2月25日、26日に横浜アリーナで開催された、
Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~
に行ってきました!
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2324.JPG

初めての大舞台とは思えない、
圧巻のパフォーマンスに興奮しっぱなしでした。

今回のライブから感じたことは、
やっぱりAqoursの楽曲っていいな、
そして、あいきゃんの歌声好きだなって。

自分がラブライブ!を好きになったきっかけは、
スクフェスでMermaid festa vol.1をプレイした時に、アニメ発の曲とは思えないカッコよさに心を惹かれたからなんですけど、やっぱりAqoursの魅力も楽曲に最も出てるかなって思います。

そこに重きを置く自分は、やっぱり好きになるメンバーも歌声が魅力的な人になるわけで、、、
Aqoursでは津島善子であり、その声を担当されている小林愛香さんになるわけです。透き通った声でいて、それでありながら力強い歌声が本当に自分の好みにドンピシャで。

その魅力が1stでは随所に見られた気がします。
夢で夜空を照らしたい
地元への愛や想いを歌ったこの曲。
大学で京都へ下宿していたり、同級生が就職という転換期を迎える今、本当に心にくる。
ザビで、アニメと同じく、オレンジ色に染まった客席と自然に始まった横揺れを見た時、
言葉にならないほど感動した。
この曲で1番印象に残ってるのは、
『誰の胸にも宿る力〜♪』というソロパートで、
モニターに映ったあいきゃんの表情がヨハネそのものだったってことかな。透明感の塊って感じ。
しかも、このしっとりとした曲調があいきゃんの歌声に合いすぎてて、聴いた後にため息が出てくる感じ。多分、分かる人多いと思う。

対照的な魅力を感じたのが、Guilty Kiss
『Ready?』のコールで始まった「Strawberry Trapper」はテンションの天井をぶち破って、
向こう側へ行ってしまった気がする。
盛り上がるってああいうことだよね。
こっちの熱気を取り込んで、さらに倍の熱さで歌い上げていくあの感じは、凄かった。
さっきまで、あんな可愛く、清楚に歌っていたとは思いない、言葉は悪いけど、豹変ぶりを見たらそりゃあこっちも乗せられてしまう。

あいきゃんが口々に言っている、
ヨハネの演じ分けと歌い分け
この設定というか、2面性みたいなものって、
透き通った綺麗な声と力強くてクールな声を兼ね備えたあいきゃんの魅力をこれほど感じられる
場所ってないんじゃないかなって思う。
それを生で聴けた今回のライブは本当に贅沢。


やっぱり、世の中に溢れているいろんな気持ちを素直に歌うAqoursの楽曲が大好きだし、それを熱く、時にはしっとりと歌い上げるあいきゃんの歌声が好きなんだと再確認した2日間でした。
2ndツアーでも「HAPPY PARTY TRAIN」に「Daydream Warrior」、「Guilty Eyes Fever」と
聴きたい曲が多すぎる。楽しみだ、、、
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2323.JPG