IMG_9153.jpg


パンクラス代表 酒井正和
「ブラジリアン柔術は、近年もっとも競技人口が増加している格闘技のひとつであり、青少年育成と地域活性化に貢献しています。パンクラスは総合格闘技のスポーツ化を推進することでスポーツMMAとして日々邁進していますがそのような背景の中、パンクラスとJBJJFが今回のようにタッグを組み、アスリートの育成の場としてPANCRASE JIU-JITSU CUPを開催し双方のブランドによる相乗効果が生まれ、イベントを通じて社会貢献に繋がると考えております。2019年はよりバージョンアップして年間3大会を目標にしていきたいと思っています。場を提供いただいたJBJJF及びJBJJF中井祐樹会長に感謝いたします。」

パンクラスが世界的第三機関レギュレーション「ISKA」と提携

日本 MMA 初のABCの公式記録となり

世界で公式戦として認められる事に。


2019年3月17日開催されるパンクラススタジオコースト大会を「ISKA」がレフェリー・ジャッジを管轄。 他のスポーツと同様、団体から独立した審判機関を採用し日本 MMA 初のABCコミッションの公式記録となりパンクラスの試合が世界で公式戦として認められる事になります。

「 ISKA」はベラトゥールや GLORY 等へレフェリー、ジャッジはもとより各国への法律の部分も含め たレギュレーションを行っている実績がある、第 3 機関レギュレーション「ISKA」を採用し 世界基準の公平差を行う。またこの提携によりレフェリー・ジャッジを含むパンクラスコミ ッションとのレギュレーションの提供や日本のレフェリーをアジアや全世界への MMA レ フェリー・ジャッジの派遣も行う。そしてパンクラスよりレフェリー・ジャッジを ISKA USA, Europe,Asia そして、ゆくゆくはアジア市場~USA と EU 全土へ派遣を行う。 

2019年3月17日大会の前日に行われる計量及び計量会場で ISKA MMA レギュレーションの実施・講座を開催。 3月17日パンクラス大会メインカードは ISKA ヨーロッパから派遣された認可レフェリー・ジャッジ3名そしてサブジャッジは ISAK 公認 日本人ジャッジの構成で行う。 


2019年パンクラススタジオコースト大会

2/17 3/17 4/14 5/26 6/30 7/21 9/1 9/29 10/20 11/10 12/8



iska1040.jpg
 


ISKA    ヨーロッパ代表 ポール・ヘネシー コメント

「今回、ISKAと日本のMMA界ではリーダー的 団体パンクラスとのパートナーシップを結んだ事へ 私は、とても光栄です。パンクラスは、1993年設立・発足のミックスマーシャルアーツではパイオニアであり日本のMMA界を引っ張て来た 最先端で最もエキサイティングなMMAブランドと認識しております。私は、パンクラス代表・Mr.酒井さんのISKAとのパートナーシップ提携と 第三のレギュレーションとして動き出す事への選択決定をされた事へ大変喜んでいます。ISKAは、現在世界最大のコンバットスポーツ認定団体、レギュレーション機構です。そして、ISKAは世界のメジャーブランド団体と業務提携している世界の組織です。今後のパンクラスとの提携、世界へ向けたレギュレーションへご期待ください。」


パンクラス 酒井正和コメント

「パンクラスのレフェリー・ジャッジの公平性を高める事と世界でパンクラスの試合が公式記録を目的としてISAKと協議をし、2019年3月17日大会をISKAからレフェリー・ジャッジを派遣する事になりました。実施後再検証も行いながら進めていければと思っています。」



=ISKAとは?=

ISKAは、1986年6月16日にアメリカ各州の代表プロモーター達と元PKAイベントディレクター達が、“世界に通用する格闘技のタイトル管轄統括組織を!”と言う趣旨で創設され、本部はフロリダ州・ジョーンズビルに。

同年10月9日にはヨーロッパ統括本部が発足された。

ISKAは、フルコンタクトキック・キックボクシング・ムエタイ・MMA(総合格闘技)の協議を統括し、タイトルマッチ認定をしている。 参加加盟国は現在46ヶ国である 。

=ABCとは?=

ボクシング·コミッション協会 略称ABC

The Association of Boxing Commissions.

北アメリカにおけるプロボクシング及び 総合格闘技の試合及び 記録を統括する団体

である。 アメリカ合衆国及びカナダの州及び部族ごとに設けられたコミッションに

より構成されている。 

1980年代に各コミッションのコミッショナーが集い、それぞれの管轄を纏め上げる

べく結成された。


=パンクラスとは?=

<世界標準のスポーツ化実現と人々に夢と感動を提供するパンクラス>

パンクラスは2012年6月に現代表の酒井正和氏が就任。人々に夢と感動を提供することをミッションとして、「世界標準」をスローガンに欧米でスポーツ化が急速に確立されているMMAルールを採用しスポーツ化を実施した新生パンクラスを開始しました。アジア諸国で初となるスポーツMMA最高峰「UFC」とのアーカイブ契約を皮切りに格闘技外での企業とのアライアンスや年間40人の海外選手招集での国際戦様々な取り組みを展開し観客来場者数増加を図りながら、TOKYO MX地上波生中継放送やAbemaTVで無料放送、UFCファイトパスでのグローバル生中継、企業とのアライアンスやLINE公式企業アカウント取得・Twitterパートナー提携等様々な改革を行い世界MMAプロモーションランキングで上位に入るまでに成長してきました。2018年はグローバル展開の一環として女子格闘技団体インヴィクタFCと連携を図りスポーツMMA女子格闘技にも力を入れる。

2018年2月4日から日本格闘技史上初となる新木場にある日本最大級のライブ会場「スタジオコースト」でパンクラスナンバーシリーズ10開催が決定しています。2019年は同会場で11大会を開催を予定している。2018年9月11日にキックボクシング団体レベルスと完全グループ化を発表。

PANCRASE公式HP

http://www.pancrase.co.jp/

0821rebels.jpg
総合格闘技団体PANCRASE、キックボクシングとムエタイ

を主とした格闘技団体「REBELS」を完全グループ化が決定。


と先行リリースの形で発表させていただきました。


詳細は9月に記者会見を行いますが


ゴールデンタイムでの地上波で試合生中継や、選手の紹介特番など、レベルスに足りなかった部分を強化していきます。


運営の座組みに関しては10月8日に行われるレベルス58後楽園ホール大会から着手していきます。


来年はグループ全体で15大会を開催する予定です。


スケールメリットをいかした大会スポンサー獲得や企業様とのタイアップ企画


も行なっていければと思っています。

 



↑このページのトップへ