ある画家の僕物語21

プロの画家になったのはいつか?という質問を時々される。
美術業界においては「プロ資格」は存在しない。
故にどこがキャリアのスタートなのかという認識には個人差があるが、僕のプロの画家としてのキャリアのスタートはまさしくギャラリーnでの展示初日だった。

昼過ぎに来れば良いというAさんの言葉に従い12時頃に画廊に向かった。
展示初日は平日だ。
ギャラリーがオープンする10時から在廊したところで、誰に会えるわけでもないだろう。

見慣れたくたびれたボルドー色のエレベーターのドアを横目に階段を登ってギャラリーに辿り着く。度々通った事でエレベーターを使うより階段の方が常に早いという事は既に知っていた。

ギャラリーのガラス扉の前に立つとやはり少し緊張した。
扉を押してそっとギャラリーに入る。
初めて訪ねた時のように、薄暗い室内にスポットライトが当てられた作品が一定の間隔で並んでいる。
以前と違うのは、そこに僕の作品も並んでいる事だった。

人の姿はやはり見当たらない。
自分の作品に歩み寄るとキャプションに赤いシールが貼ってあった。
それも2点とも。

来客を知らせるベルを聞いて事務所からAさんが顔を出した。
オープンと同時にコレクターが来て買っていったと教えてくれた。

キャリアを積み重ねる事で知ったが、熱心なコレクターは平日だろうが盆暮れ正月だろうが、自身が気になる展示には初日のオープンと同時、あるいは前日にギャラリーを訪れる猛者が普通にいる。

僕の作品はそんなコレクターの目にとまったのだ。

プロとしての自覚が芽生えた瞬間だった。

展示が終わりギャラリーから画料が支払われ、そして僕は自分の名刺の肩書きに「画家」の2文字を加えた。

#ある画家の僕物語21
#中島健太 #womanportrait #painting #paintings #painter #portrait #figurativepainting #japanesartist #oilpainting #oilpainter #oilonpanel #art #artwork #artist #artistsoninstagram #artofinstagram #画家 #油絵 #油彩 #油絵の具 #絵画 #人物画 #絵