去年に引き続き、
「この季節、友人と保存食の話しかしていない」おおたうにですこんにちは。

少し前、母から
「無農薬の国産レモンたくさんいただいたのでどうにかして〜」と連絡がきました。

ゴロン

10個以上あったよ!

最初はレモンピールにしようかと思ったけど、
まだ冷凍庫に文旦ピールあるし果肉も使いたいなー。

そこで、実家の机の上にあった国産はちみつの瓶の中に、
スライスして沈めてみた。

昔、フォションのママレードには瓶いっぱいにスライスオレンジが詰まっていて、
日曜日の朝食に一枚ずつ取り出して食べるのを楽しみにしていたけれど、
今はそのかたちの商品がないみたい。

なので、おうちでそれを懐かしむ方向で(^ν^)

妹家とうちの分も作ろうとスーパーに行ったら、
「国産はちみつ」ってほとんどないんだね(O_O)!
自然食品のお店まで遠征して購入。

蜂蜜にスライスしたレモンを浸していくだけ。

とろとろの蜂蜜が、果汁ですぐにさらさらに。

炭酸で割ったり、ウイスキーや焼酎で割ったり、お湯を注いでホットレモネードにしてもいいな〜( ´ ▽ ` )


まだまだあるので、お次は塩レモン作り。
こちらも皮ごともりもりカットして塩漬けにするだけ。

結局調理するとき刻むことが多いので、最初から細かく切ったのとスライスにしました。
出来上がりまでが短いのも良い。

常温で、見かけるたび逆さにしたりして馴染ませたら…

はい完成☆
(これは2日目の状態)


鳥もも肉にフォークで穴を開け、
塩レモン果汁&果肉をまぶして冷蔵庫でマリネしたものを、フライパンでこんがり焼いてみます。

じゃん!

保存食友だちが食べたい!とやって来て、
急遽楽しいディナーになりました♡


サラダにしたお土産の淡路島玉ねぎのパンチがすごくて、
「胃が熱い〜〜(´Д` )」ので、
久しぶりのカルアミルクで沈静化。

「電話なんか止めてさ、
     六本木で会おうよ」

なんて言ってたら、
「今六本木にいたよー」って別の友だちから連絡がきた(^ν^)

女の子ってか弱いもんねッッッ!

(ちなみに、梶井基次郎先生は同じ誕生日)