み!な!さーーん!

新連載のお知らせでーす( ´ ▽ ` )

Kカルチャーマガジン 「SHELBEE」は、
ハイファッションの世界にいらした可愛いおねえさまと、
インテリジェンスの泉のような素敵な女の子が教えてくれる、
今の韓国の可愛いもの、楽しいことがいっぱい♡のサイト❣️

連載のタイトルは
「mimidogam」!(みみどがむ)

韓国語の、「美男美女図鑑(ミナムミニョトガム)」をもじった造語なんだって✨

【おおたうに】「#mimidogam 」vol.1|CLC | SHELBEE...(シェルビー)
イラストレーター、おおたうにさんの描き下ろし連載「#mimidogam」がスタート! 「#mimidogam」(ミミドガム)とは「美男美女図鑑(韓国語でミナムミニョドガム)」の略。韓国のアーティストたちを素敵な描き下ろしイラストで、その魅力と共にご紹介してきます♪ その第一弾を飾るアーティストはこちら! CLCは、CUBE ENTERTAINMENTから2015年に韓国デビュー、​7人のうち5人が韓国出身、1人がタイ出身、1人が香港出身の多国籍グループ​。2016年にはジャパンオリジナルファーストミニアルバム'High Heels'にて待望の日本デビューも果たしています。グループ名のCLCは、水晶のようにきれいで透明という意味を盛り込んだ「CrystaL Clear」の略語。グループ名のイメージ通り、綺麗で透明感があり、かつ曲調によってガラリと雰囲気の変わるとても魅力的な注目ガールズグループです! ​CUBEの公式Youtubeチャンネルでは、CLCの素顔に迫った密着映像や、パフォーマンス映像など公開中です。 ぜひこちら▼チェックしてみてくださいね♪ CUBE ENTERTAINMENT OFFICIAL YOUTUBE CANNNEL CLC JAPAN OFFICIAL FANCLUB
shelbee.co
記念すべき第1回目は「CLC」のみんなを描きました♡

これからいろんなKカルチャーを知るの、たのしみ❣️
どんな美男美女(オルチャンてやつか!)に出逢えるかしら。
ぜひぜひチェックしてね( ´ ▽ ` )💕

rIfbaZyOnK.jpg
これは「mimiちゃん」💛

初めて高山を訪れたのは、大学出てすぐの頃で、浪人時代からの親友と「青春18切符」を買って、横浜駅から普通の電車に乗って名古屋まで行ってみた。
無口な親友(男子)とは静岡の入り口ですでに話すこともなく、お尻が痛くなってきた… とぶつくさ。

あの頃は使用料のめちゃくちゃ高価な携帯電話とPHSが主流で、ドコモ以外は地方ではほぼ全滅。
前もって調査しておかないと、初めての名古屋なんか、なにがあるのかマジさっぱり(΄◉◞౪◟◉`)

「誰かをナンパして訊こう!」
って、声をかけた女の子たちと呑気にお茶していたら、
20年の付き合いでこんなキレてる彼女を見たことがない、くらいブチギレた南さんから、
「どこにいんの⁉️ もう私高山線改札なんだけど‼️ これ逃したら行けないんだよ‼️ 走れマジで‼️」
ってすんげー剣幕で電話きて、
そのときまだ全然名古屋駅にすらいなかったのに、
ほんと、なんで間に合ったのか謎すぎ(΄◉◞౪◟◉`)✨
高山の神様、当時からどうもありがとう♡

「なんでそんな怒ってんの? 間に合ったからいいじゃん&次のに乗れば良くない?」
「きーさーーまーーーらーーーーー‼️ このクソ都会野郎が‼️」
って、
乗り込んでからも「へんな南!」とか言っててほんとスマン。
5時台に最終とか、考えたこともなかったっていうか、名古屋からあんなに遠いと想像もしてなかったよ!(悪口)

そのとき、初めての『チェリーコーク』が、雑誌「bea's UP」に載って、みんなでハラハラしながらページを開いたんだけど、
遡ること2年前、まだ学生の私は、古い江古田校舎の大教室で「ジャズ概論」の授業を受けながら、
初めて「実は私、イラスト描く仕事してるの」って、同級生に話した。

そこにいたのはトオルと、「すんごい気が合いそうな子がバイト先にいるから紹介する!」って、それよりちょっと前に南を連れてきてくれたミオ。
私以外は、みんなの憧れマガジンハウスのバイトをしていて、あの頃はしょっちゅう集まっていた。

あれから20余年、学生だった私たちは、幾度か疎遠になったりしながらも、なぜかみんな望んだ業界で一応プロになり、また時々集まっている。
あの頃は「ラブがー」とか「音楽や映画がー」とか、「あの雑誌で仕事したい!」とかが話題の中心だったけど、
今は「腰痛が」「いい整体あるよ」「眼の痛みはなにかの前触れだからやばい」みたいな話ばかりになってはいるが、
でも、びっくりするほど人ってあんまり変わらない(΄◉◞౪◟◉`)!

「人が驚くほど変化したり、突然意味不明な行動にでた場合、その原因は十中八九『なにかが変わるほどの大金を得たか、または金に困ってるかのどちらかだよ』」
っておとなの方の言葉に、いよいよ実感を持って「なるほどな」と思うようになってきたけど、
幸いなことに?そういう経験をしなかった面々なんだろう。


夏の終わり、今はカメラマンになったトオルと、デザイナーになった南と、早い時間から新宿に飲みに行った。
みんなどこかしらを傷めていて、全員ヨボヨボしてたw

突如トオルが「南の実家のホームページの写真を撮り直しに行きたい!」と言うので、
じゃあ行こう行こうとなったものの、
どうせ飲みの席での話だろうと高を括っていたら、
「いやマジで行くよ」と、あれよあれよと話が決まり、
そして我々はまた高山を目指したのであった。

出発の数日前、すごい勢いで南から
「きいて‼️ 今さっき中目黒のホームでミオにバッタリ会った‼️ こんなタイミングある⁉️」
ってメッセージが来て、
そのとき、あーこの人たち、あのとき初めてひとに「絵を描いてる」って打ち明けたメンバーだな。
ほんとにみんな、ちゃんと自分の目指した仕事してるの、すごいなあ✨ って、なんだか感慨深かった。


【今回の旅で食べた美味しいものとそのお店】
オススメというか、最高!の布陣なので、ぜひ行ってみてねん♡

まずは毎度立ち寄る古着屋巡り前に、大須の「包包亭」さんで包子。
(散々注意されたのにまんまと白いドレスに肉汁ドバーーと垂らす)

続いてブラジル料理でビールと丸鶏!
ポテトが熱々ですんごい量だった!(食べてからの写真しかなかった!)
近所にこのお店あったら最高。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1204.JPG

今回もわりとギリギリめで高山線乗り換え口で合流。夜遅く高山に着いて、「当り矢」さんでホルモンと本格的にビール! 
今回はミノがなくて残念。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1221.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1229.JPG

この後、「ラムダンスホール」に行ってお酒♡
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1240.JPG

【2日目】

ランチ前、ちょっとご挨拶しに大行列の「麺や しらかわ」さんに顔だして。

今日のお楽しみ、高山の最高峰「料亭 洲さき」さんで素敵ランチ。
(に、ボロボロの靴を履いていく)

rBnOWW8NnR.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1255.JPG
「海腹 川背」といい、
川魚は背中を客人に向けて出すのが高山の風習なのだそう。
LAzZTHWbrs.jpg
洲さきさん仕様の春慶塗りなど、器や調度品、建物にお庭、ほんとうに素敵✨

たっぷり堪能した後は、
喫茶店の宝庫高山の「ほんっとーーに昔から超行くお店」こと「DON」さんへ。

離れのお手洗いに立ったとき、
寒い雪の日に、白い息で洗った手を温めながら、この廊下を急いでパタパタ店内に戻る制服姿の女の子を想像して、鼻がつんとする。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1277.JPG


贅沢ランチを堪能しても、おとなの私たちの夜ご飯は素敵居酒屋に行っちゃうもーん。
ということで、大好きな「本郷」さん。

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1298.JPG
まさかの、写真がこれしかない。
タコさしおいしすぎた…。1匹分食べたい。


【3日目】

我らが南さんのご実家、クラシカルで最高すてきな「すみよし旅館」で朝ごはん♡
(青いお皿のお魚はおまけw)
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1312.JPG
↑ ここの写真が、近く「米谷享撮影」に変わります。


みんなで朝市をうろうろしながら牛乳飲んだりして、
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1316.JPG


遅めランチは「ちとせ」さんで焼きそば!!(とラーメンと餃子)
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1342.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1335.JPG

この3人いると、旅雑誌すぐ作れちゃう( ´ ▽ ` )
お仕事みんなでお待ちしてます❣️
(みんなもりもりよく食べるので、いっぱい注文できて最高✨)

「旅日記楽しみにしてます」と言ってくださった方がいて、
わーい♡ うれしい!ので頑張りました!
高山に行かれる際は、参考にしてみてね( ´ ▽ ` )

学生時代、ヴィヴィアン・ウエストウッド女史の
「たとえ足が痛くても、女性はハイヒールを履きなさい!」
という言葉を心に刻んだ我々世代は、
「歩き回ったりしない暮らしの女性たちが履く靴」(パーティで立ってる数時間のための靴など)を、
東京での日常履きについつい購入して地獄を見ることがよくあります。
耐えられずに出先で買ったビーサンのなんとありがたかったことか…✨
とはいえ、「履かなくても持ってるだけでしあわせ♡」なのが素敵な靴の辛いところ。
しかし、あるレベルまでの靴は、履かないとものすごいスピードで劣化するのです‼️

今回の高山ツアー、コンパクトにまとまったエリアを歩き回るだけなので、
もう何年も前にいただいてから、履くタイミングを逸していたリボンつきバレエシューズをいよいよおろすことにしました。 
これ以上寝かせると、あとは履かずに棄てることになりそう。

全身コーディネイトのため、衣装部屋で初めて履いてみたのですが、
うん。これなら歩き回れそうだぞ。
と、振り返ると、 おや(΄◉◞౪◟◉`)❓なんか床に粉粉したものが落ちている…。

なんと、デッドストック期間が長すぎたため、ヘリの部分が劣化してすでに崩れている!
でもまあ、長年の経験から帰っては来られるだろうと(文字通り)踏んで、いざ旅立ったわけですが、
数時間後、毎回立ち寄る名古屋の大須界隈で、まだ移動しただけだというのに、
「その靴どーしたwww」 と友人に笑われるくらいぐにゃっとしてきました!
高山→ 山 に、ビーサンなんかあるのかよ? と疑いつつもよろよろ古着屋巡りをしていたら、
ジェフリー・キャンベルの靴がたくさん並んでいるお店を発見!
ちょっと覗いてみると、いいなと思っていたパールシリーズの履きやすそうなブーツが。

本革、2万弱。
想定していた「バレエシューズが壊れたら買う靴」とは色々違っていましたが、
とりあえず試着させてもらったら、まあなんと履きやすいこと✨
ダークカラーのショートブーツは、去年買ったバーガンディのTOGAと、Chloeのヒールのがあるんだけど…。 いや、背に腹はかえられぬ! と、勇んで購入。
大荷物で高山線に乗り込んだわけですが…。

2日目、我々は高山ナンバーワン料亭「洲さき」さんでランチ予定。
かなり迷ったけれど、その後料亭から出て歩き回る予定なので、泣く泣くヘナヘナの靴で行くことに。

美しい玄関で靴を脱ぐとき、若女将に「私は今、ゴミ寸前になってしまったものを履いているが、決して見ないようにお願いします」と念を押す。
(あとで、友人のお母さんに「あの靴で洲さき行ったの!?」 って大笑いされた)

これがその問題の靴 ↓
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1359.PNG
白いパイピングに見えるのは、劣化でボロボロ禿げたあと。

ついに3日目にはこんな状態になり ↓
oPB8mwqENB.jpg
初日に履いてた白い靴下は溶けた中敷で真っ黒になり、 濃色のにはカスがいっぱい着くw
(リボンはしっかりしてるので救出)

「さすがにこれ、都内までもたないんじゃない?」
「これはやばいわ」

ということで、ついにこの旅の相棒とお別れし、
名古屋で買ったブーツに足を入れてみたんだけどさ。

(΄◉◞౪◟◉`) えー…  全然履きやすい… なにこれ

底の薄いバレエシューズは、脱げないよう指に力を入れて変な歩き方してたけど、
ちゃんとした底でクッションもあって、 えー…なにこれ(΄◉◞౪◟◉`)✨

洲さき、これで行くべきだったよ‼️‼️
ヴィヴィアンも言ってんじゃん‼️

もちろん帰り道に足が痛くなることもなく、
とってもとっても歩きやすい靴なのでありました。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1413.JPG
これから、劣化した靴は、もったいなくても処分しよう(´・_・`)

靴と爪と肌が汚い時の精神的なダメージって、
ほんとアレよね。

↑このページのトップへ