月別アーカイブ / 2019年07月

作品タイトルは瀬戸内寂聴先生ご本人につけて頂きました。

「慈悲」

美しい言葉です。

作品のモチーフなど、それぞれ意味がありますが、それはまた後日。

ZEDORpEc3q.jpg

zfUAV76DTq.jpg

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9704.JPG








ホームページ↑
オンラインショップ↑
↑オンラインサロン

【出演情報】本日7月26日(金)23:30〜





TBS『news23』にて





瀬戸内寂聴先生を描かせて頂き、作品をお納めさせて頂くまでのドキュメントを放送して頂きます。(当日変更の場合あり)





是非多くの方にご高覧頂けましたら幸いです。 


『瀬戸内寂聴先生』 


「中島さんは率直に今誰を描きたいですか?」 


このマネージャー陣からの問いに、ある時ふと頭に浮かんだのが瀬戸内寂聴先生だったこと、それがこのプロジェクトのスタートでした。












最初にお手紙をしたためたのは昨年10月まで遡ります。











直感的に浮かんだ先生のお顔、何故そうだったのか自分なりに考え、その想いを綴りました。











閉塞的で、いつも誰かが誰かを非難し、皆が誰かの目を気にしながら損得勘定による忖度ばかりが目につく最近の風潮に違和感を感じているのは僕だけではないと思います。











画家として、芸術家の端くれとして、非力ながら、微力ながらやはり世間に問いたかったのです。このままでいいのか?と。











そんな空気が支配的な世の中で自身の正義と情熱に従い、自分の人生を生きる力。





長い人生の中で何度も苦渋を味わいながらそれでも自身の信念を貫く強さ。











その先生の生きる様を僕は美しいと感じ、僕なりに先生を描かせて頂きたい、そう感じました。











何度かのやり取りがあり、冬と春とが行き来する頃に、初めて先生にお目にかかる事が出来ました。





初めて寂庵の応接間でお話しした先生はただただ朗らかで、よく笑い、無邪気で、初対面の僕にも全く壁を作らず、多くの方がそうであるように僕も当然のように先生の大ファンになりました。











その時に先生が僕に言って下さった言葉





「あなたが私を描く最後の画家ね」





さらりと放たれた言葉は96年(当時)の重みを持って僕の心に刺さりました。











それから多くを学び、多くを悩み、先日最初の手紙から半年以上の時が経ち、やっと先生にその作品を納める事が出来ました。











そのドキュメントが今夜TBS「news23」内で放送予定です。











多くの方にご高覧頂けますと幸いです。











先生の言葉、多くの名言がありますが、僕が一番好きな言葉。 「愛することは許すこと」











僕らは誰かを許し、そして誰かに許されながら生きていると心から思います。












最後になりますが、わざわざアトリエまで足を運んで取材して下さった小川彩佳キャスターや news23の撮影クルーの皆様にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。 *作品画像は放送終了後にアップ予定です





【画家】中島健太のオフィシャルウェブサイト
現在までに開催された個展では、すべての作品が完売。『完売画家』としてテレビにも取り上げられ、最近の個展では、400万の値が付いた作品がすべて完売となるなど、今、大注目の画家。
www.nakajimakenta.com
HP↑


gate powered by BASE
中島健太のオフィシャルオンラインショップです。ここでしか買えない作品などなど、新作も随時販売致します!
gate.theshop.jp



オンラインショップ↑ 新作随時追加


中島健太 - 画家 中島健太のアートカフェ ~人生を豊かにするアートの入り口~ - DMM オンラインサロン
画家 中島健太のオンラインサロン。会員限定グループでの作品情報や、Q&A、アドバイス、作品の途中経過の共有。また、絵画教室や技術指導、美術館巡り、オフ会やオークション体験など。
lounge.dmm.com
オンラインサロン↑ 



#今夜放送です





#瀬戸内寂聴 先生





#小川彩佳 キャスター





#news23 #tbs





#中島健太







寂聴先生とお話した中で
「先生はなぜそれほど自由でいられるのですか?」との僕の問いに
先生は「私は失う事が怖くないから」
とおっしゃっていた。
最近の色々な現象を見ていると「全てを失う覚悟」をした人はやはりある種の強さがある。でも、それが追い詰められた故の覚悟なら本当に悲しいことだ。
「愛とは許すこと」
これも先生の言葉だが、何故最近の我々はこれほど誰かを許す事が苦手になってしまったのだろう?
もしかしたら全体的に「愛」が枯渇しているのかもしれないな。
人を愛する為にはまずは自分を愛せなければ。
自分を愛せない人が増えているのかな?ふとそんな事を考えた。

#寂聴先生の言葉
#中島健太 #womanportrait #painting #paintings #painter #portrait #figurativepainting #japanesartist #oilpainting #oilpainter #oilonpanel #art #artwork #artist #artistsoninstagram #artofinstagram #画家 #油絵 #油彩 #油絵の具 #絵画 #人物画 #絵


↑このページのトップへ