僕物語24

リーマンショック中に作品が完売した事で、認知度は上がった。
だが僕は信用していた人間に裏切られ、全身全霊をかけて描いた作品自体も否定されたような気持ちに支配された。
筆を握る気持ちにもなれず、頭は霞がかったようにぼんやりしていた。
制作依頼は方々から来ていたが、体と心はそれに従ってくれなかった。
個展の前に決めていたニューヨークでの取材のスケジュールが年明け早々に待っていた。
真冬のニューヨークは恐ろしく寒く、辛かった。頭の霞は相変わらずで、眠く、寒く、それらを触り払えないことに対する自己嫌悪、という悪循環に陥っていた。
ある日、セントラルパークに隣接するメトロポリタン美術館を訪れた。
19世紀アカデミー絵画の作品が並ぶ部屋にフランスアカデミックの代表作家ウィリアム・ブグローの「母子像」が展示されていた。
ウィリアム・ブグローは僕が最も尊敬する画家だ。
ぼんやりとする頭でぼんやりと作品を眺める。
どれほど時間が経ったのだろう、自分がその作品に魅力されている事にふと気がついた。
細部の描き込みを食い入るように見ている自分がいた。
僕はまだ絵を描く事が好きで、絵を描きたいと感じていた。
頭の霞は消えていた。

ニューヨークでの取材を元に描いた作品「ベーグルとマフィンと睡眠を-3度で割った場所」は白日会という公募展でギャラリーの協賛する賞を受賞することになる。

僕は自分の作品を手元に置きたいとはあまり思わないが、その作品だけは手元に残しておけばよかったなと少しだけ後悔している。

#ある画家の僕物語24
#中島健太 #womanportrait #painting #paintings #painter #portrait #figurativepainting #japanesartist #oilpainting #oilpainter #oilonpanel #art #artwork #artist #artistsoninstagram #artofinstagram #画家 #油絵 #油彩 #油絵の具 #絵画 #人物画 #絵