いてきたけど
ちょっと探せば出てくるぞ。


そんなわけでね、
下僕のお父さんが
実は隠れ巨人ファンだっていうのも
下僕が勝手に言ってるだけで
事実ではない可能性が高いわけです。

そんな
男ですよ下僕は。
だいたいてきとーにいうから。
まさに
無責任なわけですけどね。


今回は
お前が主役だからと。
最後くらいかましてやろうと、
今までの全てをぶつけてやろうと、
他のメンバーも
あいつらやるやんけと思わしてやろうと。
気合い入れてたわけです。

それは違うと
ここのタイミングは
こうだから
絶対間違うなと
ワンマン前日も
夜中二人でスタジオ入って
よくわからない練習してたわけです。


超気合い入ってて、


そんで当日リハで
トラブルあって
もう私テンション下がってたわけですね。
いやそこ確認しとこーよと
ピリピリしてて、

そんで下僕が
ここってこのタイミングすよね?
って聞いてきたんだけど
間違ってんのね。

いや
何度も確認したじゃん
違うよ
それじゃ全然ダメだって。

下僕も私が
そういうのこだわってるの
わかってるから
やべーみたいな感じで
焦っちゃって
他の所も忘れちゃって
私はもう何だそりゃと。
そんなんじゃ
みんなの前に立てないぞと
不機嫌マックスなわけです。

リハ終わってから
説教ですよね。
下僕ってあんま
流れ飛ぶってことないんだけど、
あれだけ二人で
今回はやってやろうと、
打ち合わせして
練習したのに
あれはなんだと悔しくて

やる気あんの?あんなのじゃできないよって
ほんとは落ち着いてタイミング確認すれば
多分大丈夫だってわかってたけど

やっぱり最後くらい仕上げて
欲しかったし、
気合い入れて欲しかった。

結局練習して説明して
頼むよって感じで
終わって。

他のメンバーに
後は好きなように
のびのびとやりなさいって言われて
緊張とけたみたいだけど。


やっぱどうしても
下僕の最後は
頑張りたかった。

見てる側からしたら
いつもと変わらなくても
面白くなくてもいいから、
茶番でも
つまらなくても
いいから
二人で納得したものを
全力でやってみたかった。


私と下僕は
昔は
ライブないから
握手会してこいとか、
ここバンド出れないから
二人でなんかやってこいとか
そんなこと沢山あって、
その度に
二人で
いつか報われる日がくるだろうと
励ましあいながら
やってきたわけ。
実際は
原始人がどーやって火を発見したか
とか
普通フグ食うの諦めるだろ
とか
そんな話ばっかしてたけど。笑

やっぱ
隣に下僕いたら安心した。
二人いても
結局なにもできないけど
二人いたから
なにもできないけどなんかやろうともがいてた。

一人だったら
やっぱ心細くて
できなかったと思う。

いろんなことやって
トークイベント見て
ライブ来てくれるようになった人とか
妹が昔修学旅行で東京行った時に握手して
CD貰ったんですよって言ってくれた人とか

みんな握手会来てくれて応援してくれたり

その度に
やったねって二人で喜んでた。


普段は
これといって会ったり遊んだりしないけど、
たまに会うとずっと
アリってすごくない?
とか
言葉ないのに
どうやってマンモス穴に落としてたの?
とか
文字の始まりとか
どーでもいーことで爆笑してた。


みんなも
きっと
下僕さんいなくなったら寂しい
とか
下僕さんじゃなきゃ嫌だ
とか
思ってると思うけど、

そんなこと
うちのメンバーのほうが思ってるし、
私が一番思ってる。


だからこそ
今回は
ほんとに
さよなら
ありがとう
って気持ちを込めたのです。


ずっと一緒にやってきて
ずっとみんなで考えて
その積み重ねで
できてきた
下僕と
さよならするのが
嫌じゃないわけないやん。
悔しいよねそりゃ。

それは
本人が
一番そう思ってるだろうけど、

だから
ワンマンで
ヘイユーのイントロ流れて
明るくなって
みんなの歓声と
笑ってる顔見た時

みんな
今日で下僕最後だよー
見てるかい
って思って

やっぱ
こみあげてくるものあったよね。

これも最後に言ったことだけど、
やっぱね、
中身がどうとか
見た目がどうとかの
話じゃなくて
下僕ってキャラがね、
その全てがね、
ピアノゾンビから
下僕がなくなるの
やっぱ悲しいし寂しいよね。

小さい頃から見てた
アニメの声優が変わった時というか、
このゲームの続編スーファミじゃなくてプレステで出るって知った時というか、
ウルトラマンシリーズとかの特撮がCG使いだした時というか、

うーん
うまく言えないな笑

なんだか
それをライブでうまくできたか
わかんないけど
もっとうまいやり方あったかもだけど
ふざけ半分とかじゃなくて、
僕らは
みんな
それぞれ
本気で下僕に
感謝とお別れを
言いました。

ちゃんと
北松戸マンが
ノーマネーでフィニッシュを
覚えてきてたのには驚いた。
英語だから
無理だと思ってた笑

しかも
うさぎの歌のとき
えっ!?って
二度見するくらい
きれいに転んでたけど
大丈夫だったかしら?
大人がかっこつけながら
本気で
転ぶとこって
見てらんないね(骨)
まー彼も感情が爆発したのでしょう。



うん。
だから
僕らは
どうしても
下僕のお別れを
みんなでやりたかった。

巻き込んじゃってごめんね。


そして
問題の
ZANGEMAN笑

いまのとこ
私は彼を持て余してるんすけどね。

みんなも
やっぱすぐには受け入れられないと思うけど。

きっと彼も
いつか
下僕のように受け入れられて
ピアノゾンビに
馴染むと信じてる。

彼には
すぐにクビにならないよう
頑張って頂きたいですね。笑

彼には
下僕には
なかった
テーマ曲あるからね。
生意気ね。

これからどーなるか
謎と期待でワクワクして
楽しいじゃん。
ずっと同じじゃつまらないから。
どーせなら
ド派手にかまして
もっと
下僕より
もっと
楽しくして
みんなを笑顔にしてくれよ。
期待してるぜ。
でも
やっぱ
不安もあるけど。


悪いけど
私も
まだZANGEMANには
思い入れないしな。
これから
絆を深めていこうと
思ってます。

これからもよろしくお願いします。




みんな今まで下僕の応援ありがとうね。





そして



下僕今まで隣にいてくれてありがとう。


さようなら。





アディオス。

ZxZ9Mt813q.jpg


おはよう諸君


ご苦労。



私だ。



ワンマン来てくれた
皆さん。
来れなかったけど
遠くから
応援してくれた
皆さん。
スタッフや関係者の
皆さん。
ライブハウスの
皆さん。
どうも
ありがとうございました。


えっと、
そんなわけでね、
惜しまれながら
下僕は去っていきました。


華々しく新メンバーが登場し
そして散っていきました。笑

出てきた瞬間
みんなの
涙がひっこんでいくのが見えました。

なんか
ごめんね。


私は言ったんだよ、
もっと厳かな衣装がいいよって。
でもやっぱ
初登場は派手にいきたいって。



正直、私達も不安で、
受け入れられるかな?って。
でも
それ以上に
本人が不安がってて、
最後出たくないって。

まーでも
どれだけみんなが嫌そうな顔しても
もう新しいメンバーなんだから
胸張ってこうぜ、
時間かけて
下僕ぐらい
愛されるキャラに
すればいーから
焦るなよ。
と言いました。


民のみなさんもね、
思うところは
あると思うんすけどね、
ZANGEMANのこと
長い目で見てやって下さい。



僕らやっぱ
なんか不器用なバンドなんすよね、
不器用っていうのかな
ひねくれてんのか、
うまくできないこととか多くて、

私は
茶番って嫌いなんすよ。
茶番って言葉というか
そう言われるの。

沢山考えて
沢山やってみて
別にてきとーにやってるわけじゃないから
茶番の一言で
片付けられると
腹立つんすよね。

それを見てた人が
茶番だね。
と言うのはいいんですけどね。

やってる側が
茶番って言ってしまうのが
一番寒いと思ってるんで。
民の皆さんがね、
すごく楽しいなとか
すごく感動したなとか
思ってくれたことが
あったとしてもね、
茶番ですいませんね。の一言でね、
あ、、、
って
冷めちゃうじゃん。


お前らがいうなよと。
何度か注意したことあるんだけど
誰がどう見ても
茶番でも
俺たちは一生懸命
やんなきゃいみねーから。
茶番ですいません。
なんて
かっこつけた一言で
片付けるなさみーから。
って。


でもね、やっぱね。
最近思うんすけどね。
やっぱ
不器用というか
小心者なんすよね。
言い訳なんすよ。

だからまー大目に見てやるかって感じですけど最近は。


皆さんも
優しく見守ってやってください。笑


最後にも
言いましたけどね、
今回は
私は
茶番なんて思ってないし、
別にふざけてたわけでも全くない。

全力で
下僕の
最後を
見届けようと。

今まで
ありがとう
さようなら
って
本気でね、
思いながら
作ったライブですから。

他のメンバーは
そこまで
下僕最後な感じ出さなくても
とか
言われたけど、

いや、
今回は
全力で
下僕最後感出す。
下僕主役でいくから
押し切りました。


今回は
今までやってきた中で
初めての経験なんすけど

下僕と結構早い段階から
打ち合わせしてて、

どうしたい?
ここはどうしたいの?
ここはこっちのほうが目立つよ。


他のメンバーとは
ほぼ打ち合わせせず、
下僕に
今回は主役だから
やりたいことやりなよ
あとは
こっちでうまくまとめて説得しとくから
って
言ってて、

でもまぁ
基本的に
下僕は
意見とかないし、
努力とかするの
嫌いなんで、


まーなんでもいーすよー。

あんま時間かかんないやつがいーすねー。

なんて
言うわけよ。


んで私が
じゃここはこうで、
この後はこうで
ここは一回こうして、
ここで奥羽の山脈はさんで
そんでこうきて
ここにこっそりこれいれちゃお。
とか言うと
下僕は
フライドポテト吹き出しながら
笑うんすよね。
それあちーすねって。


だいたい下僕は笑うから
いつも
僕は気分がいい。

その発想で
なんでうけないんすかねー?
っていつも言う。

いや
わかる人が
限られまくってるからだよ。
っていつも言う。

サンクチュアリわかってくんないんだよねー。
っていつも笑う。


今回も
サンクチュアリは
マジで
誰も反応なかった。
北条は
見事なまでに
スルーされてた。笑


そういえば、
オープニング映像
下僕の
Gのロゴが
ジャイアンツだったでしょ?
珍しくアキパンマンも
気づいたから
賢いみなさんは
気づいてると
思うけど、
あれはね、

下僕のお父さんが、
実は
隠れ巨人ファンなんだよって
プチ情報の
伏線なのよ。笑


そんなわけで
今回の
ワンマンは
下僕が主役だったわけよ。



続く




↑このページのトップへ