すげぇな、このデザイナー。
アレキサンダー・マックイーンっぽいなと思ったら、やっぱそこで働いてた人なんだね。

別に洋服やおしゃれに興味があるわけじゃないけど、アートとしてこういうの見ちゃうので、出来るだけぶっ飛んでてほしい。なのでギャルソンとかも好き。2018年のコレとかほんと最高。

一番好きな映画監督。
ちなみに好きな映画監督を5人挙げろと言われたら、2人韓国人が入ると思う。

ポン・ジュノはこの数年ハリウッドで2本映画を撮ってたんだけど、あまり彼の良さが出てなかったので、いつの日か本当に彼らしい映画で爆発してほしいなと思ってた。それがこんなにも早く、こんな歴史的快挙によって実現するとは思ってもみなかったけど。

人種の偏りに配慮しつつあったオスカーは、今年また白人ばかりのノミネーションになって批判されていた。それが「パラサイト」にとっての追い風になったのかもしれない。
でも個人的には、そんなこんなはどうでもいいというか、デビュー作からずっと素晴らしい映画を作り続けてきたポン・ジュノは、どこかでちゃんと分かりやすい形で評価されるべきだった。 まぁ好きだからどうとでも好意的な言葉は出てくるんですけど。

けっこう映画が好きな人でも、韓国映画はほとんど観たことないって人は多い。これをきっかけに変わるといいな。上質な作品は沢山あるから。

今回のニノヒラも楽しかった。
実は下岡くんとはちゃんと話したことなかったんだけど、話してみると意外なことだらけで、イメージって怖いなって思った。下岡くん、とにかく かわいい。あんな人を愛し愛されたりしたら素敵なんだろうね。
ライブでやった曲も全部良かった。なかなかそんなことないよ。

光太郎さんとの通称「コーペリ」は、peridotsの世界を凝縮したような瞬間が感じられる、なかなか興味深い編成だと思ってる。そんなに頻繁にやるもんじゃないと思うけど、またやる機会があれば見に来てください。

↑このページのトップへ