先日、伯母さんが送ってくれた山椒の葉に味をしめ、
もしまた採りに行くならば是非!とお願いしたところ、
こんなすごいセットが届きました(^ν^)💕

・フキ
・蕨(わらび)
・たらの芽
・三つ葉
・よもぎ
・山椒の葉
・新玉ねぎ

✨*・゜゚・*.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・
  うひょーーーー✨✨

でもこれどうやって下ごしらえすればいいのかしら?
とりあえず重曹を買いに行かねば。

お鍋をいくつも準備して、
まずはフキを板ずりしてそのまま熱湯の中へ。

しばらくしたら、
どんどん冷水に上げてゆきます。

葉っぱもさっと湯がく。

フキ巻きおにぎりが美味しいそうなので、
すこし干してから塩漬けに。

実は、バイトしたいくらい「フキの皮むき」が大好き(^ν^)💕
ペティナイフ片手にテレビ前に陣取って、シュッシュとむいてゆくと…

わー✨
ほんとに翡翠色!
きれいだなあ✨

しかし、灰汁で指がシワッシワになりました(O_O)
バイトするときは手袋はめなきゃ。


問題の蕨ちゃんたち。

重曹使って下処理なんて初めてでどきどき。
ネットをあれこれ見てみると、お漬物屋さんの記事がいちばん詳しい気がした。

「沸騰直後ではなく粗熱を取ったお湯に入れること」「重曹を入れすぎないこと」
を守って、
蕨たちを沈めてひと晩置いてみると…

お鍋の中がこんな色になってる∑(゚Д゚)!

取り出して洗ったものを、
パキンと折ってみると程よい粘り。
これが「成功の証」なんだって!
わーい( ´ ▽ ` )ノ

この状態で、大量に実家に持ち帰り、
海外に旅立つ両親との夕飯に。

まず蕨は鰹節をかけておひたし。
とても美味しかった!
残り蕨は筍と炊き込み御飯。
たらの芽は天ぷらに、
新玉ねぎはお味噌汁に、
フキはがんもや厚揚げと煮物にしました♡

食卓のライトってだいたい真上からだから、
影が入ってうまく撮れないのよねえ。


しかし、作ったものがほぼ一瞬でなくなることが、
当たり前なんだけど、
最近ふしぎでたまらない(O_O)

この時間って、いやそもそもすべてのことになんか意味あるのだろうか…(五月病か?)←『ゆとりですがなにか』を観て精神をやられているだけだよ。

あ、よもぎはペースト状にして冷凍、三つ葉は卵とじにしました♡

あつこおばさん、またまたありがとうございます💕
なにかお礼送ろーっと!