編み物が得意だった母のおかげで、
子供時代は手編みのセーターなどをよく身につけておりました。
冬になると、何色かの中から毛糸を選ばせてくれて、可愛いモヘアのカーディガンなども編んでくれた。

そんな母の特徴である、「すんごいやってて突如飽きて一切やらなくなる」が編み物にも襲来し、
私が高校生の頃にはもうやってなかったんじゃないかな。
自分で描いた図案を編み込めるほどだったのに、もったいない!

さらに母の特徴である(これは父もだが)、「短気ですぐイラつくので『教える』が壊滅的に下手」のせいで、
最初の棒針に毛糸を巻きつける段階でガミガミ言われて嫌になってしまい、
絶対好きであろう編み物に、これまで一切手を出してこなかった。

10年ほど前、ぽんぽん作りにハマって、たくさん買ったカラフルなアクリル毛糸。
部屋で見るたび、どうするかなあと思っていて、数年前から「全部繋げてみたい…」と妄想はしていた。

昨年12月の初め辺り、ついに機は熟した…(΄◉◞౪◟◉`)✨と感じた私は、いそいそと100均へ。
今はこんなものも売ってるのねえ。

とにかく大量に毛糸があったので、
目標は大きく「ソファーカバー」!

最初の部分からまったく分からないが、母に訊くとまた諦めそうなので、YouTubeに教えを乞う。
j1QpZdGDc1.jpg
さて。
これが、私が習得したはずの「表編み」である。
YouTubeの言う通りに編んだはずなのに、
見事な「ゴム編み」になっていて、みんなから「違わない?」と言われたので違うっぽい。
(「これはガーター編みですよ」と教えてくださった読者さんが❣️ 聞いたことある名前!)

でもこれしかできないからこのまま行くよ!

_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5967.HEIC
自宅に持ち帰ると、使い切るまで編みまくりそうなので、実家に帰った時だけのお楽しみということに。
Kbyja_xqQ3.jpg
この辺りで母に、
「なんでそんなにきっちり編んでるの?」と訊かれ、
どうやら自分の匙加減で緩く編めるらしいことを知る。
_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6257.JPG
ならば緩くしてみましょうと、
アメドラやら、まさに日本の2時間サスペンスそのもの!な「フランス絶景ミステリー」などを観ながら、
行くたびにガンガン編んでいく。
hj1GprV52s.jpg
おやすみのときはこの状態で鎮座。ドープネス。
Qtox3NZjlJ.jpg
で、
ここら辺まではいい感じに四角かったんだけど、
この後、なんか妙に広さが出てきて、
自分の腰から下がすっぽり隠れる状態の布になってきた!
毛糸の量的にソファーカバーは無理だわ、と半分くらいで諦めてたけど、これはイケそうな予感…✨

そして、年を跨いで1月3日の昨日!
ついに完成いたしました( ´ ▽ ` )!! わーい!
_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6907.JPG
エンドレスガーター編み。

畳もうとすると、

おや… ?
_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6906.JPG
なにこの角度(΄◉◞౪◟◉`)
hsh4x5PjZR.jpg
台形じゃん!!!!


ということで、途中から編む強さを変えたせい?(それだけ?)で毛糸がびろーーんと伸びて、
ものすごく大きな台形の何かが出来上がってしまいました!
166センチの私が肩から掛けると、台形の先っぽが余裕で床に着くほどに広がって…✨

まじでなにこれ(΄◉◞౪◟◉`)??

ソファーに掛けたらどうなるのかわからないけど、
とりあえず持ち帰ってみようとは思っています!

母がため込んでいたちゃんとしたウールのいい毛糸もまだたくさんあるので、
次回は他の編み方も覚えて模様編みのなにかを作ってみたい!

そのときは、編む力加減を変えないようにしたいと思います!