月別アーカイブ / 2021年01月

_var_mobile_Media_DCIM_161APPLE_IMG_1840.JPG
毎年どなたかが父に贈ってくださる大きな蘭の鉢植え。
お祝いなどに贈られるアレです。

花が終わると、緑の葉や茎は残っててもそのまま処分するものなんだろうけど、
数年前のある日、根っこはどうなってるのかと鉢の中を見てみたら、
一本ずつ液体の入った小さなボトルに入れられた根が、発泡スチロールで固定され、形を整えるために針金でぐるぐる巻かれた衝撃的な姿でした!(΄◉◞౪◟◉`)
_var_mobile_Media_DCIM_161APPLE_IMG_1841.JPG
仕方ないんだけど、
なんかとてつもないショックを受け(漫画の『サイコ』みたい!と思った)、
君たちは私が救う‼️ となった私は、
緑のボトルから根っこを引き抜き、
庭に転がってた鉢に土を入れて植えてみた。
_var_mobile_Media_DCIM_161APPLE_IMG_1838.JPG
それからひと夏越して数ヶ月。
ただ大きくなり、冬になっても青々と茂る緑の葉を家の中に入れると、
大きな蕾がぼこぼこ出来て、再び真冬に花が咲くように!
_var_mobile_Media_DCIM_161APPLE_IMG_1839.JPG
毎年毎年それをやっていたら、鉢だらけになってしまいました。

今年は去年よりもっとお花が多いような、と思ったら、
そうだよ鉢植えひとつ増えてるんだった。

また春になったら、新しいのを増やす予定。
植物の生命力と、グリーンフィンガーとしての自分の才能が恐ろしい ((((;゚Д゚)))))))✨✨
「むやみに捨てない」って、ほんとに最高❣️

_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0358.JPG
世界的に大変だった2020年、
その数年前からかなり「大変だった」私の生活にはそれほどの変化はとくにありませんでした。

年明け早々「強く決めたこと」がいくつかあって、
それをコツコツこなして行く一年は、
目に見えて変化する分、それまでより有意義で楽しかった。
(なにせ主に掃除だから)

その反面、家族が緊急搬送されたり、
身近なまだ若い人たちが幾人かこの世を去ってしまったり、
「この世に肉体が在る」って、いったいなんなのだろうなあ、なんて、多分14歳を経験したほぼすべての人たちが思うようなことをぼんやり考えたりもしました。
(目の前に肉体はないけど一緒に過ごしている感覚があって、月命日はお誕生日のように、その人を想ったり集まったりする「約束」ができたような感じがします)

2月末に衣装部屋を大改造してお洋服が見やすくなったため、
4月から、「40代のチェリーコーク」を描きはじめ、30人くらい描けたかな?

外にも出ないし稼ぎもないからお買い物全然してないけど、
これまでに集めてきた、いただいたものたちの可愛さに、我ながら!とぐねぐねする日々でした😊
(昔から「小人の靴屋さん」の童話を、本当の話だと実感しているのでな)

2020年の春に立てた目標は、まだ半分も達成できてないので、
本気でやると決めたのだから、ちゃんとやり遂げたいです。

それを受け入れてくれている数人の友人に、
「今年も心から信じてくれることにより、本当に達成できるのでどうぞよろしく✨」
と伝えてあるその「目標」は、
年齢も性差も色々すっとばした、超! なに言ってんの(΄◉◞౪◟◉`)?? なものなのだが(実際、数人の友人以外は苦笑いか、「なに言ってんの?」って言う)、
強く信じたら、叶うと確信しているよ私は‼️
友人たちは会うたび 「おーー❣️なってきたなってきた❣️」って言ってくれてるし!

ということで、
まずは、なにより、時計です✨
つまり、そのためにお仕事を手に入れなければ!
がんばれ私ーーー‼️



_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0308.HEIC
「郭中美人競 若松屋内 緑木」 鳥高斎栄昌

昔から持っていたらしいが気づかなかった浮世絵ハガキ。
見つけたときから絶対2021年はこれを初イラストにしようと決めていた🐂✨
たぶん、ガッッツリ下ネタ‼️
_var_mobile_Media_DCIM_161APPLE_IMG_1274.JPG
牛の目が怖めな塗り絵をどうぞ❣️


今年もたくさんお絵描きするので、
ぜひ見てね❤️

↑このページのトップへ