今日は今作ってるデモにピアノを入れようと思って実家の骨の宮へ来た。
でもそういえばマイクスタンドなんてないな〜。
ピアノの天板開けて挟んでみよ〜。

おーっなんだか浮いてるみたいでかっこいい!
でも音が悪いな〜
よし置いてみよ〜

これも音が悪いな〜
さっきよりもさらに悪いな〜
やっぱり挟もう。
おっと下僕からいきなりテレビ電話がかかってきた。
なんだこいつ!
朝からテレビ電話してきやがって!
出ると画面に映っているのは布団の中のおっさんや。
なんだこいつ!
「ん〜ん〜むふ〜ん。おはようございます!これ俺がかけた感じすか?」
なんだこいつ!
間違え電話をテレビ電話でしてくるなんてとんでもないやつだ。
アラーム止めるのと間違えたらしいぞ。
どうやったらそんな間違いがおきるんだ?
今日はそんな日です。

おしまい。




おや、またブログの場所変わってるやん。
最近、民の皆様や大王様に飼っているモモンガのことをよく聞かれるので紹介します。

フクロモモンガ。
名前はフジ子。♀(別名:クサ子)
年齢不明。
体長17センチほど。
ビビリなので1日の大半は専用ハンモックの中で暮らす。
好物は今のところリンゴ(さんフジ)。
臭い。
鳴き声が何かのブザー音の様な為、夜鳴かれると地震警報かと思って起こされる
モモンガなのに飛んだところを見たことがない。
両手を使ってご飯を食べるところがかわいい。

などがフジ子の特徴ですが、いかんせん僕に懐いていただけてません。
というか、はっきり言ってこいつ凶暴。
素手で触ろうとすると、噛みます。
ちっちゃいのに、めっちゃ痛くて血がでるので手袋必須です。
モモンガ飼ってる人のブログやらを見てると、最初は噛んだりしたけど一週間もしたら触っても噛まれなくなったとか、離してもすぐ寄って来て側から離れないとか書いてあって、羨ましい限りであります。
フジ子は飼い始めて、4〜5ヶ月は経ちますよ。
慣れた人は今では何処に行くのも、モモンガを専用ポーチに入れて一緒に行動するんだって。

しかし、こいつの臭さはレベル高いよ。
フジ子ぶら下げて電車なんか乗ったら、俺が臭い人やと思われてしまう。
モモンガは慣れるとすごく人懐こい性質らしいですが、個体によっては人一倍臆病なやつもいるので、慣れるまで根気よく接してあげる必要があるらしい。

う〜ん、こいつ平和じゃない。

モモンガに興味を持たれているホネヌキマン様に、フジ子の可愛さと臭さを知ってもらう為に頑張ります。
フジ子連れて電車にも乗る覚悟でございます。



以上。


熊谷、八王子、原宿
ライブ来てくれた皆様
ありがとうございます!
声かけてくれたのに話せなかったお客様はすいませんした!
また今度!

てかそういえば八王子のライブの時に私車ぶつけたわ。
リハ前に駐車場に機材車止めようとしてバックしたら車いたわ。
ま〜時速1キロ位だからナンバーに擦り傷くらいですが。
ぶつけた車に近づくとおっさんが乗っておりやたら苦しそうな顔をしておる。
これは……
すごい笑いたかったが一応聞いた。
わたし「大丈夫ですか?」
すると彼は言った。
オヤジ「多分…でも俺過去に2回事故やってて体すごく弱いんです」
ん〜こいつやばい臭いがプンプンするな。

すぐポリスに連絡したわたしは事情を話した。
おっさんにも事情を聞いている。
ポリス「何メートル位前に相手の車いたんですか?」
オヤジ「5メートルくらいです」
わたしは思った。
(そんなに前からバックしてくる車いたらクラクション鳴らすかお前バックしろ)と。
というかバックしていた所に突っ込まれたのではないかという疑惑まで浮かんできた。
しかし、ゲボクプレゼンツの打ち合わせもしたいわたしは揉めるのが面倒くさいので全部保険屋に任せる方向にして話を早く終わらせたかった。
しかしおっさんは帰りなぜかわたしだけ職質の方向へ。
ポリス「職業は?」
わたし「歌手です」
ポリス「有名な方ですか?」
わたし「いえ、」
ポリス「CDとかは出してますか?」
わたし「はい」
ポリス「芸能人は担当の警察がいますので」
わたし「いえ、CD-Rでした」
ポリス「本当の職業は?」
わたし「ニートです」
ポリス「車を見させて貰ってもいいですか?」
わたし「どうぞ。危険ドラッグはありませんので」
ポリス「………」
ポリス「!!!」
わたし「それは棺桶です。パフォーマンスで使うんです」
ポリス「!!!」
わたし「それは人形です。死体ではありません」
ポリス「!!!」
わたし「それは神輿です。もういいですか?」




翌日保険屋から電話がかかってきた。
わたし「おっさんからなんか連絡ありました?」
保険屋「車が来るかもって構えてたら力が入り過ぎて腰椎捻挫との事です。」
わたし「それウソじゃね?そんなやついないっしょ。」
保険屋「多分そうだと思うのですが」
わたし「それが本当ならそんな体で運転するの違反だと思わね?」
保険屋「はぁ〜。あとエンジンから液漏れしてるって言ってるんですけど」
わたし「そんなナンバーに擦り傷で液漏れするエンジンヤバくね?走ったら違反だろ?」
保険屋「はぁ〜」


という感じになっております。
今後おっさんの主張がどうなっていくのかが非常に楽しみであり、迷惑でもあります。


おやすみなさい。


↑このページのトップへ