月別アーカイブ / 2019年07月

久々に曲を書いた。
しかも1から10まで。
初音ミクV4Xを買ったのは2年前くらい。
買ってからは付属のDAWで弾いてみたの動画を撮ったりしてたけど、
やっぱりミクさん買ったからには使わないとなーと思い。
しっかり1曲仕上げた。

これからくる夏をイメージして。
曲も間奏の所を大きくとり、
AメロBメロも一回だけと、シンプルに仕上げました。
ようは「あ、なんかもうちょっと足りない。もうちょっと聴きたい。」というのを目指してアレンジしたつもり。
音色的にも夏らしく爽やかにピアノの目立つフレーズの部分のみ音量稼いだり、
キラキラした音入れたりと、ギターの熱さとは別に涼しさを入れることで、夏感がアップしました。

Cメロは逸る気持ちを表現するためにメロディを詰め込んだ。

結果出来上がった物に自信を持てることってあんまりないのやけど、
「炭酸ガール」に関してはミクさん力もあって久々に自信をもってええ曲やなぁと思える。

夏に聞いてほしいですね。三ツ矢サイダー片手に。

最近同期つくったりボカロPやったりと、DAW触る事が多かったので、めちゃくちゃ勉強になったし、めっちゃ触れるようになった。
ぼちぼち作っていこうと思う。

物理的に時間なさすぎて、寝る前の30分くらいしか触れんけどね!

ほなね!
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1707.JPG

1st full Alubum「AT FIRST」
発売まで1ヶ月を切りました。

もうすでに予約注文頂いてるとの声もちらほら聞いておりまして、うれしい限り。
Self-Portraitにとってかなり大きな意味を持つ全国リリース。

やっと。やっとです。ここのラインに立てず悔しい思いをしてきたが故に
このアルバムに対する思いは熱いものがあります。

今日はこのアルバムから新たに収録された新曲3曲についてベーシスト目線で解説していこうと思う。
あくまで発売前の為、ネタバレはしない。
買ってくれたみんなが聴いて答え合わせをしてほしい。

ではまず

◆VINTAGE
とても愚直。どストレートなベースサウンドを求められるような曲。
これぞSelf-Portrait/ペクちんだ!と思ってもらえるようなテイクになった。
もちろん仕様機材はメインのJB62LH。
どっしりしつつも、ぐいぐい前に前に引っ張る感じのイメージで弾いた。
みんながどんなイメージがあるか分からないが、自分はバンドの中ではシンプルに
弾くことが一番気持ち良いと分かっているので、この曲はまさにそんな感じ。
リアンプもいつもはEDEN持ち込みだし、今回も考えたけど、テーマがVINTAGE。
ライブハウス常設のキャビネットはおおよそアンペグ。
そこは拘ってアンペグキャビネットでリアンプして頂いた。

◆青い春
これも至ってシンプル。なお且つ透明感を求められるようなタイトル。
ミドルゴリゴリはまぁ禁物だろうなーと思いながら指の先で弦をはじいておりました。
ベースのサウンド面も「若葉のような艶ときらきらしたHigh Mid感」を意識した作りに。
エンジニアの畑田さんの活躍もあり仕上がりはまさにそんな感じになりました。
それを感じ取って頂ければ嬉しい!

◆極彩モノクローム
たぶん今まで弾いた曲で一番忙しい。たぶん普通ならこうは弾かないと思う。
セルポだから出来る。そんな楽曲。
音作りも難航した。
今まで作ったことのないような「良い意味で汚い音」を目指した。
あまりに汚いと「ただただ汚い音」になるので加減が難しかった。
結果そこそこバッチィ音が出来たのでそのまま収録。
そして1か所だけですが、本当にクサイセクションがあるので、クサメロファンは
要チェックです。


以上3曲はまだ誰も聞いたことないのでAT FIRSTお楽しみに!

ではまた!

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1678.JPG

7/14 新神楽。キリキリチャンス。

ちょっと個人的な話になる。
この日娘の子守を頼まれていて、バンドの共有スケジュールも×で提出していた。
奥さんの予定があったからね。

家族とバンド、音楽は一人でも出来るこんな時代にバンドをやるということは、やっぱり家族には負担になってくる事が多い。

それに対して協力してくれる奥さんには「申し訳ないなぁ」という気持ちと「ありがとう」という気持ちしかない。

そしてそのことは周りの人は理解しようとしてくれること。
感謝しかない。

スケジュール×は相当なことがないと予定入れないし、その上でメンバーと「どうしようか?」とならないことが多い中、メンバーと家族に相談の上、
子守終わり次第、別で会場へ向かうことになった。

天気はポツポツと雨が降るなか、ハイパークソクソ元気マンの娘と夕方まで過ごし、新神楽へ。

バンドマンなら分かるけど、リハーサルなしはやっぱり不安やし、昨日はウォーミングアップ出来ることも無かったけど、不思議と「出来る気」がしてた。

それは遠いところか来てくれた方、久々に観に来てくれた方、新しいMVを公開した後、初のライブだったし、1ヶ月近く空いたから伝えたいことがいっぱいあったからだと思う。

「ライブハウスで逢えたら」の前に眞鍋が言ったこと。言いたいことが全部詰まってたわ。

いつもそう。あいつだいたいメンバーの言いたいこと全部言ってくれるから気持ちが良い笑

みんなの目がキラキラしてたのはちゃんと伝わってるっていうことで俺は捉えてる。

8/21にリリースの1st full Album【AT FIRST】
Self-Portraitの今まで歩んできた道とこれから始まる第一歩が詰まった作品になってる。

是非聴いて欲しい。

サウスのライブでただのファンになったあと、某取材があったので、みんなと話せなくて残念だったけど、

昨日のライブが僕らであり、それ以下でもそれ以上でもなく「そのまんまリアル」にSelf-Portraitです。

ベーシストとしていろいろ考えることあるし、
お父さんとしていろいろ考えることがあるから、その話はまた今度しようと思う。

昨日、全部終わって
搬出するときだけ雨ザザ降りで、不快指数MAXかつずぶ濡れでクソ寒かったけど、
【祝福の雨】って言うしなー。と思いながらずぶ濡れになってました。

次は大好きな九州か。
「ノンフィクションをくれ」ツアーも終盤。
この人生は大変やけど、楽しい!
時に泣きそうやけど、楽しもうと思う。

では。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1678.JPG

↑このページのトップへ