本当に本当に沢山のコメントに温かいお心遣い、
ありがとうございます。

Twitter・Instagram・ブログコメント...
暇さえあれば見させて貰ってます。


様々な境遇の方がいらっしゃって
励まされたり、嬉しくなったり、勉強になったり、更にこれからの事に意欲が出たり...

プラスのエネルギーをたっっっっっくさん頂きました。


ネットのニュースにも沢山取り上げて頂いて
本当に有難い限りです。




もうnutsが休刊して時間も経っているので
こんなにも祝って頂けると思っていなかったので
とても驚いています😳



もう胸がいっぱいで
言葉選びが....難しい...。


あまりにも言い過ぎて形骸化してしまわないか心配ですが笑




本当に本当に本当に、
ありがとうございます。








いつも大事な時にこうして皆様にパワーを貰っています。











さて、そんな沢山コメントを頂いて
思う事は多くありましたが


そのうちの1つで気になったのは
同じ多嚢胞性卵巣症候群(長いので以下PCOSで表記しますね)に悩んでる方が多い事でした。




上手くお話出来るか分からないけれど
参考になるか分からないけれど
少し時間が経っているので時系列が正確か分からないけれど
出来る限りで私個人の経験のお話をさせて貰いますね。












PCOSの原因は未だに解明されていないようで
私の方でもやはり正確な原因は分かりません。


なので断定は出来ませんが、
PCOSと診断された当時の生活を思い出して原因になるようなものが考えられるのは

身の回りの生活環境の変化へのストレスと食生活の乱れが
大きかったかと思います。


ちなみにストレスについては当時全然自覚が無かったし、今になるとその時の感情や思ってた事なんて全然覚えていない事だらけなので
正直本当にストレスがあったかどうかは分かりません。


ですが、環境の大きな変化があったという事は事実なので
知らず知らず影響は受けてたかもしれない。という、ある意味憶測です。

ストレスって形に見えないからよくわからないんですよね。だから危なかったりするのでしょうけど...。




で、もう1つの食生活の乱れです。

これはあきらかに身体には酷な事をしていたと思います。






ここから、その時してた無茶苦茶なダイエット方法を当時の事を思い出して書いてたのですが
なんだか心情とか細かな話とかでエグイ内容になってしまったので、書き直し。

分かりやすく箇条書きにします。



長い期間をかけて身体に負担をかけた例です。

◎まともな食事を摂らずにオヤツで空腹を紛らわす。



◎エネルギー源である糖質脂質のダブルカット(長期間)

◎お昼ご飯カフェラテだけ


◎夜ご飯何も食べない


◎食事量が極端に少ない


◎とにかく野菜しか食べない(根菜類除く)


◎空腹を感じてもとにかく我慢する


◎まともなエネルギーを摂らないで過度の運動


◎暴飲暴食過食嘔吐



要約すると、とにかく食べる量が少ない。それで爆発して暴飲暴食し吐く。
というループです。











以上のような事を続けて
胃炎になり、生理不順になり、PCOSにもなりました。


この生活がPCOSに関係ある根拠は無い(未だに原因不明の病の為)にしろ、

関係してないはず無いと感じますよね。





重複してしまいますが、
当時は環境の変化の焦りや不安から...
身体に負担を掛けることよりも、とにかく今の状況を変えたい一心でした。


当時を振り返ると情けないな〜と感じますが、その時はその選択しか出来ませんでした。










で、PCOSと診断され
自分の身体と向き合う事にしました。



最初お医者さんに勧められたのは
中用量ピルの服用。


とりあえず数ヶ月きてない生理を起こす事が先決と言われ、人工的に生理を起こす事に。



実際に生理はきましたが
ピルを飲まなければ継続してこないので
飲み続ける。


ピルを継続し、コンスタントにくるようになったらピル服用を辞めて
自然に来るのを待つ。


が、自然にこないので
またピルを服用。


と言う事をしているうちに
これ、もしかして私には合ってない方法なんじゃないか?と考え始めます。
実際にその方法で治った方もいらっしゃるようなので否定では無いです。

ですが、私の身体はその方法で治らない。
という事は別の治療法じゃないといけないんじゃないかな?
と思ってセカンドオピニオン。


別の病院を回りました。
ですが同じ事を言われました。
まずはピルを飲もう。と。


その方法は私には通じなかったので別のやり方を探していますと私は伝えたのですが

今のあなたにはこの方法が最善策です。とまたお医者さん言われてしまいます。




なんだか納得出来ない....。
そもそもストレスや生活の乱れが原因になっていそうなのに
薬に頼るだけで治るもんかな?と疑問を感じてました。



と言うわけで、
思い切ってピルの服用を辞めます。




PCOSが分かった時点で食事は気をつけていましたが
更に気をつけるようにしました。


その時丁度新しいパーソナルトレーニングジムに通い始めていて
私がブログやTwitterでよく話題にしている
森拓郎先生にトレーニングを見て貰っていました。


森拓郎先生は運動指導者としてお仕事をなさっているわけですが
運動だけでなく食事の分野がとてもお得意。
(運動指導をされる方は食の知識がかなり必要になりますが、その中でも森先生は的確な食のアドバイスをくださると感じています。)



そんな森先生に生理こないんですーっと相談。(なんとなくその時病名は伝えませんでした。)



そしたら返ってきたお言葉は、

生理の材料が足りてないのかもしれません。


との事。



つまりざっくり言うと栄養不足。
細かく言うと生理を起こすために分泌されるホルモンを作る時の材料が足りない。でした。



生理が起きる仕組みをその時説明して貰いました。

生理が起きるとき、女性の体の中では
周期によってホルモンの分泌量が変わり、そのホルモンがそれぞれ持つ特性があり
その時々で必要なものがあったり、逆に摂りすぎると生理を起こす機能を阻害する可能性があるものもある。

ということでした。




その話の中で私に当てはまって、改善するべきポイントだったのは


エネルギー不足。特に脂質不足。それも動物性の。


あと、豆乳の飲み過ぎという可能性。

1日一杯くらい程度なら良いのですが
飲み過ぎると生理を起こすのを阻害する事があると。



まずこの2つを改善してみましょうって事で
行った事は簡単でした。


調理油で使っていた植物性のものを
動物性のものに変える。
私はグラスフェッドのオーガニックギーに変えました。
(オーガニックの牧草育ちの牛の乳から作られたバターを煮詰め、水分タンパク質を取り除き、純粋な乳脂肪となったものです)
スーパー等ではあまり売っていない代物ですがネットで調べるとすぐ出てきますし買えます。

今まで残してたお肉の脂身の部分も食べる。(脂身の質にも寄るのでただ摂れば良いと限らない場合もあります。)


更に卵を意識して食べる。
1日2〜3個は摂ってました。

その代わり糖質は摂り過ぎない。
必要だと感じる分だけ。


豆乳は無くても良かったのでとりあえず辞めました。
(今は普通に飲み過ぎないくらいで飲んでます)









主に食事で意識したのはこのくらいで
それ以外は普通な食生活。

あと、当時心理学のお勉強もしていたので
ストレスとの向き合い方も少しずつ上手くなっていました。






その甲斐あってか、
意識して続けて1〜2ヶ月(確かそのくらいだったはず)
ピルや薬の力を借りずに
自力で生理がくるようになりました。 
なんともあっさり。



で、その数ヶ月後に妊娠発覚で
今に至る。 



と言う感じです。











本当に的確なアドバイスをして頂いた
森拓郎先生には感謝しています。
ありがとうございます。












治るまでは、
やはり色々な思いがありました。
コメントにもあったように
自分の女性性を否定されてしまったような感覚や、
彼と付き合ってる当初からお互いに将来子供が欲しいと話していたので(話していた当時は体調も良かった頃です)
私は彼と一緒にいる資格があるかな?と余計な事を考えたり...

体のバランスを崩してまで仕事を続けたいだなんて
そもそもこの仕事が向いてないんじゃないかとか。。ですね。





そもそも当時の私が未熟で知識不足で、
起こった環境に対応しきれなかった事が
原因なので

冷静に考えればそう悩む事もなんだか違うような、自業自得よね...と、
今では思えるのですが、未熟故に対応するまでに時間がかかってしまいました。












以上、私がPCOSと診断される原因になったであろうと考えられる事から
治って、妊娠に至るまでのお話でした。














私の場合はこのようなケースですが

原因不明とされているだけに
本当に様々な原因や治療方法があるかと思います。



念を押して言うようですが
あくまで私の場合です。



PCOSになられた方々が
無理なダイエットをしていると言うわけでもありませんし、
栄養不足だと言うわけではありません。








私がこの記事でお伝えしたいのは

無理なダイエットは体の不調を招く可能性がある事。

あくまで私個人のPCOSを通じた経験はこうでしたので、参考になる所があれば幸いです。



という、2つの点です。












私も言葉足らずな所がありますので
何か誤解をさせてしまっていたり、どなたかの気分を害されるような事があったら
本当に申し訳ないです。












お話は以上でした。


🙏



どうか幸せな女性が増えますように。