廊下は冷えて腰が痛い上に暗いので、
リビングに雑誌を抱えて何往復もして、
どんどん切り取り束ねて行くの2日め。

ここまではどうにか終わった!
(それにしてもいつの頃からか、束ねるのが超へたくそ!なんだけど、なんで?)

しかし、
やり続けたら一生家に帰ることができなそう(O_O) なので、一旦ここまでに。

まだまだ上にあると思うと、
疼くわ〜〜(´Д` )

そんな中、衝撃ニュースが飛び込んできたりして、
今ちょうど切り抜いてたとこ…(´・_・`)なぜこのタイミングで… とびっくり。

ほんと、一時代が終わるんだねえ。
この先の泳ぎ方はいまいちよくわからないし、これから私はとっても困窮するのかもしれないが…

この雑誌を楽しみに買っていた頃だって、なーんにも持ってなかったなと思ったら、
まあどうにかなるよきっと✨

いつかこの雑誌にインタビューされるひとになるんだ!って思ってたら、
ほんとに成れたんだから。

みんな何者でもなく、
みんなとっても若かった。

あの頃は、誰それが雑誌に載った!ってニュースが、超センセーショナルだった。
それはもう、羨望の的✨

開いたらまあ、出てくる出てくる。


先輩


後輩


同級生。


みんなそれぞれ、自分の足で素敵な人生を歩いている。

これからもね。