ヘイ、ワッツアップ。パントビスコです。

LINEブログ限定記事4日目です。



顔写真を載せた方が

記事を見てもらえやすいと聞いたので

取り急ぎ今撮った写真を載せます。

ボヤけてるので次はちゃんと撮ります。




お陰様で昨日の記事も多くの反響を頂きまして

ブログを書くモチベーションが上がっています。

ブログへのコメントも読んでいます。

お読み頂きありがとうございます。



SNSもそうですが、やはりリアクションや

共感・称賛は掛け値なしに嬉しいものですね。

今日はその「称賛」にスポットを当てた

お話をしようと思います。




私は普段、

不定期で習慣にしていることがあります。

それは利用させて頂いた小売店の

「お客様の声」のポジティブな活用です。



スーパーの入り口によく

お客様の声のメモが貼ってありますよね。

「品揃えを良くして欲しい」

「接客がなってない」

「○○を改善して欲しい」

…などなど



勿論、賞賛の言葉がある事もありますが

不満やクレームの方が割合的には多いイメージです。


お店側としてはサービス改善の

キッカケになることもあり、

大事な声だと思いますが

自分がお店側の人間だったら

たまにはホメて欲しいなと

思うと思います。



ユーザーは99%の満足を

当たり前だと思い、特段声は上げず

1%の不満にだけ声を上げがちな気がします。



人は提供された「便利な」「当たり前に使える」

サービスに関しては、満足しているので

それをお店の人に届けようという思いに

なりにくいように思えます。

自分の生活に支障がないからです。



逆に不満や、改善点に関しては

自分の生活に支障が出るから、

物申したいというエネルギーが湧き出る。

よって、不満やクレームの声の割合が

多くなるんだと思います。




でもそれってかわいそうですよね。




なので私は、コンビニやスーパーで

とても気持ちの良い接客をされたら

企業HPのお問い合わせ欄に、

賞賛&感謝コメントを名指しで送るようにしてます。



実は先ほどコンビニへ行ったのですが

びっくりするぐらい接客が丁寧で

素晴らしいスタッフさんがいらっしゃったので

退店後、企業HPのお問い合わせ欄を検索し

感謝の気持ちをつづって送信しました。

2,3分で記入できるので手間とは思いません。



この声が本部に届き、

スタッフさんご本人に届き、

スタッフさんの待遇が良くなり

さらにさらにサービスがアップしたら…

こりゃまた色んなお客さんが気持ちよくなっちゃうな!

マイッタナ!と想像しながら帰りました。



人と人との繋がりが無理矢理希薄にされている

このコロナ禍、

ちょっとしたアクションで

誰かの頑張りや人間性が認められ

社会がより良く循環していくと良いなと

私は思います。



素敵な、バラフライエフェクトですね。



というわけで、これを読んだ皆さんも

気持ちの良い接客をされた際はぜひ

店舗名やスタッフさんの名前を書いて

感謝のメッセージを伝えてみてください。


それでは良い一日を。






パントビスコ 2021.5.18


不思議なパントビスコInstagramはこちら➡ここ